最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 16 view

V6坂本昌行主演舞台!奇跡のビジュアル!?ネットの反応は?

V6坂本昌行の舞台のビジュアルが公開!

ジャニーズのトップグループ、V6のリーダーである坂本昌行さんが舞台「THE BOY FROM OZ supported by JACCS」の主演を務めることが決定しました。

そして、その舞台のビジュアルが公開され、坂本さんのお名前がTwitterにてトレンド入り。

坂本昌行さんはV6のリーダーです。

テレビの露出は多いわけではありませんが、圧倒的な歌唱力で舞台に多く出演しています。

今回の舞台は、2005年に坂本さんが主演した舞台で、その後2度にわたって再演されるなど、パフォーマンスで好評だった大ヒット作が、2020年に帰ってくるんです!

ファンにとっては嬉しすぎるニュースですね。

坂本さんが演じる主人公は1970〜1980年代にアメリカを中心に活躍したエンターテイナー、ピーター・アレン。

彼は波乱万丈な人生を送った彼は数多くの不滅の名曲を生み出しました。

そんな彼の名曲とともに送るミュージカルが、この舞台です。

キャストもほぼそのままですが、新キャストもいるんだとか。

なんと初演から15年ぶり、再演からは12年ぶりに新たに同じ舞台が行われるということで、とても話題になりました。

坂本さんのお名前がTwitterでトレンド入りしたことによって、別の意味でトレンド入りしたと勘違いした方も多くいたようです。

今回は、坂本さんの名前がトレンド入りしたときのネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

https://twitter.com/MSmMinnie/status/1237287342978682881

トレンド入りはミュージカルのお話です!

6月が楽しみですね!

再演からは12年ぶりということで、以前とは違った舞台が見られるかもしれません。

びっくりするくらいこのポスターのビジュアル素敵ですよね!

さすがジャニーズ。

ビジュアルが衰えません。

https://twitter.com/shiiiiiho224/status/1237260580437635073

そうなんです。

今回坂本さんの名前がトレンド入りしたことで、結婚と勘違いした方が多くいました。

未だ独身の坂本さん。

「ついに結婚したの!?」と焦ってしまうファンもいたようです。

スペックが高すぎますね。

「恋をするなら坂本昌行」というワードがトレンド入りしてしまうのではないかというくらい、多く見られました。

本当にビジュアルも良くて性格も良くて、歌が上手でスタイルも良い。

恋です。

https://twitter.com/TMYGIRL02/status/1237243471208935425

そわそわしていますね。

V6の他のメンバーが続々と結婚している中、結婚をする様子を全く見せない最年長の坂本さん。

「やっと結婚するのかと思った」という声も見られましたが、ファン的には結婚してほしいのでしょうか?

とはいえ、あれだけかっこよくて独身なら、恋してしまいますよね!

その通り。

坂本さんがあまりにも素敵すぎるので、トレンド入りしてしまったのでした。

あのかっこよさは確かに呟いてしまいますよね。

まとめ

今回は、坂本昌行さんのトレンド入りについてのネットの反応をご紹介しました。

結婚ではなく、主演舞台のビジュアルが良すぎた結果のトレンド入りでしたね。

本当にかっこよいですし、ファンにはたまらないと思います。

舞台もとても楽しみですね。

再演からは12年ぶりの公演ということで、新鮮な気持ちで舞台を楽しめそうです。

公演は東京では2020年5月2日〜5月17日まで東急シアターオーブにて、大阪ではオリックス劇場にて5月22日〜5月26日まで公演予定です。

チケットの一般発売は2020年4月4日からですので、まだチケットは取れますね!

かっこ良い坂本さんをご覧になりたい方は、ぜひ観てみてはいかがでしょうか?

エンタメの最近記事

  1. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  2. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

  3. 渡辺翔太に彼女はいる?佐野ひなこの匂わせは?「ゆな」に「みほ」って誰なの?

  4. コウメ太夫は離婚して息子と二人暮らし?元奥さんは誰?「ルパンの娘」に素顔で出演が話題!ネッ…

  5. ハラミちゃんが通っていた大学は?ピアノ演奏のYouTubeが話題!ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。