お盆休み2019|お墓参りの必要性は?なぜしないといけないの?

 

もうすぐお盆ですね。

お盆といえば、お墓まいりに行く方というイメージが僕は強いのですが、皆さんの中には行かないという方も多いと思います。

僕も家族が毎年行っているから行っていますが、その意味などは理解していません。

お盆にお墓参りの必要性はあるのでしょうか。また、なぜしないといけないのでしょうか。

今回は、

お盆休み2019|お墓参りの必要性は?なぜしないといけないの?

と題しまして、お盆休み2019のお墓参りの必要性や、なぜしないといけないのかについてお伝えしていきます!

 

お盆休み2019|お墓参りの必要性は?なぜしないといけないの?

お盆休みにお墓参りの必要性はあるのでしょうか。

また、必要性がある場合はなぜしないといけないのでしょうか。

結論から言いますと、お盆休みにお墓参りに行く必要性はありません。

このように言うと語弊を招くかもしれませんね。

正しく言いますと、お盆休みのお墓参りの必要性に対する風習は、地域や宗派によって違います。

なので正しくは、お盆休みにお墓参りをした方がいい場合といなくても良い場合があるのです。

これについて詳しく説明するためには、お盆がどういう日なのかと言うのを知ってもらう必要があります。

お盆とは?

僕はなんとなくは知っていたのですが、詳しくは知らなかったのでこの機会に調べて見ました!

調べた内容をまとめます!

お盆とは、先祖の精霊を祀る期間のことを意味します。

この期間に、先祖や亡くなった人たちが浄土から地上に戻ってくると考えられています。

浄土から戻ってきた先祖の方々を家に迎え、供養する期間として、お盆休みはあるんですね。

お盆は長い歴史の中で伝統的な農耕儀礼あ、祖先のお祀りの習慣などと融合してきて、今の形態へと発展してきましたの。

そのため、地域や宗派ごとに多少違う点があります。

仏教よりも前に存在していた古い習慣としされており、貴重な日本独自の文化の一つです。

お盆休み2019|お墓参りの必要性は?

お盆がどういうものなのかついてお伝えしましたが、ここで皆さん疑問を持ちませんでしたか?

 

ご先祖の方々お墓にいないじゃん、、、!!!!

 

そうなんです。

お盆の時期は先祖の方々が家に戻ってくる日とされています。

そのため、お盆の期間中は先祖の方々はお墓にいないはずなんです!!

なので、お盆は先祖を家で迎えるという風習が強い地域や宗派では、お墓参りはしないことが多いです。

お墓参りをする必要はないといえますね。

お盆2019|しないといけないのはなぜ?

しかし、お墓参りをすると言う風習があるのは事実です。

実際、僕の家族は毎年お墓参りに行っています。

先祖の方々がいないお墓にお参りをしないといけないのはなぜなのでしょうか。

これについては、いくつか説があります。

  • 普通にお墓参りをする
  • 先祖の方々の送り迎えをする
  • 先祖の方々が留守にしているお墓を掃除する

など、これも地域や宗派によって異なるようです。

僕の家の場合、お盆休みの半ばにいつも行きますので先祖の方々の送り迎えという感じではないですかね。

一番最初の普通にお墓参りしているが一番近いと思います。

今度機会があれば家族に聞いてみようと思います。

皆さんの家のお盆休みの過ごし方はいかがでしょうか?

自分の家族はお盆の時期のことをどのように考えて、どのようなことをするのかというのを友達などと共有すると面白いかもしれませんね!

まとめ

今回は、

お盆休み2019|お墓参りの必要性は?なぜしないといけないの?

と題しまして、お盆休みにお墓まいりに行く必要性はあるのかということや、なぜしないといけないのかということについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

まあ現在ではお盆休みをただの休みだという風に認識している方も多いと思います。

旅行に行ったり、家で休んだりしている方も多いのではないでしょうか。

社会人の方にとってお盆は夏の貴重な休みなので休むのももちろんありだとは思いますが、お盆は先祖の方々が家に帰ってくる日なんだということを少しでも意識しながらお盆を過ごしてもらえると、御先祖の方々も喜ぶと思います!