Rooomtech Matomethod
TV

こんまり人生をかえる魔法の片づけ!シーズン1第一話(ネタバレ)

Netflix「こんまり人生を変える魔法の片づけ」

新シーズンスタート!

前回のこんまりさんのNetflixドキュメンタリーシリーズは、掃除テクニックと、こんまり片付けマジックで人生の問題を乗り越えていくストーリが大人気でした。

新シリーズも、パワーアップしたこんまりさんが悩みを抱える家族のために、片付けをしていくという点で同じです。

前回のシリーズで、片付け名人そしてライフアドバイザーとして一躍世界のこんまりとなった、近藤麻理恵さんが、より一層カリスマ性を発揮して帰ってきました。

本ブログでは、このドキュメンタリードラマを解説していきます。ネタバレも含みますので、視聴のあとにご覧ください。

第一話 栽培園を営む兄弟の片づけにチャレンジするこんまり

んっ?? 東洋スピリチュアルなこんまりさん・・??

今回ドキュメンタリーの挿入部分では前回シリーズとは異なる、挿絵がありました。

なんとこんまりさんが、

水晶と音叉(おんさ)を使用して 部屋の浄化を始めた のです。

あれ、、?

こんまりさんスピリチュアル系にも手を出した、、??

と少し心配になる展開。

「日本人の生活に根差した考え方で、すべてものに魂やエネルギーが宿っているという考え方があります。」

と話すまりえさん。

うん??

そうですかね??

問題のお宅は、家族経営の栽培園!

ローガンさんの栽培園をお掃除

黒人の家族が営む栽培園 ローガンズガーデン に訪れるこんまりさん。

初老の父と、35歳の息子さん二人が有機栽培の植物を育てています。

植物を安心安全に届ける崇高な「spiritual」スピリチュアルな仕事だろ。

とローガン父は言います。

まりえさんと顔合わせをした二人は栽培園を案内。

ミミズの肥料に可愛く驚くこんまりさん。童顔で背が低いこんまりさん。驚くしぐさもいちいち可愛いですね。

片づけをしてもっと栽培する植物を増やしたいという親子

片づけをしてもっと栽培数を増やしたいが、難しいと悩む息子

栽培園を息子に譲りたいが、息子の切り盛りの仕方にまだ不安な父。

はい、こんまりメソッドにつきものの、家族の悩みをそうじを通じて解決の部分ですね

片づけをする過程で、親子の話が深まり、栽培園は新しいフェーズへといった具合でしょうか。

あれ??栽培園にご挨拶の儀式!?!?!

片づけを始める過程で、栽培園に感謝をしましょうと、

輪になって、

ローガン親子と深々と栽培園に感謝のおじぎをするこんまりさん。

うーーん??

深々とお辞儀をするこんまりさんですが、まさにサッカー長友選手のお辞儀パフォーマンスそのもの。。

ローガン親子は、目をつむって黙とうのような形に。

こんまりさん、やはりこれからは

新路線スピリチュアルこんまりでいくのでしょうか。

ファンとしては少し心配になります。

片づけメソッドは、もう、出し尽くしたので新たな展開が必要なのかも。。

謎の黙とうのあとに片付けスタート

その後は、いつものこんまりシリーズ。

すべてのものを取り出し、ときめくかときめかない、を判断していきます。

捨てるものには、手を合わせて感謝して、捨てます。

種子の種についてかかれた古い本、ローガン父が探していた本です。

ときめく本ですよね?」と確認して、帰宅するこんまり。

こんまりさんが掃除をするのではなくて、あくまで、ローガン親子が自主的に

片づけをするのがこんまりメソッド。あくまで主役は、片づけたい家主なのです。

黒人のローガン親子は

「ときめくよね?」と確認しながら、断捨離を始めます。

ときめきは英語で、spark joy

sparkは「~の火付け役となる」「~に拍車をかける」という意味

joyは「よろこび」

この語法は従来からありますが、

こんまりさんのおかげで注目をあびた流行語になりました。

こんまり挿入パートでスケジュールを語る

こんまりさんの挿入パートがはじまります。

なんと一日の使い方という講義です。

こんまりさん曰く、一日のなかで、

spark joyの時間を意識的に設けてくださいと

解説。

たとえばお茶を飲む時間、子供と遊ぶ時間。

などと。

こんまりさん、すっかりメンタルアドバイザーになったようです。

そして例の音叉の写真がインサート!!

うーん、なんか気持ち悪いかなと思ってしまうのはわたしだけでしょうか。こんまりさん、スピリチュアル系に行かないでほしいとおもうのは杞憂でしょうか。

久しぶりにローガン息子の妹が帰宅する

ローガンの娘はしばらく家に帰っていなかったが、片付けのために久々に栽培園に帰宅。

ローガン妹にあえて、嬉しくて涙する兄。

こんまり掃除がなければ妹との交流もなかったという路線なのでしょう。

妹さんもてきぱき手伝っていきます。

こんまりのプレゼント栽培園に屋根が設置される

栽培園には屋根がないのが悩みでした。そこで番組から屋根や大きな花壇が設置されます。

大喜びの親子。

そこへこんまりさん素敵なコートでキャリアウーマン風に登場!!!

こんまりに感謝する二人。

関連するものは距離の近いところで収納!とアドバイスしてどんどん栽培園の小物を

片づけていきます。

こんまりプレゼント第二弾 たくさんの整理ボックスがプレゼントされる

こんまりさんが、たくさんの白い整理ボックスをローガンさんに、プレゼント。

これが欲しかったんだよね、とローガンさん大喜びです。

それに、縦に、同じ種類・素材のものを、並べて入れていく。

こんまりメソッドの重要ポイントですね。

ローガンの過去を振り返るパート

その後はローガン家族の交流が描かれます。

写真をみて思い出話をするローガン親子。

兄に栽培園を引き継ぐの??と父に語りかける娘。

兄一人では無理だと心配する父。

そこで、

細かい事務は私も手伝うわよ、と言い出した妹。

まさかの展開に大喜びするモーガン父。

片づけが終わる

そして片付け終了パートへ。

きれいになった栽培園で喜び合う家族とこんまり。

そこへ、こんまり夫が登場し

Congratulations!

とワインを差し出します。

日本語でカンパーイして物語は終了していきます。

片づけをしたことで生活が変化したというモーガンさん。

家族関係が良好になったと語ります。

まさにこんまりメソッドの魔法です。

こんまり第二弾のドキュメンタリーどう見る?

こんまりドキュメンタリーは深化したか

今回のドキュメンタリー、こんまりファンなら見慣れたドキュメンタリーでした。

こんまりメソッドで、部屋がきれいになり、家族の関係も改善。

そう、この予定調和を延々と続けるのが、こんまりドキュメンタリーの基本なのです。

45分で家族のストーリがみれて、かつ整理収納について学べる、良質なコンテンツなのです。

鉄板である、掃除が進むからの家族関係が良好に!!という流れが、

定番化されてみるものに安心感を与える良質ドキュメントだと思います。

でも気になるのが、ちょこちょこ繰り出される

ジャパニーズスピリチュアル路線

 

まずは音叉と水晶を握りしめて、部屋を浄化、お掃除の前には、お辞儀で空間に感謝。

うーーーん。

ステレオタイプなオリエント

のイメージですよね。

こんまりさんがバカ受けしたのは、いろんな分析がありますが、

確かに東洋顔のちいさなこんまりさんがアドバイスしてくれるということにプラスして、

お辞儀、水晶といったアイテムを繰り出すのは演出上わかるのですが、

日本人からするとおいおい!と突っ込みたくなりますよね。

 

あと、こんまりさん旦那は必要なのでしょうか。

凄く見た目がイケメンというわけではないですし、おめでとう!とワインを差し出すのもなんかずれている感じがします。

夫婦で露出していく戦略なのでしょうか。

こんまりドラマ、スピリチュアル化するのか、これからもレポートしていきます。

こんまりメソッドまだ勉強していない方はこちら!!!

 

人生がときめく魔法の片づけ!こんまりメソッド5分で理解しよう⑤こんまりメソッド5分で制覇⑤ 本を片付けよう 洋服が終わったら次は本を片付けましょう! 特に読書好きな人は本だけをなかなか捨て...