グルメイベント

肉フェス大阪2019ファストチケットは買うべき?混雑状況から予想!

 

みなさん肉の祭典と聞いたらどのイベントを思い浮かべますか。

僕は真っ先に思い浮かべたのは「肉フェス」でした。

今年も「肉フェス大阪2019」が開催されます!

4月26日〜5月6日の期間開催されています。

今年は「肉フェス」5周年ということで、「肉。革命」がテーマとなっており、例年よりもパワーアップした肉フェスとなっているようです。

肉フェスには「ファストチケット」なるものが存在しますが、これは買う価値はあるのでしょうか。

今回は、肉フェス大阪2019の混雑状況をもとにファストチケットを買うべきかどうかについてお伝えしてきます!

 

肉フェス大阪2019の混雑状況

まず、肉フェス大阪2019を混雑状況を見ていきましょう。

肉フェス大阪2019はかなり混んでいるようですね。

特に人気のお店は並べないほどで、仕方なく比較的空いているお店に奈良だという方もいました。

混雑しすぎていて早々に帰ってしまった方々も多いようです。

みなさんも気をつけましょう。

ツイッターなどで「肉フェス大阪2019」などと検索してみると、リアルタイムの混雑状況などを投稿している方もいたりするので、当日が底をチェックするのもいいでしょう。

 

肉フェス大阪2019にファストチケットは買うべき?

肉フェス大阪2019には、「ファストチケット」なるものが存在します。

これは500円で購入できるチケットなんですが、このチケットを購入すると全店舗の「ファストレーン」という、並ぶ時間の少ない列に並ぶことができます。まあディズニーランドのファストパスの有料版のようなものです。

並ぶ時間が短くなるとはいうものの、500円という出費は学生などにとってはかなり痛いです。

ファストチケットを買うことのメリットが、500円を超えるかが疑問ですよね。

肉フェス大阪2019でファスチケットは買ったほうがいいでしょうか。

結論から言うと、そこまで買う必要はないのかなと思います。

ファストチケットがないと並ぶ時間がだいぶ長くなるのはたしかですが、並んでいる時間友達や家族と話すのも悪くないかなと思います。

また、ファストチケットを購入しなくてもファストレーンに並ぶ方法があります。

それは、電子マネー「iD」を使って支払うという方法です。

電子マネー「iD」とは、NTTdocomo電子マネーサービスで、コンビニを始めレストランやレジャー施設、ショッピングモールやタクシーなどでの料金の支払いの際にスマートフォンやカードをかざすだけで支払いができるお手軽なサービスです。

こちらを利用しますと、わざわざ肉フェス会場で食券販売機に並ばずに直接お店で決済が可能ですし、ファストチケットを買わずにファストレーンに並ぶこともできます。

食券を買う時間もなくなり、列に並ぶ時間も無自覚なるので、この電子マネー「iD」に登録しない手はないです。

さらに、今話題のApple Payにも対応しているようです。Apple Payをご利用の場合はファストレーンを利用することはできないと思いますが、店での直接決済ができるので食券を買う時間が短縮できます。

クレジットカード情報を登録したりするのが少し怖いという方もいるかもしれませんが、安心安全なサービスなので問題はないです。

ぜひ利用して、便利に、お得に肉フェスを楽しみましょう!

 

みなさんの反応

肉フェス大阪2019に行った方々の反応を見ていきましょう。

みなさん相当楽しんでいるようです。

野外でビールを飲みながら美味しいお肉を食べるのもアリですね。

なんだかお腹がすいて気てしまいました。

 

まとめ

 

今回は、肉フェス大阪2019の混雑状況をもとに、ファストチケットを買うべきかどうかについてお伝えして来ましたが、いかがでしたでしょうか。

みなさんもぜひ「ID」を利用して、快適に肉フェス大阪2019を楽しんでみてください!