最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 3 view

四千頭身後藤が「有吉の壁」きっかけにムロツヨシとインスタライブ!トレンド入りした「後藤の肌色」って何?ネットの反応は?

四千頭身後藤×ムロツヨシ

大人気のお笑いトリオ、四千頭身。

ゆるい漫才でありながら、とても面白いネタで若い女性たちのファンが増え続けています。

その中のツッコミ役、後藤拓実(ごとう たくみ)さん

現在23歳という若さでありながら、あの面白いネタを作り出す天才です。

ピンクのゆるいTシャツを着ているイメージが強いのではないでしょうか。

そんな後藤さんが先日放送された日本テレビ系のバラエティ番組「有吉の壁」である方のモノマネを披露しました。

その人物とは、俳優のムロツヨシさん

ムロさんは毎朝インスタライブを行っているのですが、その様子を後藤さんが真似したんです。

後藤さんはそのモノマネの中で「実はムロさんはサラサラのロングヘアで、特徴的なホクロもメイクだった」という設定を披露しました。

https://twitter.com/chongzi0120/status/1252909008534396930

衝撃的すぎてMCの有吉さんも佐藤栞里さんも驚きの表情。

私も番組を見ていたのですが、モノマネでありながらショックを受けましたね。

でもものすごく面白くて爆笑しました。

そのモノマネをきっかけに、翌日後藤さんとムロさんがインスタライブでコラボしたんです。

もともとお二人は飲み友達であるほど仲が良いらしいですが、視聴者がいる中でこのようなコラボをするのは初ということで、多くのファンが注目しました。

ライブ視聴の人数は前日の倍である4.5万人。

朝の8時から4万人をこえる人たちが、このインスタライブに注目していたんです。

朝の爽やかなムロさんと、まるで夜中のテンションのような眠たそうな後藤さんに思わず笑ってしまいました。

そしてこのインスタライブで、あるワードが誕生したんです。

「後藤の肌色」

Twitterでもトレンド入りした「後藤の肌色」というワード。

もともと後藤さんが行ったムロさんのモノマネについて話し合うインスタライブだったようなのですが、話の内容がどんどんずれていきました。

きっかけは後藤さんの家のカーテン。

後藤さんの肌の色が、背景となっていた茶色のカーテンと同じ色であることをムロさんが発見し、大爆笑していました。

さらに、後藤さんが持っていたマットも同じ色であることに笑いが止まらない状態。

そのカーテンの色を「後藤の肌色」と名付けたのです。

https://twitter.com/hxrxt___y/status/1253113648169418757

そして、そのワードがトレンド急上昇し、ご本人たちも驚いていました。

それではこのインスタライブについてネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

朝から本当に元気が出ました。

朝なのに深夜のテンションでしたね。

放送されて次の日にまさかコラボしてくれるとは思いませんでした。

ありがたいですね。

探してみると、身の回りに「後藤の肌色」はたくさんあるかもしれません。

「真の後藤の肌色」は誰なのでしょうか。

インスタライブを見ていないと、全くわからないワードですよね。

アーカイブは24時間で消えてしまうので、またコラボしてほしいです。

これからカーテンを買う方はぜひ「後藤の肌色」のカーテンを!

このワードがTwitterトレンド入り1位。

しかも朝から。

平和です。

意外な組み合わせだと思いましたが、とっても仲良しで朝からほっこりしました。

お二人ともファンが多いので、このコラボを喜ぶ声が多かった印象です。

まとめ

今回は、四千頭身後藤さんとムロさんのインスタライブについてご紹介しました。

まさかモノマネをきっかけにコラボまでしてくれるなんて、ファンにとっては嬉しすぎましたね。

「後藤の肌色」というパワーワードまで生まれてしまうなんて。

ムロさんのインスタライブは毎朝行っていますのでぜひ見てみてください。

お二人のコラボをまた期待しています!

エンタメの最近記事

  1. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  2. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

  3. 渡辺翔太に彼女はいる?佐野ひなこの匂わせは?「ゆな」に「みほ」って誰なの?

  4. コウメ太夫は離婚して息子と二人暮らし?元奥さんは誰?「ルパンの娘」に素顔で出演が話題!ネッ…

  5. ハラミちゃんが通っていた大学は?ピアノ演奏のYouTubeが話題!ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。