最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 82 view

イケメンと一緒に歴史を学べる戦国炒飯TVが今夏スタート!?ネットの反応は?

戦国炒飯TVって何?

以前放送されていたバラエティ番組「戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜」のチームが再集結し、「戦国炒飯TV」が7月からスタートすることが発表されました。

戦国鍋TVは、たくさんのイケメン俳優たちが歴史上の人物になりきり、いろんな企画を通して歴史を学んでいくという内容でした。

私も見ていたのですが、見ていくたびに歴史を学ぶことができますし、歴史が大好きになっていく番組です。

内容が自然と頭に入っていくので、知らない間に歴史を覚えられていくという、学生さんにもとてもおすすめなテレビ番組だと思います。

内容としてはドラマ仕立てのようなものもありますし、コントや少し昭和っぽい音楽番組仕立てのようなものまで、さまざまでした。

「戦国武将がよく来るキャバクラ」という謎の設定のコントもありましたし、織田信長や徳川家康がジャニーズのようなキラキラアイドルになって踊りながら歌っているようなこともありましたね。

ちなみにそのアイドル家康の名前は「イエリン」でした。

可愛かったです、イエリン。

本当に面白くて大笑いしまうような内容なのですが、歴史をしっかり学べるので毎週毎週楽しみに見ていた記憶があります。

さらに、出演者がとてもイケメンばかりなのが印象的でした。

山ほどのイケメンたちが歴史上の人物になっているので、推しができるということもありましたね。

芸人さんもたまに出ているので、面白さも倍増です。

そんな最強バラエティが「炒飯」になって今年の夏に帰ってきますよ!

歴史が苦手という方も必見です。

ネットの反応は?

https://twitter.com/hisamii/status/1233348072203116545

泣いてるーーー!

わかります、嬉し泣きしちゃいますよね。

戦国鍋TVの放送が終わってしまったとき、とても残念だった記憶があるので、また見られるのは本当に嬉しいです。

夏までの楽しみができましたよね!

本当に放送が待ち遠しいです。

これからどんどん情報が解禁されていくのかなと思うとワクワクが止まりません!

https://twitter.com/yppcan/status/1233347341358260225

本当に、この番組はタイトルが謎すぎますよね。

「戦国鍋」という名前も当時見ていたときは謎だったのですが。

ついに鍋から炒飯に。

どんな意味があるんでしょう?(おそらく深い意味はないと思いますが)

楽しみですね!

公式イラストもかわいい!

戦国感が溢れていて、気になってしまいますよね。

https://twitter.com/kitsunonnon/status/1233347339047165955

大変です。

公式イラスト、炒飯を作っている後ろでお城が燃えている。

本能寺かどうかは謎ですが、建物の火で炒飯を作るという衝撃。

あんな笑顔で。

でもこういうちょっとした遊び心もこの番組の魅力なんです!

出演者が誰なのかも気になるところですね。

2.5次元俳優さんがたくさん出る可能性は大いにあると思います。

戦国鍋のメンバーが出るのかどうかも気になるところです。

2.5次元俳優さんのファンの方は楽しみですね!

まとめ

今回は7月からの放送が決定した「戦国炒飯TV」のネットの反応をご紹介させていただきました。

戦国鍋TVを見ていた身としては楽しみで仕方ありません!

どんな方が出るのかも気になりますし、ニューキャラや新しい企画も楽しみです。

ちなみにこの「戦国炒飯TV」の放送決定に伴い「戦国鍋TV」の再放送が決定したそうです!

以前見ていた方はもちろん、今まで見たことなかったけど気になる方はぜひご覧ください!

沼にはまること間違いなしです。

歴史ももっと好きになると思いますよ。

とにかく7月からの放送が楽しみですね。

これを見て、楽しみながら歴史に詳しくなっちゃいましょう!

  • コメント: 0

エンタメの最近記事

  1. アイデンティティ田島が野沢雅子のモノマネでOfficial髭男dismのPreてんだぁ!を…

  2. 浮所飛貴の高校は?平野紫耀に似ていて父親はテレビ関係者?「VS魂」出演が話題!ネットの反応…

  3. 平野紫耀の現在の彼女は?弟はブランドを立ち上げ?「かぐや様は告らせたい」続編公開が決定!ネ…

  4. 松村北斗の大学は?兄弟についても!SixTONESの新リーダー決定のネットの反応は?

  5. 指原莉乃(さっしー)のプロデュースしたカラコンの口コミは?YouTubeチャンネル開設につ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。