GW

餃子フェス2019東京ファストチケットは買うべき?IDなら不要?

 

今年のゴールデンウィーク、餃子フェスが開催されます!

期間は5月2日〜5月6日です。

餃子フェスは、餃子好きの餃子好きによる餃子好きのためのグルメイベントです!

餃子フェスには、ファストチケットなるものがあります。

今回は、餃子フェス2019東京でファストチケットは買うべきかどうか、また「iD」を使えば不要なのかどうかについてお伝えしていきます!

餃子フェス2019東京でファストパスは買うべき?

 

餃子フェス2019東京ではファストパスは買うべきなのでしょうか。

肉フェスには、「ファストチケット」なるものが存在します。

これは500円で購入できるチケットなんですが、このチケットを購入すると全店舗の「ファストレーン」という、並ぶ時間の少ない列に並ぶことができます。まあディズニーランドのファストパスの有料版のようなものです。

並ぶ時間が短くなるとはいうものの、500円という出費は学生などにとってはかなり痛いです。

ファストチケットを買うことのメリットが、500円を超えるかが疑問ですよね。

果たして、ファストチケットは買うべきなのでしょうか。

結論から言うと、そこまで買う必要はないのかなと思います。

ファストチケットがないと並ぶ時間がだいぶ長くなるのはたしかですが、並んでいる時間友達や家族と話すのも悪くないかなと思います。

また、今回の餃子フェス2019東京では、「KIDS&FAMILY AREA」というものが設置されるようです。

ここはテーブルオーダー&テーブル会計で、行列に並ばなくてもお好みのお食事をスタッフがテーブルまで運んでくれます。

少人数でも大人数でも、ゆっくり食事を楽しみたい方にぴったりです!

さらに、ファミリーエリアには、子供達が遊べるスペースもあリ、安心して餃子フェスが楽しんでいただけます!昼間は家族でゆっくり過ごす餃子フェス、夜は友達とワイワイ楽しむことができます!

ここにいればファストチケットなんて必要ありません。

まあこんな場所は早い段階で埋まってしまでしょうが、もしこの出来が確保できたら優雅な餃子フェスを楽しめること間違いなしです!

また、実はファストチケットを買わなくてもファストレーンを利用する方法があるんです。

その方法をこれからお伝えします!

「iD」を利用すればファストチケットは不要?

 

ファストチケットを購入しなくてもファストレーンに並ぶ方法があるのですがご存知でしょうか。

それは、電子マネー「iD」を使って支払うという方法です。

電子マネー「iD」とは、NTTdocomo電子マネーサービスで、コンビニを始めレストランやレジャー施設、ショッピングモールやタクシーなどでの料金の支払いの際にスマートフォンやカードをかざすだけで支払いができるお手軽なサービスです。

こちらを利用しますと、わざわざ餃子フェス会場で食券販売機に並ばずに直接お店で決済が可能ですし、ファストチケットを買わずにファストレーンに並ぶこともできます。

食券を買う時間もなくなり、列に並ぶ時間も無自覚なるので、この電子マネー「iD」に登録しない手はないです。

さらに、今話題のApple Payにも対応しているようです。Apple Payをご利用の場合はファストレーンを利用することはできないと思いますが、店での直接決済ができるので食券を買う時間が短縮できます。

クレジットカード情報を登録したりするのが少し怖いという方もいるかもしれませんが、安心安全なサービスなので問題はないです。

ぜひ利用して、便利に、お得に肉フェスを楽しみましょう!

みなさんの反応

餃子フェス2019東京はまだ開催されていませんので(4月30日現在)、本日から開催されている餃子フェス2019大阪に行った方々の反応をみて行きましょう!

みなさんとても満足しているようですね。

どんなに美味しい餃子を食べてもやはり餃子の王将の餃子が一番美味しいと主張している方もいましたが、、、笑

僕は餃子ッフェスには行ったことはないのですが、似たようなイベントで肉フェスなら行ったことあります。

その時はとても美味しくはあったのですが、当時学生の僕にはちょっと高くて思う存分には楽しむことはできませんでした。

まとめ

今回は、餃子フェス2019東京でファストチケットを買うべきかどうかということと、「iD」というものを利用すれば不要かどうかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

電子決済サービスに慣れていない方はすこし抵抗があるとは思いますが、全く危険なことはないのでぜひ利用してみてください!