最新情報をお届け

  1. TV
  2. 23 view

【G線上のあなたと私】主題歌の歌詞や配信日は?リリース情報も!

 

 

1015日(火)よる10時からスタートするドラマ「G線上のあなたと私」のオープニング主題歌を、若手男女混成4人組バンドの「緑黄色社会」(リョクシャカ)が担当することに決定しました。

「緑黄色社会」(リョクシャカ)といえば201819年の「ブレイク必至」、「キラーチューン」等と最近大注目を集めており、発表日や発売日が気になりますよね。

それを待ちきれない方はPVや歌詞も知りたいと思います。

今回は、G線上のあなたと私】主題歌の歌詞や配信日は?リリース情報も!

と題しまして、「G線上のあなたと私」の主題歌の発表日、配信日や、ストーリー・あらすじについてもお伝えしていきます!

G線上のあなたと私】主題歌の歌詞

今回、ドラマ「G線上のあなたと私」のオープニング主題歌に決定した「sabotage」(サボタージュ)の歌詞の情報は、930日時点ではまだ公表されていませんでしたが、自分らしさを追い求め、不器用ながらもがむしゃらに前を向く主人公の姿が描かれているのではないかと思います!

もがき挑戦を続ける日々に勇気を与える応援歌のような感じの歌なのではないでしょうか?!

 

G線上のあなたと私】主題歌の配信日・リリース情報

本ドラマのために書き下ろされた主題歌「sabotage」(サボタージュ)のリリース情報は、配信日は1016日(水)、116日(水)にCDリリースといった流れとなっています。緑黄色社会がドラマ主題歌を担当するのは、今回が初めてとなります。

放映チャンネルであるTBSから、主演の長屋さんへの事前インタビューによりますと、「前向きで元気が出るアップテンポで爽やかな楽曲が、ドラマの世界観にマッチするような曲調に仕上がっている」とのことです。

 

G線上のあなたと私】主題歌を担当する緑黄色社会とは?

ドラマ「G線上のあなたと私」のオープニング主題歌を担当する「緑黄色社会」は愛知県出身の男女混成バンドで、2012年に活動を開始しました。所属レーベルは、ソニー・ミュージック・レーベルズ内のエピック・レコード・ジャパンで、略称は「リョクシャカ」です。

メンバーは4人構成で、透明感と力強い独特な歌声を備え持つボーカルの長屋晴子(ながやはるこ)さん、個性的で型にはまらないフレーズが魅力的なキーボード・コーラス担当peppe(ペッペ)さん、柔軟で耳に心地よいギター・サブボーカルの小林壱誓(こばやしいっせい)さん、最年少でバンドを支えるベース・コーラスの穴見真吾(あなみしんご)さん。

長屋さん・peppeさん・小林さんの同級生3人(24歳)が高校生の時にSNSで知り合い、バンド組成を決意しました。そこに、小林さんの幼馴染で年齢が2つ下(22歳)の穴見さんが加わり正式にバンドが結成しました。

多くの楽曲の作詞・作曲を長屋が担当していますが、ほかのメンバーが担当することもあります。

ちなみにバンド名の由来はやはり「緑黄色野菜」で、長屋さんが野菜ジュースにはまっており、それをほかのメンバーが噛んで言い間違えたことがきっかけとなったとのことです。

 

G線上のあなたと私】のストーリー・あらすじ

G線上のあなたと私」は大人女子向け恋愛マンガの名手いくえみ綾(りょう)原作の同名マンガをドラマ化したものです。元OL25歳で寿退職当日に「他に好きな人が出来たから」と、婚約者から一方的に婚約を破棄される小暮也映子(こぐれやえこ)を波留(はる)が主演します。

傷心の中、也映子はふらりと立ち寄ったCDショップで流れていた「G線上のアリア」に心を奪われ、自分でこの曲を弾いてみたいと思い、大人のバイオリン教室に入ることから、趣味を通したゆるい人間関係が心地よいストーリーが展開していきます。

 

まとめ

G線上のあなたと私」の先行発表日は20191016日(水)、リリース日は2019116日(水)の予定です。

101日時点で、オープニング主題歌「sabotage」(サボタージュ)の歌詞は未定ですが、ボーカル長屋さんの力強く透明感のある歌声が映えるアップテンポな曲調に、向かい風のような前向きで元気が出る曲に仕上がっているのではないでしょうか?!

 

TVの最近記事

  1. 「逃げ恥」ドラマ続編が決定!放送日はいつ?あらすじは?ネットの反応は?

  2. 「恋はつづくよどこまでも」のロケ地は?ドラマアカデミー賞で5冠達成!ネットの反応は?

  3. 「鍵のかかった部屋」が帰ってくる!主題歌は嵐?ネットの反応は?

  4. それスノって何?Snow Man初の冠番組!ネットの反応は?

  5. TKO木下さんがパワハラ?ワイドナショーに生出演!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。