日本

郵便局の土曜日配達廃止はいつから?理由や配達日への影響なども!

 

総務省の有識者委員会は6日、郵便サービスの見直しに関する議論の取りまとめ案を了承しました。

そこには、普通扱いの手紙やはがきなどの郵便物は土曜日配達を取りやめる制度変更が明記されていたとのことです。

土曜日の配達がなくなるということは、我々の生活にも少なからず影響を及ぼします。

郵便局の土曜日配達廃止はいつからなのでしょうか。また、その理由や配達美への影響などはどうなのでしょうか。

今回は、

郵便局の土曜日配達廃止はいつから?理由や配達日への影響なども!

と題しまして、郵便局の土曜日配達廃止はいつからなのかということと、その理由、配達日への影響などについてお伝えしていきます!

郵便局の土曜日配達廃止はいつから?

郵便局の土曜日配達廃止はいつからなのでしょうか。

総務省の発表によりますと、早ければ今年の秋の臨時国会で必要な法改正を目指し、来年にも廃止となる見通しだとのことです。

この宣言通り今年の秋に必要な法改正の見通しがたった場合は、来年の秋に郵便局の土曜日配達は廃止されるのかと思います。

今はまだ決定事項ではなく、まだ色々な検討てんがあるため、これからの議論などによっては大きく遅れる場合や、そもそもこの議案自体が棄却される可能性もなくはないです。

つまりどいうことかと言いますと、早くて来年の秋に郵便局の土曜日配達は廃止となるかもしれないということです!

 

郵便局の土曜日配達廃止の理由は?

そもそも、なぜ郵便局の土曜日配達を廃止するという流れになったのでしょうか。

その理由は、大きく分けて二つあります。

一つ目は、インターネットの普及です。

インターネットの普及により、人はいつでも、どこでも、すぐに、簡単にメッセージを送り合うことができるようになりました。

少し前まではメールが多かったですが、今ではLINEなどのSNSが主流になっています。

これにより、手紙という風習はあまり使われなくなっています。

正式な書類を送ったり、年賀状、暑中見舞いなどの日本独自の習慣的なものの際ではないと手紙などは使わないという方が多いのではないでしょうか。

今の子供は、ポストに手紙を投函するという行為を行ったことがないという人もいるそうです。

それだけ、手紙を使用する場面が減ったのです。

このため、土曜日に配達を行う必要性が薄くなっていきているというのがまず一つ目の理由として挙げられます。

二つ目の理由は、人手不足です。

郵便局は今労働者が足りていなく、人手が不足している状態です。

土曜日配達があると、郵便局の職員の労働時間がかなり長くなってしまい、負担となってしまいます。

その状態を改善するために、土曜日配達を廃止するというのが二つ目の理由です。

 

郵便局の土曜日配達廃止による配達日への影響なども!

郵便局の土曜日配達が廃止されると、配達日などに影響が出ると考えられます、

今までは、木曜日に差し出した郵便物は金曜日、金曜日に差し出した郵便物は土曜日に配達されることになっています。

しかし土曜日配達が廃止されますと、木曜日と金曜日に差し出した郵便物はともに月曜日の配達となってしまうようです。

郵便物を扱うことの多い方や企業は、かなりの打撃となってしまう可能性がありますね。

働き方改革という世の中の風潮を考えますとこのような変更が加えられるのはしょうがないと思いますが、配達が滞ることだけはないようにしていただきたいですね!

まとめ

今回は、

郵便局の土曜日配達廃止はいつから?理由や配達日への影響なども!

と題しまして、郵便局の土曜日配達廃止はいつからなのかということと、その理由、配達日への影響などについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

この制度変更が行われるとしてもまだ少し先のことにはなりそうですが、早いうちからどのような変化が起こるの赤は知っておいたほうが良さそうですね。

今回紹介した影響以外でも何か変化が起こる場面があるかもしれませんので、皆さん、きをつけておきましょう!