音楽

チケット不正転売禁止法でジャニーズライブ当選倍率は下がる?影響なし?

 

2019年の6月14日より、「チケット不正転売禁止法」が施行されました。

これにより、音楽コンサートやスポーツイベントのチケットを不正に転売することが禁止され、いわゆる「転売ヤー」の活動が抑制されるのではないかと言われています。

チケットの不正転売といえば、何を思い浮かべるでしょう。

僕は、ジャニーズのライブなどを思い浮かべました。

ジャニーズはファンが多く、そのライブイベントなどになるとかなりの人が応募し、当選倍率はかなり高いものとなります。

そのようなイベントを狙うのが、転売ヤーの仕事。

当選倍率の高いイベントのチケットをゲットし、それを高値で転売します。

これらの転売ヤーの活動が抑制されれば、ジャニーズライブの当選倍率は下がるのでしょうか。

今回は、チケット不正転売禁止法によってジャニーズライブの当選倍率は下がるのか、それとも影響はないのかについてお伝えしていきます!

チケット不正転売禁止法でジャニーズライブの当選倍率は下がる?影響なし?

チケット不正転売禁止法でジャニーズライブの当選倍率は下がるのでしょうか。

まず、チケット不正転売禁止法について詳しく見ていきましょう。

チケット不正転売禁止法の内容

チケット不正転売禁止法の内容などんなものなのでしょうか。

まず、この法律の目的に関しては、以下のように定められていました。

特定興行入場券の不正転売を防止するとともに、その防止に関する措置等を定めることにより、興行入場券の適正な流通を確保し、もって興行の振興を通じた文化及びズポーツの進行並びに国民の消費生活の安定に寄与するとともに、心豊かな国民生活を実現に資することを目的とする。

文化庁WEBサイトより引用

どうやら、この「特定興行入場券」というものが、規制の対象となるようです。

では、この「特定興行入場券」とは何なのでしょうか。

特定興行入場券は、以下の3つの条件を満たす芸術・芸能やスポーツイベントなどのチケットのことを言うそうです。

1.販売に際し、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、その胸が券面(電子チケットは映像面)に明記されていること。

2.興行の日時・場所、座席(または入場資格)が指定されたものであること。

3.例えば、あz席が指定されている場合、購入者ではなく、入場資格者の氏名と連絡先(電話番号たメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること。

だそうです。

このため、すべてのチケットが不正転売の禁止対象となるわけではありません。

しかし、ジャニーズライブのチケットはほとんどが禁止対象となるのではないかと思われます。

次に、何が不正転売にあたるのでしょうか。

それは、以下の行為が該当するとされています。

1.興行主に事前の同意をエッズ、業として行う有償譲渡であって、

2.正規の販売価格を超える価格で転売すること

「業として行う」とは、「反復継続の意思をもって行う」と言う意味とのことです。

なら、「1回なら不正にはならないのか」と思う方もいると思いまがどうやら反復継続の意思があるのが明らかになった場合は1回でも罪に問われる可能性はあるそうです。

以上、チケット不正転売禁止法のざっくりとした説明でした。

ここから、チケット不正転売禁止法でジャニーズライブの当選倍率が下がるか検討していきます。

ジャニーズライブの当選倍率は下がる?

チケット不正転売禁止法によりジャニーズライブの当選倍率は下がるのでしょうか。

結論から言いますと、下がるのではないかと予想されます。

ジャニーズライブのチケットはかなりしっかりと不正転売などの禁止事項について明記されているので、「特定興行入場券」に該当するかと思われます。

また、それを正規の販売価格を超える価格での販売が禁止されると言うことから、多くの「転売ヤー」はジャニーズライブのチケットから手を退くのではないかなと思います。

今までは、ネットのソフトでチケット販売開始と同時に大量にチケットを買い占めると言うようなことが起こってたようなので、それらがなくなった場合当選倍率は割と下がるのではないかなと思います。

しかし、ジャニーズファンは多いです。

転売ヤーが手を退いても、当選倍率が高いことには変わりありませんので、実際のところ当選倍率が下がったとしても、それを実感することができるほどの変化があるかはわかりませんね。

これからのライブチケットの当落結果などでみなさんの意見を聞いてみて、当たりやすくなったかどうか聞いてみるのも面白いかもしれません。

 

みなさんの反応

チケット不正転売禁止法に対するみなさんの反応を見ていきましょう。

https://twitter.com/c8Uj8voyPXFb1Mc/status/1139279760213696513?s=20

 

みなさんかなりこのチケット不正転売禁止法による効果に期待しているようですが、チケット不正転売禁止法を施行するなら、公式のトレードの場や、リセールサイトを作ってくれと言う声も多かったです。

急用や病気などでどうしても行くことができなくなってしまったと言う方は一定数いると思います。

ジャニーズでは高額販売にかかわらずチケットの譲渡を禁止していますが、それだと空席が発生することとなってしまいます。

難しい問題ではありますが、落選した方がいるにもかかわらず空席があるというような状態となってしまうので、解決策としてチケットを譲渡する公式の場を作る必要がありそうですね。

 

まとめ

今回は、チケット不正転売禁止法によってジャニーズライブの当選倍率は下がるのか、それとも影響はないのかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

転売ヤーの活動が抑制されることによって、当選倍率がさがる可能性と思います。

今まで全然当たらなかったという方も、これからは希望を持って応募するといいと思います!