マンガ

火ノ丸相撲231話ネタバレと感想!あらすじや232話の展開予想も!

2019年3月4日(月)発売のジャンプ14号を早速購入しました。

今回は、火ノ丸相撲231話のネタバレと感想、これまでのあらすじ、232での展開予想についてお伝えしていきます!

※ネタバレを含みますので、ご注意ください!

これまでのあらすじ

まず、この作品のおおまかなあらすじです。

弱小の大太刀高校相撲部に現れた新入生、潮火ノ丸。無差別級の格闘技故に高くが重要とされる相撲であるが、その常識を翻し小さいながらもIH(インターハイ)団体戦日本一を達成し、やっとの思いで角界入りの資格を掴み取る!

幼き頃からの夢である、大横綱を目指すべく、小さき少年、火ノ丸の戦いは新たなステージに!

前回(230話)のあらすじ

七日目、童子切が大包平に負け、全勝を指定ら刃皇に冴ノ山が土をつけました。

その夜刃皇は婦人によって清められます。油断していたことを反省し、冴ノ山が習慣的に自分より力士出会ったことを認めます。

そして翌日の八日目。大包平は取り組みで負傷しているはずの童子切は出場する様子。

そして、取り組みが始まります。

大包平7−0、大典太4−3の成績。

二人は激しい工房を続けるが、大包平は大典太の舐めた態度気に入らなかったようで、

”変形掬い投げ 羅城開門武者返し”という、危険な技を繰り出します。

これは、相手の腕を破壊し金な危険な技で、大包平はその後、大典太に「お前は壊れなくてよかったな」と言い放ちます。

それを受けて大典太は、「この先大包平と当たるやつは気をつけて方がいい」と感じます。

続いて、童子切と鬼丸の試合。足にテーピングを巻いた状態で出てくる童子切。

そんな状態できるのかと、大包平は不思議に思います。

気合十分の童子切に答えるように鬼丸も全力で応戦。

相手は自分に取って特別な存在である天王寺獅童であるのですから。

 

 

火ノ丸相撲231話のネタバレと感想

これ以下、火ノ丸相撲231話のネタバレとなります。知りたくない方はご注意ください。

 

 

 

「かちあげた!」

1コマ目から激しい攻防が繰り広げられます。

鬼丸は、「怪我…?それがどうした…? 全力で行くぞ…相手はあの童子切…天王寺獅童…!!」

「ワシはあんたに 勝ちに来たんじゃ!」

と、気合十分。

それに対し、童子切は多少の攻撃は受けようとも、廻しだけは取られないようにするという立ち回り。

鬼丸は突き合いになれば強いですが、童子切はそれをさせずに、少しずつ、でも確実に前に出てきます。

この段階で攻めているのは鬼丸ですが、押しているのは童子切という状況になります。

しかし、なんだか童子切の動きが泥臭い…

それもそのはず、童子切は痛み止めを打ち、テーピングでガチガチに固めた状態でした!

 

部屋の人たちは、「一度押し込まれたら残せなでしょう…」と心配しますが、

それに対し童子切は「…なら…押し込まれなかったらええねん」と強気の一言。

「…今回の相手はあいつなんすよ…鬼丸とは…土俵の上で語りたいことが山ほどあるんや…」

と周りを黙らせ、鬼丸との取り組みに臨みました。

鬼丸もそのことに気づきましたが、童子切の、一歩も引かないという圧力を前に手を抜く隙も感じません。

八方塞がりの状況を打開すべく鬼丸がとった作戦は、

「今強くなれ 超えろ…童子関の想定を!」

変な小細工では通用しないと判断した鬼丸は、童子切の想定を越えようとします。

「童子関にも…刃皇にも…怖くねえってんなら…怖がらせろ!」

「思い出せ…あの感覚を…角度…足の運び…力の入れ具合…体の声を聞け…そう」

鬼丸は、まるで火ノ丸のごとく突進を繰り出し、見事童子切を撃破。

「…童子関の意思…受け取りました…!」

鬼丸は、「ただ優勝するやない…刃皇を倒して優勝するんや 鬼丸…!!」という童子切の意思をしっかりと受け取ります。

翌日、童子切は休場届を提出し、記者会見を開きます。

「土俵の上では語りきれんかったことがあるんすわ…!」

と、意味深な言葉を放ち、231話が終了。

最後に、「この男、タダでは退かぬ…!!!」

と書かれていましたので、またまた波乱の予感ですね。

今回も、かなりアツイ話でした。負けてはしまいましたが、童子切の強さのは驚きです。試合の中でどんどん強くなる鬼丸の今後の成長も気になりますし、もう目が離せません!

232話の展開予想!

火ノ丸相撲232話の展開予想です。

これからどのようなことが起きるのでしょうか。

まず第一に気になるのが童子切の記者会見ですよね。かなり重要なことが童子切の口から放たれるとは思いますが、、全く予想がつきません。

 

いずれにせよ、この発言がこの先大きな意味を持つことになる可能性が高いでしょう。

童子切を撃破したことで6−2の成績になった鬼丸。優勝するにはまだ倒さなければいけない相手はいますが、確実に近づいています。

これからの展開が楽しみですね。

火ノ丸相撲を無料で読む方法

「火ノ丸相撲」を無料で読む方法は、大きく分けて二つあります。 FODプレミアムで読む方法と、 U-NEXTで読む方法です。

FODプレミアムで読む方法

FODプレミアムとは、フジテレビが展開するサービスで、主にフジテレビ系のドラマや番組などの動画配信を行なっています。

FODプレミアムは本来動画配信を主としたサービスですが、実は漫画や雑誌などの電子書籍も配信されていて、種類も豊富なんです。

「火ノ丸相撲」も、全巻配信されています。

FODプレミアムは、登録時に100ポイント、さらに8のつく日に400ポイントずつもらえます。

月額888円(税抜)がかかるのですが、なんと最初の1ヶ月はお試し期間で月額が無料となります。

そのため、無料で1300ポイントもらえちゃうんです!

「火ノ丸相撲」は1巻400ポイント前後で読むことができるので、最大3巻分読むことができるというわけです。

無料期間中に解約してしまえばそれ行こうお金はかかりませんので、3巻分なら完全無料で読めてしまうのです。

これを利用しない手はありませんよね?

ぜひFODプレミアムでお得に「火ノ丸相撲」を読んじゃってください。

FODプレミアムで「火ノ丸相撲」を読む

U-NEXTで読む方法

もう一つの方法は U-NEXT というサービスを利用する方法です。

U-NEXTもFODと同様の動画配信サービスで、1ヶ月巻の無料お試し期間があります。

加入時に600ポイントもらえ、サービスを継続すると毎月1200ポイント付与されます。

U-NEXTでは、「火ノ丸相撲」は410ポイントもしくは451ポイントで読むことができます。

なので、U-NEXTでは無料お試し期間中に1巻分しか読むことができないのです。

「火ノ丸相撲」の最新巻だけ読みたいぶんには全く問題ありませんので、すでにFODプレミアムを利用したことがあるという方はこちらを利用するのがいいでしょう。

U-NEXT で「火ノ丸相撲」を読む

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ

今回は、火ノ丸相撲の最新話231話のネタバレと感想、あらすじや次回232話の展開の予想についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

来週も楽しみですね。