最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 68 view

フィッシャーズシルクロードの大学は?YouTubeで100億回再生突破!ネットの反応は?



フィッシャーズ シルクロード

男性7人組YouTuber、フィッシャーズ

2010年、中学校卒業時にグループを結成し、卒業記念に動画をアップしたのがYouTuberとしての始まり。

現在もさまざまな動画をアップしています。

メンバーの中では、このYouTubeの配信を副業としているメンバーもいるんだとか。

本当にいろいろな動画をアップしていて、どれも面白いものばかりです。

発想がさすがですよね。

現在登録者数は637万人。

YouTuberの代表格です。

2019年には世界で最も再生されたYouTuberトップ10で世界9位にランクインという快挙を成し遂げました。

また、YouTube界のアカデミー賞といわれる「Streamy Awards」の国際アジア太平洋部門を受賞

日本のYouTuberでは初の快挙です。

多くの功績を残しているのですね。

またフィッシャーズの皆さんは、歌も歌っているんです。

新たなことにチャレンジしている様子が素敵です。

そんなフィッシャーズのリーダーであるシルクロードさん

なぜか中毒性のある動画です。

シルクロードさんは2013年に東京成徳大学の応用心理学部、健康・スポーツ心理学科へ入学し2017年に卒業しています。

心理学を習っていたのですね!

そこで得た知識を生かして、人が見て面白いと思うような動画を作っているのかもしれません。

ちなみに、このような動画もアップされていますよ。

シルクロードさんの大学生活が再現されています。

100億回再生突破!

そんなシルクロードさんがリーダーを務めるフィッシャーズが新たに快挙を達成しました!

それはメインチャンネル単体での総再生回数が100億回を突破したこと。

これは日本国内のクリエイターとしては初めてのことなんです。

本当にすごいことですよね。

そしてその100億回再生をきっかけにこのような動画もアップされました。

なんとアスレチックを作るという新たな試みにチャレンジするようです。

フィッシャーズの動画は誰でも楽しめるのがとても良いですよね。

だからこそ、多くの方から愛されるのだと思います。

この総再生回数100億回突破に喜びの声が多くあがっていました。

それではこのフィッシャーズについてネットの反応をご紹介したいと思います!

ネットの反応は?

https://twitter.com/akakakt10/status/1289919160206553093

素敵なイラストです!

フィッシャーズの皆さんがとても愛されていることがわかりますね。

見ているだけで元気になる動画ばかりです。

どの動画も中毒性があるんですよね。

何回見ても面白いものばかり。

だからこそ、このような再生回数になっているのだと思います。

本当におめでたいですよね。

YouTubeが繋げてくれたこの出会い、感謝したいですね。

https://twitter.com/slk_ms__/status/1291153657636032512

シルクさんが大学でぼっち生活を送っていたのも、このYouTubeの動画のため。

熱量に尊敬してしまいます。

これからのフィッシャーズからも目が離せませんね。

テレビだけではなく、新たなメディアの形となったYouTube。

今からでも十分フィッシャーズのことを知ることができますよ!

とても素敵な気持ちになれること間違いなしです!

まとめ

今回はフィッシャーズ、またリーダーのシルクロードさんについてご紹介しました。

心理学を学び、大学でもYouTubeの動画に捧げていたシルクロードさん。

その本気に取り組んでいる姿が本当にかっこいいですよね。

そして総再生回数100億回突破ということで、本当におめでたいです。

フィッシャーズの皆さんがいつも楽しく素敵な動画をアップしてくれるおかげで、こちらもいつも楽しませてもらえるので感謝したいと思います。

これからの動画もとても楽しみですね!

エンタメの最近記事

  1. Snow Man岩本照はリーダー継続?不祥事で活動自粛から復帰へ!現在はどうしてる?

  2. 道枝駿佑の姉はAKB?なにわ男子はいつデビューできるのか?ネットの反応は?

  3. スカッとポリスが面白い?悪い奴を成敗するYouTubeで気持ちをすっきりさせよう!

  4. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  5. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。