世界

韓国はWTO違反でどうなる?罰則や制裁について分かりやすく解説!

 

12日、韓国がついに日本を優遇措置をとる国のグループ(ホワイト国)から日本を除外することを発表しました。

これに対し佐藤正久外務副大臣は、日本による輸出規制強化への対抗措置であれば世界貿易機関(WTO)協定違反だとツイートしました。

日本が韓国をホワイト国から除外したのは韓国の輸出管理体制に問題があるからであり、きちんとした理由があります。

一方で韓国は完全にこの日本の行為への報復であり、貿易上の理由がないためWTO協定違反に該当するとのことです。

しかしみなさん、WTO違反になると韓国はどうなるのかご存知ですか?

今回は、

韓国はWTO違反でどうなる?罰則や制裁について分かりやすく解説!

と題しまして、韓国はWTO違反でどうなるのか、罰則や制裁について分かりやすく解説していきます!

 

韓国はWTO違反でどうなる?罰則や制裁について分かりやすく解説!

韓国がWTO違反であると認められた場合、どうなるのでしょうか?

WTO違反における罰則や制裁についてお伝えしていきます!

実は、WTOの協定違反に対する罰則はそんなにないんです。

2018年に、WTOは報告せずに自国産業の優遇策を続けた国を対象に新たな罰則を設けまました。

WTOは、農業補助金、政府系企業による貿易、製品基準の変更、輸入に影響を及ぼすその他の規則など、貿易関連政策についての報告を加盟国に義務付けていますが、以前まではその報告が守られていませんでした。

そのため、WTOはこの報告を義務化し、報告を行わない国に対して罰則を設けました。

その罰則は、

  • WTOの委員会で議長につかせない
  • 各国の貿易政策を審査する重要会合で質問できない
  • WTOに支払う分担金を増やす
  • 以上の罰則の後さらに1年以上改めなければ、「活動停止国」と認定し、主要な会合での発言機会を議論の最後だけに限定する

 

というようなものでした、まあ簡単にいうと、WTOでの発言権が小さくなるのと、罰金という形ですね。

今回の韓国の日本への報復は「報告をしていない」わけではないのでこれとはまた事例が違いますが、罰則としてはこのような類のものが課せられるのかなと思います。

まあまだWTOで韓国が協定違反をしたと認められたわけではないのでなんとも言えませんが、有識者によりますと今回の韓国の行動はWTO違反と認められる可能性が高いとのことです。

今後、韓国はまだ苦しい言い訳を並べるのでしょうか。

これからどうなるかに注目ですね!

ネットでの反応

 

 

かなり叩かれていますね。

韓国は、日本が韓国をホワイト国から除外した際に「WTO違反だ!」と主張したのにも関わらず、自分からその行為をしました。

これん対し、「自分でWTO違反だと主張した行為をしてる」などの指摘がありました。

ネット上では、「自分が発した悪口や批判が自分自身に当てはまっていて、発言した言葉がそのまま自分に返ってくる現象」を指す言葉である「ブーメラン」という言葉を使って韓国を揶揄していました。

ツイッターで「韓国」と検索しようとすると、「ブーメラン」という言葉が予測として出てきました笑

また、韓国が日本をホワイト国から除外したとしても、韓国製品があまり重要ではない日本にとってそこまで影響はないという意見もありました。

これは少し言い過ぎなような気がしないでもないですが、煽りの要素が入っているのでしょう。

とにかく、日本中の人々が今韓国は頭が悪いというような認識になっています。

もしかしたらこれは日本の報道メディアによる情報操作の結果という可能性も考えられますが、、、、。

とりあえず、韓国を切り捨てるというのでもいいので早い段階で解決してほしいですね!

まとめ

今回は、

韓国はWTO違反でどうなる?罰則や制裁について分かりやすく解説!

と題しまして、韓国はWTO違反でどうなるか、罰則や制裁について分かりやすく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の韓国の措置は自国の首を絞めることになるんどはないかということになっていますが、日韓関係の悪化はどこまでいくのでしょうか。

韓国ではでもが頻繁に行われているようですし、韓国にいくのが怖いですよね。

現地に行った方々によりますと、韓国人が嫌いなのは日本政府であり日本国民ではないので危害は加えられないと行っていますが、それでも怖いですよね。

この夏に韓国旅行を予定していた方々は続々とキャンセルしているようです。

まだまだ長引きそうではありますが、できるだけ早く解決されることを祈っておきましょう!