Rooomtech Matomethod
Youtube

アイデンティティ田島が野沢雅子のモノマネでOfficial髭男dismのPreてんだぁ!を披露モノマネが話題!髭男の歌が頭から離れない?ネットの反応は?

アイデンティティ田島って誰?

お笑いコンビ、アイデンティティ。

メンバーはボケの田島直弥さんとツッコミの見浦彰彦さんです。

そんなアイデンティティですが、田島さんのとあるモノマネがR-1ぐらんぷりをきっかけに大ブレイク。

それが、ドラゴンボールの主人公、孫悟空の声優で有名な野沢雅子さん

「このモノマネ見たことある!」という方も多いのではないでしょうか。

見た目も声も野沢さんなのですが、野沢さんが絶対言わないような言葉を発するのがとても面白いんです。

口調ももはや野沢さんではなく悟空なので、言葉遣いが悪くて、それがさらに面白さを増しますよね。

アイデンティティは漫才を行いますが、最近は野沢さんの格好で漫才をしていることが多いです。

この野沢さんのモノマネをきっかけにテレビでも注目されるようになり、年収が20万円程度から100万円近くにまで急増したんだそうです。

2017年にはキングオブコントで準々決勝に進出しているなど、実績もあるので、これからさらに人気になっていきそうな予感がします。

Official髭男dismのあの曲を披露

そんな野沢さんのモノマネでおなじみのアイデンティティ田島さん。

アイデンティティのYouTubeチャンネル「アイデンティティ田島・三浦」で、Official髭男dismの「Pretender」を歌っているのですが、それが話題となっています。

朝の日本テレビ系情報番組「スッキリ」で取り上げられるほどの話題ぶりです。

「Pretender」が「Preてんだぁ!」となっているところから、すでに面白いですよね。

野沢さんの声なのですが、悟空の口調で歌っているので、歌詞が変わってしまっているんです。

「グッバイ」は「ぐっべぇ」と歌っています。

この野沢さんのバージョンの「Pretender」が頭から離れず、多くの人が中毒になっているんです。

私も1度こちらを聴いたら、本家のOfficial髭男dismの「Pretender」を聴いたときに、どうしても野沢さんボイスが頭に流れてきてしまうという事態に陥りました。

それでは、田島さんによる野沢さんボイスの「Pretender」の虜になっているネットの反応を見ていきましょう。

ネットの反応は?

本当に聴いているだけで笑ってしまうんです。

口調が最高に面白いですよね。

これはプチ流行が起きてしまうかもしれません。

ちょっと歌ってみたいという気持ちが出てきてしまいました。

本家のオシャレ感が一気に無くなりますね。

絶対聴いてください。

ふとしたときに定期的に見たくなるタイプの動画だと思います。

やっぱり頭から離れなくなりますよね。

いきなり「ぐっべぇ」なので、心が掴まれます。

初めて見た時、衝撃的でした。

トレンド入りしてしまうほどの人気ぶり。

アイデンティティの田島さんというより、野沢さんのイメージがやはり強いようです。

野沢さんのお名前でTwitterのトレンドに入ってしまうのは、確かに一瞬「何があったんだろう」と思ってしまいますよね。

平和な内容でのトレンド入りだったのでよかったです。

ぜひいろんな方に見ていただきたいです。

絶対笑ってしまうこと間違い無しです!

面白いと同時に、田島さんの歌の上手さに驚きの声も上がっていました。

この「Pretender」はかなりキーが高くて、歌いづらいんです。

ですが、田島さんはモノマネしながら普通に歌っています。

モノマネの声が印象に残りがちですが、よくよく考えたら歌がものすごく上手なんです。

まとめ

今回は、アイデンティティ田島さんによる、野沢雅子さんの「Pretender」についてご紹介しました。

本当にモノマネは上手ですし、口調が面白すぎます。

動画を見た方は、頭から「ぐっべぇ」が離れなくなると思いますよ!

アイデンティティのYouTubeでは、野沢さんのモノマネでいろんな動画を出していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

これからの活動も楽しみです!