ドラマ

晴天を衝けに原作はある?脚本・ストーリーやあらすじ予想も!

 

 

2021年の大河ドラマ「晴天を衝け」の放送が決定しました!

主演はなんと吉沢亮さんで、ネットでは早くも盛り上がりを見せています!

吉沢亮さんは資本主義の父とも称される渋沢栄一を演じるとのことで、早くも注目を集めています!

そんな2021年の大河「晴天を衝け」ですが、原作はあるのでしょか?

あた、脚本やストーリー、あらすじが気になりますよね。

今回は、

晴天を衝けに原作はある?脚本・ストーリーやあらすじ予想も!

と題しまして、2021年大河ドラマ「晴天を衝け」に原作はあるのか、また脚本・ストーリーやあらすじ予想をしていきたいと思います!

晴天を衝けに原作はある?

2021年大河ドラマ「晴天を衝け」に原作はあるのでしょうか?

調べてみたところ、とりあえず「晴天を衝け」遠いうタイトルの原作はなさそうですね。

見つかりませんでした。

「晴天を衝け」は渋沢栄一の生涯を幕末方明治の激動の時代を描くとのことなので、渋沢栄一の生涯について記されている小説などを探してみました。

すると、色々な出版社から小説が出ているということがわかりました!

これらのうちののどれかが原作として使用されているのかもしれませんが、今のところは情報はありませんね。

しかし、大まかな内容は同じだと思うのと、渋沢栄一について予習しておくとドラマをより楽しむことができるよ思うので、いますぐ購入しましょう!

 

 

 

晴天を衝けの脚本・ストーリーやあらすじ予想!

 

 

みなさん2021年大河ドラマ「晴天を衝け」の脚本やストーリー、あらすじが気になると思います。

しかし残念ながらネットを探す限り、内容については「渋沢栄一の生涯と幕末から明治の激動の時代」ということしかわかっていません。

なので、予想していきます!

吉沢亮さんが演じるということと、「晴天を衝け」というタイトルから、渋沢栄一の若い頃の話なのではないかなと予想します。

「晴天を衝け」という言葉は、どうやら渋沢栄一がか若い頃藍玉を売るために信州に旅したとき、険しい内山峡で読んだ漢詩の一節『勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征』から取られたようなんです。

若い頃に読んだ漢詩から取っているので、メインとなるのは渋沢栄一の若い頃なのかなと予想できます。

まあ予想なので、断定できませんが、とりあえずここでは「渋沢栄一の若い頃」と仮定し、実際の渋沢栄一の若い頃(青年期ごろまで)の経歴などをお伝えしていきます!

 

渋沢栄一の生涯(そのうち青年期ごろまでの話)

出生

渋沢栄一は、天保11年(1840年)の2月13日に藍玉の製造販売と養蚕を兼営している家庭に生まれました。

長男として生まれましたが、幼い頃の名前は「栄二郎」でした。

渋沢家は藍玉の製造販売と養蚕に加え、米や麦、野菜などの生産も手がける豪農でした。

そんな家庭で育ったため、渋沢栄一は常nに算盤をはじく商業的な才覚が身についていきました。

14歳の頃には単身で藍葉の仕入れに出かけルことができるほどになりました。

 

尊攘派志士から徳川慶喜の家臣、幕臣へ

5歳の頃より父から読書を授かっていたため、渋沢栄一は小さい頃から書物を読んでいました。

剣術などを学ぶ過程で尊皇攘夷思想に目覚め、倒幕に向けて動き出します。

しかし、尾高長七郎の説得で倒幕計画を中止したりしているうちに、志士活動が行き詰まり、徳川慶喜に使えることになります。

士官中は一橋家領内を巡回し、農兵の募集に携わりました。

慶喜が将軍に伴って渋沢栄一は幕臣となり、権力を強めていきます。

直後に行われたパリ万国博覧会を視察しに行くときにヨーロッパ諸国を訪問し、各地での先進的な産業・軍備、また社会を見て感銘を受けます。

パリ万博とヨーロッパ訪問を終えたあと、栄一はパリに留学するものの、大政奉還がおこり新政府が誕生すると帰国を命じられ、1868年に帰国しました。

帰国後はフランスで学んだ株式会社制度を実践したり、新政府からの拝借金返済のために、1869年、静岡にて商法会所を設立しました。

大蔵省時代

その後大隈重信に説得され、なんとその年の10月に大蔵省に入省します。

大蔵省官僚時代は民部省改正掛を率いて改革案の企画立案を行ったり、度量衡の制定や国立銀行条例の制定に携わりました。

その後もどんどん出世していきますが、予算編成を巡って大久保利通や大隈重信と対立し、1873年に井上馨とともに退官しました。

大蔵省退官後

退官後まもなく、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行の頭取に就任し、多くの地方銀行の設立にも携わりました。

銀行だけでなく、東京海上火災保険、田園都市、秩父セグメントなど、数多くの会社設立に携わりました。

その数は500社以上にものぼるといわれており、日本新本主義の父にふさわしい活躍をしました。

まとめ

今回は、

晴天を衝けに原作はある?脚本・ストーリーやあらすじ予想も!

と題しまして、2021年大河ドラマ「晴天を衝け」に原作はあるにあるのか、また脚本・ストーリーやあらすじについて予想しましたが、いかがでしたでしょうか。

具体的なところまではわかりませんが、大筋は間違っていないのかなと思います。

この渋沢栄一の壮絶な人生を、果たして吉沢亮さんはどのくらい表現できるのでしょうか?

期待しておきましょう!