Information Matomethod
エンタメ

2人体制キンプリは再結成を目指す?脱退した3人との「温度差」とは

2人体制キンプリは再結成を目指す?脱退した3人との「温度差」とは

2023年5月23日から、永瀬廉さんと髙橋海人さんの2人体制でスタートしたKing&Prince(キンプリ)。

2人体制となったキンプリの2人が、キンプリ 脱退した3人との再結成が噂されています。

今回は、脱退した3人の再結成はあるのか、脱退した3人と残った2人の間にあると言われた「温度差」について紹介します。

キンプリ脱退

2023年5月22日にキンプリ 脱退した平野紫耀さん・神宮寺勇太さん・岸優太さんの3人。現在は、滝沢秀明さんが立ち上げたTOBEに所属し、「Number_i」として新たにスタートすることが発表されました。

合流はありえる?

キングアンドプリンス 人気順では1位の平野紫耀さんが脱退するということで、脱退発表がされた2022年11月からは様々な憶測が飛び交っていました。

今でも、脱退したNumber_iの3人のところに、現在キンプリとして活動している永瀬廉さんと髙橋海人さんが合流するのでは?と囁かれています。

メンカラで匂わせ

岸優太さんがTOBEに合流することが発表された際、岸優太さん以外のキンプリのメンバーカラーである、赤・青・黄・黒が「岸優太」というロゴに使われていました。

赤は平野紫耀さん・青は神宮寺勇太さん・黄は髙橋海人さん・黒は永瀬廉さんのカラーのため、これは「5人の合流」の匂わせでは?とファンの間では噂されています。

「匂わせではなく答え」

TOBEの代表である滝沢秀明さんはこれまでもSNSで様々な「匂わせ」をしてきました。滝沢秀明さん自身も、「『匂わせ』ではなく『答え』です」という名言も以前残しています。

そのため、今回のメンバーカラーも滝沢秀明さんによる「匂わせ」なのかもしれませんね。

3人が脱退した理由

そもそも、なぜ誰もが知るアイドル「キンプリ」として大活躍していたのに、3人は脱退したのでしょうか?また2023年はデビューして5周年という、ファンとの大切な年。そんな時に脱退した理由は何だったのでしょうか?

海外への熱意

平野紫耀さんや岸優太さんは、デビューした頃から「いつかアメリカに行きたい」と語っていました。ダンスや曲も海外に通用するように、と英語だけの歌詞にも挑戦をしていたことも。

デビュー当時からみんなで海外を目指していたキンプリですが、海外進出の目標を周りから反対されたことで、メンバー間に「温度差」が生まれたと言われています。

ファンへの恩返し

キンプリを続けてる永瀬廉さんと髙橋海人さんは、俳優としての仕事も多い2人。俳優という仕事の楽しさも見つけたため、このまま俳優としての仕事も続けていきたいと思い、キンプリとして続けていくことに決めたのかもしれません。

更に2人はファンへの想いも強く、「キンプリを守っていくことがファンに対する恩返し」だと続けた理由を明かしています。

目標を失った

一方で平野紫耀さんは、脱退理由に「自分の年齢と向き合った時に海外で活躍できるグループを目指すのは、もう遅いなと感じ、目標を失った」と脱退発表をした動画で語っていました。世間が抱いていた、“キラキラアイドルの平野紫耀”のイメージからはほど遠い発言に驚いた方も多かったと思います。

3人対2人に

平野紫耀さんと同じく海外を目指していた岸優太さんと、以前キンプリメンバーだった岩橋玄樹さんが脱退した時に、次誰かが脱退した時は自分も脱退すると決意していた神宮寺優太さんも、平野紫耀さんと共に脱退をすることに。

もしかしたら3人は、キンプリ全員で脱退し、新たな場所でもう一度5人で再スタートをしようと思っていたのかもしれませんが、3人と2人の間にはどうやら海外や仕事に対する温度差が生じたようですね。

最後に

キンプリとして活動している永瀬廉さんは「海人と2人でドームに立ちたい」という目標を明かしています。

またNumber_iとして活動をスタートさせた平野紫耀さんは、「同じ目標を目指せる仲間がいる幸せを感じている」と、今が一番楽しいと語っていました。

それぞれの道を歩み始めた5人。今後再結成もあるかもしれませんが、まずはキンプリとNumber_iの2組で互いを切磋琢磨しながら、良いパフォーマンスを作っていって欲しいと思います。