イベント

舞台「刀剣乱舞」ガラシャ役の七海ひろきさんってどんな人?ネットの反応は?

舞台「刀剣乱舞」2020年夏公演の追加キャストに、細川ガラシャ役で七海ひろきさんが発表されました。
七海ひろきさんって、どんな人なのでしょうか?

ガラシャ役七海ひろきさんは元宝塚の男役


舞台「刀剣乱舞」は、日本刀の名刀を擬人化した刀剣男士を育成するシミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を舞台化したもので、2016年から続く人気作品です。

刀剣乱舞の舞台には、舞台版として「刀ステ」とミュージカル版の「刀ミュ」があり、今回は刀ステの公演です。

2020年夏公演は、6月12日から東京・天王洲 銀河劇場を皮切りに、兵庫・福岡の地方公演へと続き、その後には東京・品川プリンスホテルのステラボールと日本青年館ホールで8月まで公演が予定されています。

舞台「刀剣乱舞」出演者

  • 歌仙兼定:和田琢磨
  • 山姥切長義:梅津瑞樹
  • にっかり青江:佐野真白
  • 亀甲貞宗:松井勇歩
  • 獅子王:伊崎龍次郎
  • 篭手切江:大見拓土
  • 古今伝授の太刀:塚本凌生
  • 地蔵行平:星元裕月
  • 細川ガラシャ:七海ひろき

七海ひろきさんは細川ガラシャ役で、今回が初出演です。
「刀剣乱舞」の舞台で女性が出演するのは、七海ひろきさんが初ということで話題になっています。

女性役で舞台に出演するのが、宝塚退団後初めてになる七海ひろきさんは、次のようにコメントしています。

舞台『刀剣乱舞』というビッグプロジェクトに参加できますこと、そして、戦国の世で毅然と最後まで信念を持った細川ガラシャという素敵なお役を演じられますこと、大きなプレッシャーを感じつつも、大変光栄に思います。
宝塚歌劇団退団して舞台で女性を演じるのは初めてのことですので私にとって、新たな挑戦です。
このような状況の中での発表となりますが、舞台に立つからには自分にできる最大限を発揮できるように精進致します。

引用:七海ひろき Official Website 舞台『刀剣乱舞』2020年夏公演」細川ガラシャ役 出演決定

七海ひろきさんは、茨城県水戸市の出身。
2001年に宝塚音楽学校に入学し、2003年に宝塚歌劇団に89期生として入団しました。

身長173.5センチという高身長で、宙組に配属後、星組に組替えをし「カイ」という愛称で男役として活躍しました。

2019年3月に宝塚を退団後は、役者・歌手・声優・ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍されています。

宝塚を退団された後もショートヘアーで男っぽい雰囲気の七海さん。
宝塚時代の男役だった七海ひろきさんのファンが寂しくないようにという配慮だとか。

退団後に開始したTwitterやLINE LIVEも人気で、佐藤健さんばりの「彼氏」のようなつぶやきにファンはキュンキュンです。

そんなカッコイイ七海ひろきさんが刀ステの舞台に出演するとの発表で、ファンは大喜びです。

ネットの反応は

宝塚時代からのファンの方からは「カイちゃん」と呼ばれています。
女性ですが見た目も中身もイケメンなカイちゃんです。
刀ステファンの方も舞台でカイちゃんを見たら、きっと好きになると思いますよ。

 

宝塚時代は多くの歴史上の人物を演じてきた七海ひろきさん。
女性役のスカーレットもお美しいですね。
着物姿の細川ガラシャ役も楽しみですね!

人気シリーズの刀ステなので、チケット争奪だと思います。
そこへ宝塚ファンが入ってくると思うと、これはなかなかチケットの入手が厳しくなるのではないでしょうか。

 

七海ひろきさんをご存知ない刀ステファンの方、これを機に七海ひろきさんのファンになるのではないでしょうか?

まとめ

刀ステファンも宝塚ファンも楽しみな、七海ひろきさんの細川ガラシャ。
公演が楽しみですね!