音楽

馬と鹿MVの洞窟のロケ地はどこ?アクセスやツアーについて調査!

 

 

 

TBS系列のドラマ「ノーサイドゲーム」の主題歌に使われている米津玄師さんの新曲『馬と鹿』。

9がる3日にはYoutube場でMVを公開し、9月8日の時点でもう800万回以上再生されているほど注目されています!

そんな「馬と鹿」のMVですが、撮影地はどこか気になりますよね!

今回は、

馬と鹿MVの洞窟のロケ地はどこ?アクセスやツアーについて調査!

と題しまして、馬と鹿MVの洞窟のロケ地はどこなのか、またアクセスやツアーについてお伝えしていきます!

馬と鹿MVの洞窟のシーン

 

「馬と鹿」のMVです!

 

この洞窟っぽいところですね。

上にあいている穴から光が入ってくる景色は、なんだか神秘的ですよね。

どこかの宗教的な建物の中かなとも思えたりします。

米津玄師さんがこの洞窟のなかで一人で歌っているシーンはとても映えていますよね。

多くの人に押さえつけられているシーンはなんだか怖いです。

同じところだとは思うのですが、なんか雰囲気が違いますよね。

この大勢の人は何かを意味したりしているのでしょうか?

MVの意味についての考察はこの記事の主旨から変わってきてしまうのでやめますが、本当に毎回変わった演出をしますよね。

今回のMVも米津玄師さんの世界観全開でした!

 

 

馬と鹿MVの洞窟のロケ地はどこ?アクセスやツアーについて調査!

 

さて、本題ですが、この「馬と鹿」のMVに登場する洞窟のロケ地はどこなのでしょうか?

調べてみると、この洞窟は栃木県宇都宮市にある「カネホン採石場」というところでした!!

明るいと全然雰囲気が違いますね!

というか日本だったんですね。

僕がこのMVを最初に見たときこれは海外かな?と少し思ったのですが、全然日本でした笑

よくこんなところ見つけましたよね〜〜。

ロケ地を決めた人は米津さんでしょうか?

この採石場に目を留めるなんてセンスがすごいと思いました!

実際の撮影場所は中だそうですね。

 

中はこんな風になっているようです。

少し天井がひらけているところでしょうか?

行ってみたいですね!!

 

カネホン採石場へのアクセス

カネホン採石場は、上でも言いましたが栃木県の宇都宮市にあります。


アクセスの仕方ですが、車と交通機関の2種類ご紹介します!

車でお越しの場合

宇都宮市大谷町209番地でナビ。東北自動車道「宇都宮IC」より8分、東北自動車道「鹿沼IC」より20分

交通機関でお越しの場合

  • JR宇都宮駅西口大谷経由立岩行」バス35分⇒バス停「立岩」より徒歩3分
  • 東武宇都宮駅より徒歩2分、バス停「東武駅前」乗車「大谷経由立岩行」バス22分⇒バス停「立岩」より徒歩3分  

 

カネホン採石場の見学ツアー

この「海と鹿」のMVでロケ地として使用されたカネホン採石場ですが、普通は中まで入れません。

実際に撮影したロケ地まで行くには、ツアーに参加するしかありません。

このツアーでは、壮大な30mを超えて切り立つ岩盤を間近でみることができます。

現在も砕石は行われているので、”生きた採掘場”を生でみられるんです!

探索だけでなく、石釜ピザを食べたり、石のつかみ取りをしたり、表札を作ったりなど、いろいろな体験ができます!

この見学ツアー自体とても楽しむことができるものとなっていますので、「海と鹿」のロケ地となったことが判明した今予約は埋まっているのではないでしょうか?

皆さんもぜひ休日に行ってみてください!

 

カネホン採石場見学ツー詳細

曜日 土日祝日
時間 10:00~ /11:00~ /13:00~ /14:00~
所要時間 40分程度
定員 最大20名
料金 お一人様500円〜(長靴・ヘルメット無料貸与)

※団体割引あり(お問い合わせしてください)

年齢 10歳〜
予約 TEL:028-678-8802

WEB予約:公式HPより

 

まとめ

今回は、

馬と鹿MVの洞窟のロケ地はどこ?アクセスやツアーについて調査!

と題しまして、馬と鹿MVの洞窟のロケ地はどこなのか、またアクセスやツアーについて調査しましたが、いかがでしたでしょうか。

まさか栃木県にあるなんて!笑

僕は東京に住んでしますが、これなら日帰りで行けちゃいますね!

米津ファンとしては是非とも行ってみたいです!

皆さんも是非ツアーに参加して「海と鹿」の世界に浸ってみてください!