最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 5 view

おばたのお兄さんに子供はいる?釜爺のモノマネが話題!ネットの反応は?

おばたのお兄さん

お笑い芸人のおばたのお兄さん

本名は小幡和貴(おばた かずき)というお名前です。

やはりおばたのお兄さんといえば、俳優の小栗旬(おぐり しゅん)さんのモノマネではないでしょうか。

TBSで放送されていたドラマ「花より男子」で小栗旬さんが演じていた花沢類のモノマネ。

主人公の牧野つくしを呼ぶ「まーきのっ」というワードを体を傾けていうモノマネがとても話題となりました。

真顔で言うのがおもしろいですよね。

しかもおばたのお兄さんが舞台上に登場するときの出囃子は嵐の「Love so sweet」。

「花より男子2」の主題歌でもあり、ここまで小栗旬さんを意識しているんです。

そんなおばたのお兄さんですが、2018年にフジテレビアナウンサーの山崎夕貴(やまさき ゆき)さんと結婚しました。

かなり仲良しなようで、その様子はSNSでもたびたび伝わってきます。

そんなお二人ですが、まだお子様はいないようです。

結婚して2年が経っているので、そろそろお子様のことを考えているかもしれませんね。

楽しみに待ちたいと思います。

モノマネが話題!

そんなおばたのお兄さんですが、SNSで披露しているモノマネが似すぎていると話題になっています。

公式のYouTubeチャンネルでも披露しています。

一番話題なのは「千と千尋の神隠し」に出てくる釜爺(かまじい)。

家にあるもので本格的な釜爺を披露しています。

クオリティの高さが伺えますよね。

さすがモノマネ芸人さんです。

こちらは東京ディズニーシーにあるアトラクション「タートル・トーク」のモノマネ。

これはディズニーシーに行けない今とても楽しめる動画ですよね!

小さい子も大喜びです。

そしてこちら。

「ちびまる子ちゃん」の男子キャラクターになりきっています。

そしてなんとこの動画を見たちびまる子ちゃんがこんな反応をしました。

本家からのメッセージは嬉しいですよね!

そして動画には続きが。

まる子に対してのサプライズ動画だったんです!

おばたのお兄さん、楽しませてくれますよね!

そしてまる子と本格的にコラボするまでになったのです!

さまざまなキャラクターになりきる、おばたのお兄さんのモノマネがとても話題になりました。

それではそんなネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

https://twitter.com/1224_Nayu/status/1264765970687463425

この方の中で中村倫也さんに次いで2位にランクインしたおばたのお兄さん。

でも本当に自粛期間中にとても楽しませてくれました。

https://twitter.com/yama031012/status/1264691755007406080

ディズニーの動画は本当に再現度が高すぎて、ディズニー作品を思い出しますよね!

さすがモノマネ芸人さんです!

https://twitter.com/pandaiio6/status/1264549447062544385

面白いのと似すぎているので何回見ても楽しめます。

釜爺の再現度は本当にすごすぎます。

芸人さんなのでしっかり笑わせてくれますよね。

とても元気が出ます。

赤ちゃんにもウケる「まーきのっ」。

おばたのお兄さんのインスタグラムもとても面白い動画がアップされています。

小学生シリーズがおすすめです。

最近のSNSでの活動を見て、おばたのお兄さんが好きになったという方も多いようです。

たしかに、ここまで面白いと目が離せなくなってしまいますよね。

まとめ

今回は、モノマネ芸人のおばたのお兄さんについてご紹介しました。

奥様といつまでもラブラブに過ごして欲しいですね。

また多くの人を楽しませるモノマネは必見です!

Twitter、インスタグラム、YouTubeそれぞれでアップされている動画も違ったりするので、全部見ることをおすすめします。

たくさん楽しませてくれるおばたのお兄さん、次はどんなモノマネを披露してくれるのか、楽しみですね!

エンタメの最近記事

  1. 全滅の刃とは?劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」大ヒット!オープニング興行収入記録確実!

  2. フジ女子アナ・杉原千尋は消えた?彼女の経歴とテレビ出演シーンまとめ

  3. 「逃げ恥」ドラマ続編が決定!放送日はいつ?あらすじは?ネットの反応は?

  4. SHAKE弁当って何?SMAPファンが驚喜するビストロとは?ネットの反応は?

  5. スタジオジブリが全作品の画像を無償提供開始!驚きの利用条件とは?ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。