最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 31 view

デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場の理由は?関係ある?

 

本日10月18日の15時より、人気スマートフォンアプリの「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」(以下、デレステ)とアニメ「コードギアス」のコラボイベントが開催されました!

コードギアスコラボCMも放送されているのですが、そのCMになぜか山下真司さんが出演していることが話題になっています。

デレステのマイルームというところにも山下真司さんが登場するのですが、ネットでは「なんで?」というような声が多数見られました。

それもそのはず。

コードギアスと山下真司さんは関係がないように思われるからです。

果たして、デレステのコードギアスコラボCMに山下真司さんが起用された理由はなぜなのでしょうか?

今回は、

デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場の理由は?関係ある?

と題しまして、デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場の理由や、関係あるのかということについてお伝えしていきます!

デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場!!

デレステのコードギアスコラボのCMに突如登場した山下真司さん。

上の動画がそのCMです。

このCMでは、教師を演じる山下真司さんが”ギアス”というものをかけられ、デレステにハマるというような内容となっています。

”ギアス”とはコードギアスに登場する特殊な能力のことで、主人公であるルルーシュの”ギアス”は、人を服従させる力を持っています。

その能力で、山下真司さんをデレステにハマらせたんですね。

しかも今回のコードギアスコラボでは、山下真司さんはCMだけでなくゲーム内にも登場するんです。

 

ギアスにかけられた山下真司さんがルームに入ってくるそうです。

ギアスにかけられているので、「レッツデレステ」、「お前ら、ナイスプロデュースじゃないかぁ!」など、CMでのセリフを言うそうです。

https://twitter.com/daru_c/status/1185082412398567424?s=20

 

なんかシュールですよね笑

そのうち、「今からお前らを殴る!」などスクールウォーズのセリフも言ったりするのではないでしょうか?笑

 

デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場の理由は?関係ある?

さて、本題ですが、デレステのコードギアスコラボCMに山下真司が登場したのはなぜなのでしょうか?

 

みなさんかなり疑問に思っているようでした。

やはり関係が見出せないですもんね。

ツイッターでは、このようなことを言っている人がいました。

 

どうやら、山下真司さんが出演していたドラマ「スクールウォーズ」での、「お前らゼロか!ゼロの人間なのか!」と言うセリフが関係している可能性が高いようですね。

コードギアスでは、主人公のルルーシュは身元がバレないように仮面をつけ、「ゼロ」と名乗ります。

また、このように言っている人もいました。

 

整理しますと、

ラグビーW杯でラグビーが話題

ラグビーが関係しているものとして、ドラマ「スクールウォーズ」が候補に入った

「ゼロ」のセリフつながりでぴったり!

と言う流れで決定したのではないかと言うことになります。

まあ本当かどうかはわかりませんが、関係性を探してもそれくらいしか共通点を見出せなさそうです。

運営側の真意は如何に、、、、。

お問い合わせしてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、

デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場の理由は?関係ある?

と題しまして、デレステコードギアスコラボCMに山下真司登場の理由や、関係あるのかどうかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

ラグビー+「ゼロ」つながりで山下真司さんが登場したのではないかと言う説が有力という結論になりましたが、皆さんはどう思いますか?

本当になんで山下真司さんを起用したんでしょうかね笑

今後もしかしたらCM第2弾などでつながりがわかるような内容となっている可能性はあるので、待つことにしましょう!

エンタメの最近記事

  1. ワタナベマホトが今泉佑唯と結婚!DV事件に不安の声も?コレコレが新たにスキャンダルを暴露!…

  2. アイデンティティ田島が野沢雅子のモノマネでOfficial髭男dismのPreてんだぁ!を…

  3. 浮所飛貴の高校は?平野紫耀に似ていて父親はテレビ関係者?「VS魂」出演が話題!ネットの反応…

  4. 平野紫耀の現在の彼女は?弟はブランドを立ち上げ?「かぐや様は告らせたい」続編公開が決定!ネ…

  5. 松村北斗の大学は?兄弟についても!SixTONESの新リーダー決定のネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。