Rooomtech Matomethod
ゲーム

電脳九龍城の閉店理由は?ウェアハウス川崎店が消えるのはなぜ?

 

「電脳九龍城」ことウェアハウス川崎店が11月17日をもって閉店することが発表されました。

電脳九龍城とは、かつて香港に存在した九龍城をモチーフとしたアミューズメントパークで、中は「アジアの魔窟」と称されるほど雰囲気のある空間がありました。

いわゆるゲーセンという感じのところですが、その内装と外装から他のゲームセンターとは一線を画していました。

しかし、そんな電脳九龍城が閉店ということで多くの常連客は悲しんでいるようです。

閉店理由が書いていないことから、その理由を予想してい人も多くいました。

そこで今回は、

電脳九龍城の閉店理由は?ウェアハウス川崎店が消えるのはなぜ?

と題しまして、電脳九龍城の閉店理由についてお伝えしていこうと思います!

 

電脳九龍城の閉店理由は?ウェアハウス川崎店が消えるのはなぜ?

電脳九龍城の閉店理由は何なのでしょうか?

ツイッターでは色々な意見が飛び交っていましたが、この方のツイートが一番リツイートなどされているので、この情報が正しい可能性が高いかもしれません。

 

閉店理由は、大家さんとの契約の兼ね合いということですね。

ネットでは、売り上げが悪いから閉店するという風に予想している方が少なくありあませんでした。

 

しかし今回の閉店はどうやら売り上げは関係なく、テナント契約上の問題だったのですね。

他にも、サービスが年々悪くなってきたという風に言っている人もいましたし、もしかしたら、今回の大家さんとの兼ね合いのけんがなくてもそう長くはもってなかったかもしれませんね。

 

電脳九龍城閉店に対するネットでの反応

電脳ク龍驤が閉店することに対するネットでのみなさんの反応を見ていきましょう!

https://twitter.com/ryugainai/status/1183903933464342528?s=20

 

みなさん相当悲しんでいるようですね。

今現在あまり行っていなくても、過去に通っていたことがある方なども多く、懐かしの場所がなくなるということでとても悲しんでました。

みなさんやはりあの凝った内装を見ることができなくなるのが残念らしく、「何かしらの形で保存されるべき」、「閉店前に一度行くべき」などというように行っていました。

また、この電脳九龍城は18歳以上しか入ることができないのですが、閉店までに18歳を越えない方はこの素晴らしい内装を見ることができないので、とても残念がっていました。

僕はこの電脳九龍城のことはこのニュースで知ったのですが、こんな空間が日本にあったんですね。

確かに行ってみたいという風に思いました。

ドラマや映画などの撮影でも使われることがあるらしいので、もしかしたらみたことがあるところがあるかもしれませんね。

しかし、僕と同じように電脳九龍城に興味を持った方々はたくさんいらっしゃると思いますので、閉店直近はかなり混雑する可能性もあります。

もしあなたも電脳九龍城に入ってみたいのであれば、10月中に行っておくことをお勧めします!

 

 

まとめ

今回は、

電脳九龍城の閉店理由は?ウェアハウス川崎店が消えるのはなぜ?

と題しまして、電脳九龍城の閉店理由についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。