Rooomtech Matomethod
エンタメ

ラニーノーズの意味は?ラニーノイズとしても活動中!ネットの反応は?

ラニーノーズ

お笑いコンビ、ラニーノーズ

洲崎貴郁(すざき たかふみ)さんと山田健人(やまだ けんと)さんのお二人からなるコンビです。

ギターを持って歌ネタをするのが特徴的で「歌ネタ王」で優勝するほどの腕前。

また、お顔もイケメンということから特に関西で若い女性から大人気なんです。

青いギターの洲崎さんは、中学3年生のときにジャニーズ事務所の書類審査に合格し、二次審査のオーディションを受けた過去もあるんです。

書類審査を通過するほどのイケメンということがわかりますね。

まず声が良い。

そして歌も良い。

こんなとても心地よい曲で歌ネタをするのがお得意なお二人。

YouTubeチャンネル「ラニーノーズのラニーラニーラニー」では少し不思議な動画をアップしています。

本当にすごいんですよねこれ。

またドッキリを仕掛ける山田さんがホラーが好きということで、ちょっとこわい映像にもなっています。

そもそも真ん中の絵がもうこわいですよね。

そんなラニーノーズ。

名前がとてもおしゃれで、言葉の雰囲気としてはお二人にぴったりですよね。

しかしこの「ラニーノーズ」という言葉は「鼻水」という意味なんです。

スタイリッシュなイメージが消えてしまいました。

なぜこの言葉をコンビ名にしたのか。

それは「鼻炎だから」

まさかこんな理由だったとは。

やはり少し変わったお二人なのかもしれません。

ラニーノイズとしてアルバムも発売!

そんなラニーノーズですが、バンド活動もしており、その名も「Runny Noize(ラニーノイズ)」

ノイズは通常「Noise」ですが、このバンドでは造語にして「Noize」と表記しています。

ラニーノーズのお二人に加え、ベースをフクシマテツヤさん、ドラムを児玉とみー優也さんが担当しています。

超本格的なバンドで、芸人の印象は全くありませんよね。

バンドとして大活躍であり、7月1日には3枚目のミニアルバムとなる「Thank God It’s Runny’s Day」が発売されることも決まっています。

ものすごくかっこいいですよね!

芸人さんとは思えないほど、ひとつのバンドとして成立しています。

このアルバムの発売に伴い、インターネットでのサイン会も行われるようですよ。

そんなバンドとしても大人気のラニーノーズについて、ネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

https://twitter.com/renren_yk0316/status/1268390980555640833

すごいパワーです。

ラニーノーズのお二人、本当に声が素敵ですよね。

とても聴きやすいです。

関西では大人気のラニーノーズ。

これからもっとファンも増えていくと思います。

全国で有名になる日は近いかもしれません!

お母様…!

ラニーノーズは歌だけでなくしっかりネタも最高なんです。

見れば見るほど、虜になってしまうかもしれません。

ラニーノイズの曲は涙が出そうになるほど良い曲なんですね。

そしてラニーノーズのお二人の声が本当に素敵であるということがとても伝わってきます。

芸人でありながら、本格的に歌手活動をしているなんて、すごいですよね。

ラニーノーズのYouTubeチャンネルも本当に面白いのでぜひ見て欲しいです。

ラニーノーズのお二人の魅力がさらに伝わると思います。

まとめ

今回はお笑いコンビのラニーノーズについてご紹介しました。

まさか「鼻水」という意味のコンビ名だったとは驚きです。

しかしそんなコンビ名のイメージとは反対に、ネタやバンド活動は最高に面白くてかっこよい彼ら。

本当にこれからもっと話題になると思います。

ぜひネタや7月1日に発売されるアルバムをチェックしてみてください。