Rooomtech Matomethod
ニュース

デイリー新潮が高市候補バッシング?霞が関官僚が選ぶのは岸田か

官僚が語る総裁選候補「高市は最初からナシ?:」

デイリー新潮の総裁選候補評が高市バッシングか

デイリー新潮オンラインがリリースされ、霞が関官僚が占う総裁選という記事がネットで話題になっています。

霞が関官僚が、誰が政治のトップになったら官僚としては怖いか、といった切り口で、岸田、河野候補について官僚の評判などを評しています。官僚AとBが登場しそれぞれが候補を評価するわけです。

曰く、河野大臣はパワハラ体質というより、官僚のレクチャーをよく聞く人、熱心だというような評価。

また岸田氏については、レクチャーをあまり聞いていなくて眠そうにしている、という官僚の評価。でもいきなり激怒して、広島やくざのようだ、という。

うーん、ここまで読んでおかしいとおもいませんか??

官僚は河野大臣が熱心だと評価しているという内容なんです。この記事は河野さんを支持したい人物の意向が働いているのかもしれませんね。

高市さんは話が長い女??

そして高市さんについて、登場する官僚Cは以下のように述べます。

「諮問会議は忙しい人が時間をやりくりして出ているのに、高市さんは『私は私は』と、テーマに関係ない話を延々とするんだよね…」  

高市の後見人は森喜朗元総理。森は、女性の出席する会議は長いという舌禍事件を起こしてオリパラ組織委員会会長辞任に追い込まれた。まさか、愛弟子・高市のことが頭にあったのか。

これひどくないですか??高市さんは話が長いという官僚の評価を載せています。しかも、森元総理の「女の話は長い」事件を引き合いに出して、きわめて男尊女卑的な高市さんの真の能力を問うことない印象だけの駄話を載せているのです。

しかも、結びは、

なお、官僚による高市への評価自体が少なかった。このことから、霞が関では「高市総理」を想定していないことが読み取れる。

最初から高市さんは話題にあがっていないので、高市さんはしょせん泡沫候補とでもいいたげです。

そもそもこの記事に登場する官僚は3名。いったい何人の官僚に取材をしてそう結論したのでしょうか。

そもそも、この官僚ABCって実在するんですかね。

ただの高市バッシングな気がします。

 

現役官僚もこの記事について一言

例のアベノマスク仕掛け人である、佐伯耕三秘書官がデイリー新潮に何かしかけていることを匂わせています。

佐伯秘書官といえば安倍総理の懐刀で、ちょっとズレた、スピーチライターとして知られいます。

安倍さんが優雅に愛犬とおちゃを飲んで優雅にステイホームするずれた広報戦略で、おなじみの佐伯秘書官。やじ官僚としても有名です。

佐伯秘書官が、

デイリー新潮は高市嫌い??

デイリー新潮は選手の週刊新潮でも、高市さんのバッシングネタをのせていますね。

そもそもこういった週刊誌の読者層は、高齢者男性ですよね。そうすると高齢者男性からすると、高市さんのような、できる女というのは基本的に嫌われるので、話の長い女は政治ができない、と適当にむすんでおけば、読者が喜ぶとおもっているのでしょう。

高市氏の総裁選勝利までの道筋はこういったオールドメディアのつまらない足の引っ張りを蹴散らす難しい道なのかもしれません。

高市氏のブレーンは高市さんのメタル好きといったプライベート評で好感度を上げる戦略のようですよ。

高市総理大臣候補のカラオケ動画が発掘される!素顔は虎党でメタル好き?女性初の総理大臣候補高市氏がカラオケ披露 高市氏がXJapanを熱唱 “歌を愛する”芸能人、スポーツ選手、有名人が、ジャンルを問わず...