最新情報をお届け

  1. ニュース
  2. 4 view

韓国旅行は安全or危険?2019年の渡航はやめたほうがいい?

 

日本の、韓国のホワイト国除外決定から、日韓関係の悪化が見られています。

日本が韓国をホワイト国から除外した理由は、韓国企業の管理がずさんで、兵器などの材料になりうる危険な物資が北朝鮮とつながっている国にへせいに輸出されていたということが判明したからです。

このホワイト国除外を受けて韓国の国民は憤慨して半日活動を続けています。

そして8月6日、韓国は日本への旅行制限も検討しているということを発表しました。

これは現在、反日の活動が大きくなりすぎて日本に危険な物資を持ち込む人が現れる可能性があるという懸念から行われる措置です。

韓国といえば、日本人がよく旅行で訪れる国でもあり、今年の夏休みも韓国旅行を計画していた方も多いと思います。

しかし、いま日本と韓国の関係がよろしくない今、韓国旅行は安全なのでしょうか。

2019年の渡航はやめたほうがいいのでしょうか。

今回は、

韓国旅行は安全or危険?2019年の渡航はやめたほうがいい?

と題しまして、

今、韓国旅行は安全なのか危険なのか、また2019年の渡航はやめたほうがいいかについてお伝えしていきます!

 

韓国旅行は安全or危険?

今、韓国旅行をするのは安全なのでしょうか、危険なのでしょうか。

結論から言いますと、「安全ではない可能性がある」です。

実際、外務省は8月4日に韓国への渡航・滞在予定者に対し、半日でもへの注意を呼びかける「スポット情報」を出しました。

日本が韓国をホワイトこくから除外したことによって韓国では半日活動が活発化し、デモなども頻繁に行われていると言います。

外務省は、スポット情報で、韓国在留の邦人や旅行者に、「でもが行われている場所には近づかず、慎重に行動し、無用のトラブルに巻き込まれないよう注意してください」と呼びかけています。

特に、15日には日本の統治からの解放を祝う「光復節」が迫っており、反日活動が活発化する可能性があるため、この時期の韓国旅行は危険な可能性はなくはないです。

韓国旅行を予定していた方の中には、キャンセルしたという方もいました。

しかし、危険と断言することもできません。

実際に韓国に行った方々は、このように言っています。

実際のところ、いま日本人が韓国に言っても直接何かされるというようなことはないのかもしれません。

マスコミが少し過剰に報道しているという可能性もありますね。

2019年の韓国への渡航はやめたほうがいい?

では、2019年に韓国への渡航はやめたほうがいいのでしょうか。

僕と同じような疑問を持っている方はかなりいました。

 

実際のところどうなのでしょうか。

上でも言いましたが、今の時期の韓国旅行は安全だとは言えません。

しかし、まだ実際に韓国にいる日本人が危害を加えられたという事実もありません。

どうやら、韓国人は日本の政治は嫌いだが、日本人自体が嫌いなわけではないということです。

 

 

なので、韓国旅行に行ったとしてもそこまで危険ではないかもしれません。

しかし、その他の懸念事項はあります。

やはり韓国人の中には日本人に対して負の感情を持っている方が少なからずいますので、雰囲気的に嫌な気持ちになるかもしれません。

また、韓国は日本への旅行制限をしましたので、最悪の場合日本に帰ってこれなくなる可能性もあります。

絶対に韓国に行きたい!という感情が特にないのであれば、他の国に変更するのが安全アナのではないでしょうか。

まとめ

 

今回は、

今、韓国旅行は安全か危険か!2019年の渡航はやめたほうがいい?

と題しまして今、韓国旅行は安全なのか危険なのか、また2019年の渡航はやめたほうがいい華道家についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

今、韓国では反日活動が活発化しています。

やはり今は行かないほうがいいといえるでしょう。

日本の旅行会社の方もこの事実は知っていると思いますので、キャンセル料をなくしたり、無料、もしくは差額を支払うだけで行き先を変更することのできるキャンペーンなどを行うかもしれませんね!

この夏、韓国旅行を予定していた方は残念ですが、また日韓関係が落ち着いてからの訪問がいいと思います。

 

ニュースの最近記事

  1. 夫の産休創設、妻と比べて期間は?もらえるお金は?ネットの反応

  2. 生活保護を受給する2つの条件と7つのポイント!働いていても?車、住宅、生命保険、クレジット…

  3. 10万円給付金、最近引越しした人は前の住所で申請するのか?解説!!

  4. 給付金10万円の申請手続き、住民票の住所の確認の仕方

  5. 婚活で女性が非正規雇用の男と会うべきでない理由

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。