最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 23 view

大倉忠義の父親は鳥貴族の社長?「アメトーーク!」で明らかに!ネットの反応は?

大倉忠義の父親

人気アイドルグループ、関ジャニ∞。

そのメンバーの1人である大倉忠義(おおくら ただよし)さん

実は彼の父親は日本中に多くある居酒屋、鳥貴族の社長、大倉忠司(おおくら ただし)さん

鳥貴族といえば幅広い世代から大人気の焼き鳥居酒屋ですよね。

安くてとても美味しいので、何度も利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

大倉忠義さんが、鳥貴族の社長の息子であることはファンの間では多く知られていましたが、あまりメディアではそのことには触れていませんでした。

しかし、大倉さんも徐々にそのことについて、メディアでも触れ始め、メンバーからも「貴族」といじられるようになりました。

https://twitter.com/888888__8/status/1255871933301710848

テロップのフォントも「鳥貴族」の「鳥」です。

本人も開きなおって全く隠す様子もなくなっていますね。

「ミヤネ屋」ではこんな掛け合いもあったそうです。

父親である忠司さんも、忠義さんについてこんなツイートをしています。

紅白歌合戦に関ジャニ∞が出演した際、このツイートをしていました。

これまで忠義さんについて、画像付きでツイートをしたことがなかった忠司さん。

このツイートにファンは歓喜のようでした。

「息子愛」が感じられますよね。

「アメトーーク!」で公表

大倉忠義さんが、鳥貴族の社長の息子であることを知らなかった方も多いのではないでしょうか。

本人もバラエティでたびたび発言してきましたが、はっきりと公表されたのはテレビ朝日のバラエティ番組「アメトーーク!」。

つい先日、この番組で「鳥貴族芸人」として鳥貴族が紹介されました。

その際、大倉親子についてサクッと話題が触れられたのです。

これを見て、忠義さんが社長の息子さんであることを知った方も多いのではないでしょうか。

また、鳥貴族のマークについても番組内で触れられました。

鳥貴族のロゴには「TORIKIZOKU」というロゴの後に小さく「∞」という文字がついています。

「関ジャニ∞」の「∞」と同じですよね。

「関ジャニ∞に便乗したのではないか?」とされていましたが、全く無関係です。

番組では鳥貴族のキャラクターである「トリッキー」の足の部分であるとされています。

そのほかの理由として、当初の社名であった「イターナル」に「永遠の業態」という由来があることから「∞」のマークがつけられたそうです。

無関係とはいえ、とても縁を感じますよね!

それでは、この大倉忠義さんについてネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

当たり前のようにこのことがお話されるようになったので、とても驚きですよね。

関ジャニ∞のファンはライブ終わりや、ファン同士で集まったりするときに鳥貴族を利用するそうです。

これを「納税」と言うようですね。

しっかり売上に貢献しています。

「アメトーーク!」を見て、このことを知ったという方は多くいたようですね。

たしかに、初めて知ったら驚くと思います。

ファンからもいじられる貴族です。

関ジャニ∞ファンにとっては鳥貴族は聖地のようなものですね!

親子でとてもそっくりですよね。

さすが親子だと思います。

https://twitter.com/you48206294/status/1256117096540336128

完璧に「貴族」のイメージがつきましたね。

ただ「貴族」ではなく「鳥貴族」なのでご注意を!

まとめ

今回は、関ジャニ∞の大倉忠義さんについてご紹介しました。

居酒屋「鳥貴族」の社長の息子さんであることを知らなかった方も多いのではないでしょうか。

しかし鳥貴族も関ジャニ∞も、それぞれの力で人気があるということを忘れてはいけません。

これからも鳥貴族にはお世話になりそうです。

関ジャニ∞の活躍にも期待したいですね!

エンタメの最近記事

  1. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  2. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

  3. 渡辺翔太に彼女はいる?佐野ひなこの匂わせは?「ゆな」に「みほ」って誰なの?

  4. コウメ太夫は離婚して息子と二人暮らし?元奥さんは誰?「ルパンの娘」に素顔で出演が話題!ネッ…

  5. ハラミちゃんが通っていた大学は?ピアノ演奏のYouTubeが話題!ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。