最新情報をお届け

  1. ニュース
  2. 2 view

佐野サービスエリアの営業再開はいつ?ストライキはいつまで続く?

 

栃木県の佐野サービスエリアが14日の未明より営業を休止していることが話題になっています。

佐野サービスエリアは東北でも有名なサービスエリアで、「佐野ラーメン」を求めて立ち寄るお客さんも多いと言います。

突然の営業休止のため、訪れた方は衝撃を受けたかと思います。

佐野サービスエリアは関東と東北を移動する際に休憩地としても頻繁に利用されますので、このお盆の時期の営業休止は困る方が多いのではないでしょうか。

今回は、

佐野サービスエリアの営業再開はいつ?ストライキはいつまで続く?

と題しまして、佐野サービスエリアの営業再開はいつなのか、またストライキはいつまで続くのかについてお伝えしていきます!

佐野サービずエリアの営業休止の理由は?

 

佐野サービスエリアはなぜ今営業休止しているのでしょうか。

理由はどうやら、従業員によるストライキだそうです。

実際に佐野サービスエリアに行った方々はストライキの声明文が提出されていたという報告をしています。

この声明文によりますと従業員は、

運営会社ケイセイ・フーズ社長の経営方針についていけない

と主張しており、

解雇された部長と支配人の復職と、経営陣の退陣

を求めているようです。

しらべてみたところ、以下の事実が判明しました。

  1. NEXCO東日本から佐野サービスエリアの任されている株式会社ケイセイ・フーズが当選の機器がある遠いう情報が流れた
  2. 業者間の間で情報は一気に広まり、次々と納品が停止された。
  3. ケイセイ・フーズは即金で支払うと業者に連絡して納品再開
  4. 13日、取引先と従業員の支持を受けていた部長が不当解雇、支配人も更迭
  5. 部長は労基に行って戦うつもりだったが、従業員からストライキを提案される
  6. 連絡が取れた従業員は出社を拒否
  7. 佐野サービスエリア営業休止

以上ががざっくりとした流れだそうですね。

なので現状としては、商品は棚に並んでいるものの従業員がいないため営業できないという感じです。

ケイセイ・フーズ株式会社がなぜ佐野サービズエリアの部長の支配人を解雇したのかはわかりませんが、その理由が納得いくものではなかったのが大きな原因なのではないかと思います。

昨日までは普通に営業していたそうですが、一晩でこんなにも大きな行動に移せるものなのですね。

なんというか、ある意味結束力のある職場だなという風に思いました。

しかし、利用客に多大な迷惑をかけているという事実を認識した上でしっかりと後日詳細を説明し、謝罪するべきだとは思います。

 

佐野サービスエリアの営業再開はいつ?ストライキはいつまで続く?

佐野サービスエリアはいつ営業再開するのでしょうか。

また、ストライキはいつまで続くのでしょうか。

これについてはなんとも言い難いですね。

NEXCO東日本が何か対処をするのか、もしくはケイセイ・フーズが従業員たちの要求を飲むかしないと解決はしないのかなと思います。

しかしケイセイ・フーズは倒産の危機とのことなので、いろいろな対応をしている余裕はないかもしれませんね。

NEXCO東日本は、違うテナントを探して任せるしかないのではないでしょうか。

NEXCO東日本は現在、事実確認中で、営業再開を急いでいるとのことです。

事実確認といっても、従業員は出社していないので事情聴取にも時間がかかると思いますので、解決にはもっと時間がかかると思います。

しかし、利用客に大きな迷惑をかけているのは変わりないので、一刻も早く解決し営業を再開してほしいですね。

 

まとめ

今回は、

佐野サービスエリアの営業再開はいつ?ストライキはいつまで続く?

と題しまして、佐野サービスエリアの営業再開はいつなのか、またストライキはいつまで続くのかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

これを知らないで今日佐野サービスエリアに寄った方々は災難でしたね、、。

佐野ラーメンを食べたかったのではないでしょうか。

僕は佐野ラーメンは食べたことありませんが、一度食べてみたいとは思っていました。

早く営業再開するといいですね!

 

 

 

ニュースの最近記事

  1. 夫の産休創設、妻と比べて期間は?もらえるお金は?ネットの反応

  2. 生活保護を受給する2つの条件と7つのポイント!働いていても?車、住宅、生命保険、クレジット…

  3. 10万円給付金、最近引越しした人は前の住所で申請するのか?解説!!

  4. 給付金10万円の申請手続き、住民票の住所の確認の仕方

  5. 婚活で女性が非正規雇用の男と会うべきでない理由

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。