最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 17 view

TAO(岡本多緒)の結婚相手は?英語は話せるの?!元パリコレモデルの日本人ハリウッド女優!?

日本でパリコレモデルと言えば富永愛さんの名前が第一に上がると思いますが、富永さんに続き世界で活躍した日本人モデルの岡本多緒さんをご存じですか

現在はハリウッドへと活動の場を移しており、国際女優として活躍されています。

今回は世界で活躍する国際女優である岡本多緒さんのプロフィールやモデル・女優としての経歴を紹介します。

プロフィール

 

本名:岡本多緒

生年月日:1985522

年齢:34

出身地:千葉県市川市

身長:177cm

職業:女優

所属事務所:

DONNNA(日本)

WILD PLANET(日本)

Elite Paris(パリ)

The Society(ニューヨーク)

Premier Model Management(ロンドン)

 

苦労を重ねたモデル時代

コンプレックスを長所にするためモデルの道へ

身長が高いことがコンプレックスで、中学の朝礼時には膝を曲げて並んでいたそうです。

そのコンプレックスを活かそうと、14歳の時にプリクラで撮影した全身写真を引き下げてモデル事務所エナジーの門をたたき、モデルデビューしています。

日本ではあまり需要が無く、海外で挑戦したいと思うようになり20歳の時に単身パリに渡仏。

高校時代にイギリスに留学経験があり、英語でのコミュニケーションは苦にならなかったそうです。

なかなか思うような結果が出せないまま、モデルを引退しようとまで考えていた矢先に転機が訪れます。

Taoヘアーで一世を風靡

2009NYコレクション前に、腰まで届く長髪を心機一転ばっさりカット。

前髪を作って、後にTaoヘアーと呼ばれる、いわゆるマッシュルームヘアにしたところ、中国系アメリカ人デザイナーのフィリップリムの目に留まり、ショーのトプバッターに大抜擢されます。

そのショーに出演するモデル全員をTaoヘアーにするという演出に世間の注目が集まり、一躍大ブレイクを果たします。

世界5位の出演数を樹立

その後のロンドン、ミラノ、パリでも注目を浴び、計58のブランドのショーに出演。世界5位の出演数を樹立しています。

この大ブレイクを受けて20096月には第52FECモデルオブザイヤーを受賞しており、モデルズドットコムが選ぶトップモデルランキングにも過去最高位の21位に選出されています。

2010年には「情熱大陸」にも出演しており、当時の活躍ぶりが伺えます。

モデルを経て女優の道へ

2013年には活躍の場をモデルから女優へとシフトチェンジ

「ウルヴァリン:SAMURAI」のヒロインとしてハリウッドデビューを果たしています。

その後もアメリカ国内のテレビドラマシリーズや多くの映画に出演しており、日本でもWOWOWドラマの「血の轍」や映画「クロスロード」などに出演しています。

結婚について

2016年に結婚している多緒さん。

お相手の方は10歳年上で「The last Magazine」の創設者テンジン・ワイルドさんです

ファッション業界では世界的に有名な二人の結婚に世間は大いに沸き立ちました。

結婚式はご主人の出身地であるスイスで取り行っています。

2009年の大ブレイクの立役者であるフィリップリムさんとは未だ交友関係が続いており、インスタグラムにはバージンロードを歩く姿が投稿されています。

世界的に活躍してきたファッションモデルなので、ウエディングドレス姿がとても様になっています。

現在までにお子様の情報はありませんが、お仕事が落ち着いた時期に嬉しい報告が聞けるかもしれませんね。

まとめ

日本ではまだまだ認知度の低い日本人パリコレモデル。

こんなに華々しい活躍をしてきた人がいたとは驚きですね。

日本の雑誌モデルと違い、超人的スタイルの外国人を相手にここまでの名誉を勝ち取るのは並大抵の努力ではなかったはずです。

シューティングで見せるクールな表情とは違い、素顔はとてもにこにことしていて笑顔が可愛い女性である岡本多緒さん。

彼女のさらなる活躍を皆で応援していきましょう。

 

エンタメの最近記事

  1. 全滅の刃とは?劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」大ヒット!オープニング興行収入記録確実!

  2. フジ女子アナ・杉原千尋は消えた?彼女の経歴とテレビ出演シーンまとめ

  3. 「逃げ恥」ドラマ続編が決定!放送日はいつ?あらすじは?ネットの反応は?

  4. SHAKE弁当って何?SMAPファンが驚喜するビストロとは?ネットの反応は?

  5. スタジオジブリが全作品の画像を無償提供開始!驚きの利用条件とは?ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。