最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 197 view

ほしのディスコの鼻が曲がっている理由は?歌がうますぎると話題に!ネットの反応は?

ほしのディスコは鼻が曲がってる?

お笑いコンビ、パーパー

ほしのディスコさんと、あいなぷぅさんからなる男女コンビで、日本テレビのバラエティ番組「有吉の壁」などによく出演しています。

じわじわと人気なパーパーさん。

あいなぷぅさんがかわいいと、男性ファンも多いんです。

そんなパーパーのほしのディスコさん

本名は星野一成(ほしの かずなり)というお名前で、芸名である「ほしのディスコ」というのは、3人組テクノポップユニットのPerfume(ぱふゅーむ)が由来しています。

ほしのディスコさんはPerfumeの大ファンであり、彼女たちの楽曲「ワンルーム・ディスコ」から「ディスコ」という単語を名前に取り入れたようです。

また、ほしのディスコさんは2020年の「R-1ぐらんぷり」で決勝進出も果たしているんです。

R-1ぐらんぷり進出に伴い、このような動画もアップしています。

パーパーのお二人はかなり不仲であることが有名で、お互い全く口をきかない時期もあったようですが、それがまたパーパーの魅力なのかもしれません。

そんなほしのディスコさんですが、お顔をよく見てみると鼻が少し曲がっているんです。

特にご本人はこのことについて述べてはいませんが、先天性の病気である「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)」なのではないかと噂されています。

これは500人に1人程度の頻度である病気で、胎児としてお腹の中にいる間に顔の形成がうまくできずに避けてしまうというもの。

唇の裂け目が鼻腔にまで影響し、鼻が曲がってしまうということもあるようです。

ほしのディスコさんがこの病気なのかはわかりませんが、可能性はなくはないでしょう。

ただ正直、鼻が曲がっているというのはよく見ないとわからないですよね。

ほしのディスコさんの個性だと思います!

特に整形などではないので、安心してくださいね。

歌がうますぎると話題?

そんなほしのディスコさんですが、個人のYouTubeチャンネル「ほしのディスコちゃんねる」で歌の動画をアップし、歌がうますぎると話題になっているんです。

1つ目はご本人もファンである「クリーフハイプ」の楽曲。

もともと声がとても高いので、高音までとても綺麗に出るんですよね。

歌がうますぎて驚いた方も多かったようです。

そして2つ目はSuperflyの楽曲。

先ほどもお話しましたが、綺麗な高音で聴いていてとても心地よいんですよね。

ほしのディスコさんは趣味がカラオケで、特技は女性歌手の曲を原曲キーで歌えることなんだそうです。

まさにその趣味や特技が、この歌ってみた動画で披露されています。

そしてこのほしのディスコさんの意外な特技に、驚く方が続出しているんです。

それでは、ほしのディスコさんの歌ってみた動画についてネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

本当にうますぎて、驚きますよね。

驚きすぎて笑ってしまいます。

https://twitter.com/noel_6112/status/1300373539405479938

どちらの良さもありますよね。

ほしのディスコさんの歌声、とても聴き心地が良くて最高です。

ギャップについていけないとはまさにこのことかもしれませんね。

普段のテレビで見ているほしのディスコさんと違いすぎて、追いつきません。

ほしのディスコさんは人を感動させる歌声の持ち主だということがわかりますね。

もっといろいろな曲を歌ってほしいですね。

まとめ

今回はほしのディスコさんについてご紹介しました。

鼻が少し曲がっていることが気になる方もいるかもしれませんが、そんなことはどうでもよくなるくらい歌が上手なんです。

うますぎて多くの方がとても驚いていました。

ほしのディスコさんの歌声を聴いて泣いてしまったという声も多くあったことがとても印象的でした。

人を感動させる歌声の持ち主なのですね。

ぜひこれからもいろいろな曲を歌ってほしいと思います!

エンタメの最近記事

  1. Snow Man岩本照はリーダー継続?不祥事で活動自粛から復帰へ!現在はどうしてる?

  2. 道枝駿佑の姉はAKB?なにわ男子はいつデビューできるのか?ネットの反応は?

  3. スカッとポリスが面白い?悪い奴を成敗するYouTubeで気持ちをすっきりさせよう!

  4. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  5. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。