最新情報をお届け

  1. イベント
  2. 11 view

CCさくら展2019大阪の混雑状況と待ち時間は?グッズは売り切れ?

 

CC(カードキャプター)さくら展が今年(2019年)も、大阪ひらかたパークにて開催されます。

昨年度のCCさくら展はかなりの大盛況で、混雑している時間帯はかなり待ち時間も長かった印象があります。

今年はどのくらい混雑し、待ち時間はどのくらいなのでしょうか。

せっかく行っても、混雑で原画があまり見えなかったり、待ち時間が長すぎて時間がなくなりグッズなど吟味する時間が無くなったりしたら嫌ですよね。

今回は、CCさくら展2019大阪の混雑状況と待ち時間について、またグッズは売り切れ流のかについてお伝えしていきます!!

 

CCさくら展の混雑状況と待ち時間は?

CCさくら展2019大阪の混雑状況と待ち時間はどのくらいなのでしょうか。

昨年のCCさくら展2018大阪に行った方々の反応を見ていきましょう。

https://twitter.com/FJYUUNO/status/1055771866600681474?s=20

https://twitter.com/clampanda1622/status/1068674215501414401?s=20

 

日や時間帯によってかなり待ち時間は変わるそうです。

1時間以上待つ時もあれば、20分ほどで入れることもあるようです。

探して結果最も長かったのは140分待ちでした、、、。

テーマパークのアトラクション並みですね。

グッス列での待ち時間も1時間半などということもあったそうです。

今年は東京ではなく大阪ですので去年と比べると少しはマシかもしれませんが、それでもかなりの人が押し寄せると考えられます。

特に土日祝日はかなり混む傾向にありますので、混雑を避けたいという方は平日に行くようにしましょう。

また、時間帯によっても混雑状況は変わります。

昼過ぎくらいまでが一番混みますので、夕方などに行くと比較的ゆったり見ることができるでしょう。

ツイッターなどで「カードキャプターさくら展」と検索すると、リアルタイムで混雑状況や待ち時間を投稿している方がいる可能性がありますので、そちらの方も利用するといいかなと思います。

 

CCさくら展のグッズは売り切れる?

 

CCさくら展のグッズは売り切れるのでしょうか。

去年のCCさくら展2018の様子を見ていきましょう。

https://twitter.com/korokoroasagi/status/1061261827143692289?s=20

CCさくら展のグッズはお手頃な値段のものが多いため、売り切れる商品が続出するそうです。

人気の商品はすぐに売る切れてしまったと言います。

お目当ての商品がある方は、早めに行くのがいいでしょう。

もし足を運んだ際にお目当ての商品が売り切れていた場合も、諦めてはいけません。

どうやら、売り切れた商品はすこしすると再入荷するそうです。

少し時間をおいて行ったらあるかもしれませんので、諦めず何回もトライしてみましょう。

みなさんの反応

CCさくら展2019大阪に対するみなさんの反応を見ていきましょう。

https://twitter.com/ayapeso_mam/status/1136154484206292992?s=20

みなさんかなり楽しみにしているようです。

ポスターを見て知ったという方が置いようです。

東京の方ではあまり見かけませんが大阪の方では電車内広告がたくさん貼られているのでしょうか。

やはりCCさくら展にいきたいと行っている方は小さい頃にアニメでCCさくらを見ていた世代の方々でした。

20〜30代の方々でしょうか。

男女の境なく色々な方に人気な作品ですので、会場はかなり顔ぶれ豊かな空間となるでしょう。

 

まとめ

今回は、CCさくら展2019大阪の混雑状況と待ち時間、グッズは売り切れるのかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

CCさくらのファンとしては、絶対に見逃せないイベントです。

きちんとリサーチして空いている時間を狙っていきましょう!

 

イベントの最近記事

  1. トリキの錬金術とは?GoToイートでポイント荒稼ぎする方法が話題!ネットの反応は?

  2. 刀剣乱舞マンチョコのシークレット判明!ファミマ売切れ続出?ネットの反応は?

  3. 東京ディズニーランドに新エリアオープン!スタンバイパスって何?エントリー受付との違いは?

  4. 2020福島高校野球!聖光学院が前人未到の夏14連覇!ネットの反応は?

  5. 舞台「刀剣乱舞」ガラシャ役の七海ひろきさんってどんな人?ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。