GW

ひたち海浜公園2019GWの混雑状況!ネモフィラの開花予想も!

 

今年のGW(ゴールデンウィーク)はなんと10連休です!

みなさん旅行に行ったりすると思いますが、どこに行くかおなたみの方はいるのではないでしょうか。

そんなみなさんにお勧めしたいのが、国営ひたち海浜公園です!

国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市の大平洋岸にあり、春にはネモフィラスイセンチューリップを楽しむことができます!

今年のGWに家族やカップルで訪れてみてはいかがでしょうか。

しかし、みなさん気になるのは混雑状況と花の開花予想だと思います。

せっかく行っても渋滞や混雑していたり花があまり咲いていなかったりして楽しさが半減してしまっては困りますもんね、、、。

今回は国営ひたち海浜公園2019GW(ゴールデンウィーク)の混雑状況と、ネモフィラの開花予想をお伝えしていきたいと思います!

 

ひたち海浜公園2019GWの混雑状況は?

国営ひたち海浜公園2019GWの混雑状況を予想していきましょう。

まず結論から言いますと、混雑することは間違いないと言っていいでしょう。

特に土日は激混みだと思われます。

例年高速道路を含め道路は大渋滞し、チケットを購入するのに1時間以上待つこともあるようです。

電車やバスを使うのがいいと思います。

東京からなら、高速バスや電車で水戸駅まで行き、水戸からひたち海浜公園の最寄り駅であるJR勝田駅まで電車で行くのがいいと思います。

勝田駅からは路線バスを利用してひたち海浜公園まで行きましょう。

チケットを買うのに並ぶのは避けられませんが、渋滞に捕まることはありません。

 

とは言っても、園内は広いので入ってしまえばそこまで混雑を感じないと思います。

入るまでが大変かもしれないということですね。

また、時間帯によっても混雑状況は変わります。

ひたち海浜公園の混雑のピークは主にお昼時(12時前後)です。少しでも混雑を回避したいという方はこの時間帯を避けて来園しましょう。

また、雨の日も狙いどきです。当然のことながら人は少ないので比較的スムーズに入園することができると思います。

しかし雨の日は地面がぬかるんでいたりするのでデートでくるのはお勧めしません。

 

ひたち海浜公園2019GWのネモフィラの開花予想は?

ネモフィラとは、北アメリカ原産の一年草です。春は花が咲き誇り丘一面を青く染め空と海の青と溶け合う風景を楽しむことができます。

ネモフィラの開花時期もみなさんが気になるポイントだと思います。ひたち海浜公園2019年GWの時期のネモフィラの開花予想をしていきましょう。

ネモフィラの開花時期は例年4月の中旬から5月上旬頃ですが、年によって前後します。

昨年の満開時期は4月の中旬ごろで、GW(ゴールデンウィーク)の頃よりすこし早く満開となりました。

国営ひたち海浜公園の公式ホームページではネモフィラの開花予想を公開していますが、2019年の開花予想はただいま準備中とのことです。

正確な時期はわかりませんが、GWの時に満開になるといいですね。

そうであることを祈りましょう。

去年の口コミ

 

何と言っても、信用できるのは実際に行った人たちの口コミだと思います。

昨年国営ひたち海浜公園に行った方々の口コミを見ていきましょう。

みなさんかなり満足している様子です。

写真を見ても、壮大な景色が広がっていることがわかります。

園内はかなり広そうですね。これならいくら混雑していても園内で混雑を感じることはなさそうです。

今年もこんな景色が観れるといいですね。

期待しておきましょう!

まとめ

今回は、国営ひたち海浜公園2019GWの混雑状況と、ネモフィラの開花予想をしましたがいかがでしたでしょうか。

2019年のGWは長いため、行く場所の選択肢が多くて迷うと思います。

全国にはたくさんの観光スポットがあり、どの場所もとても素敵な場所です。

しかしもしも丘一面に広がるネモフィラを見たいと少しでも思ったなら是非とも国営ひたち海浜公園も選択肢の一つに入れてみてください!