アニメ

物語フェスにライブビューイングはある?一般チケットの倍率は?

 

2019年5月11日(土)に、アニメ<物語>シリーズ10周年記念イベント「物語フェス」が開催されます。

物語シリーズといえば、西尾維新の描く独特な世界観が人気を博し根強いファンが多数いる大人気アニメですので、今回のイベントに注目している方は多いでしょう。

みなさん気になるのはライブビューイングはあるのかということと、一般チケットの倍率はどうなのかだと思います。

ライブビューイングがあれば一般チケットの倍率は減ると思いますし、なかったら上がると思います。

今回は、そんな物語フェスのライブビューイングはあるのか、一般チケットの倍率はどうなのかについてお伝えしていきたいと思います!

 

物語フェスにライブビューイングはある?

 

物語フェスにライブビューイングはあるのでしょうか。

 

結論から言いますと、ない可能性が高いです。

なぜかと言いますと、今回の物語フェスは公式ホームページなどで「キャラクターソングと朗読で彩る一夜限りの祭典」と謳っています。

また、物語フェスの開催決定PVには「映像化なし!一夜限りの夢<物語>」と書いてありますし、その動画の概要欄にも「映像商品化なし」と書いてありますので、ないものだと思っていて良さそうです。

この手のイベントでライブビューイングが無いのは珍しいですが、確かにこうしたほうがイベント自体に参加する価値が増しますね。

ファンの方々からするとそのぶんチケットの倍率が上がるのであまり嬉しいことではないかもしれませんが、もしチケットが手に入った時の嬉しさは増すでしょう。

僕も物語シリーズは大好きなので是非とも参加したいですね。

 

物語フェスの一般チケットの倍率は?

物語フェスの一般チケットの倍率はどうなのでしょうか。

物語フェスには、優先販売申込券というものがあり、これを持っていると一般で購入する人よりも優先的にチケットを購入することができます。

この「優先販売申込券」は、2月27日発売のブルーレイ&DVD「続・終物語 こよみリバース 上」完全生産限定版と、3月27日発売のブルーレイ&DVD「続・終物語 こよみリバース 下」完全生産限定盤の両方を購入すると入手することができます。

チケット自体の値段は8,800円(税抜き)ですが、この優先販売申込券を入手するとなるとかなりの金額となってしまいます。

そのため、一般チケットの購入を考えてる方も多いと思いますが、一般チケットがすぐ売り切れてしまったら意味がありませんよね。

一般チケットの当選倍率についてはあまり断言することはできませんが、絶対に行きたいという方は優先販売申込券を購入することをお勧めします。

特に今回のイベントは一夜限りで映像商品化もされませんので、今までの物語シリーズのイベントと比べて倍率は高いと思います。

おそらくですが価格的に学生の方は入手が困難だと思われますので、優先販売申込券で申込をすれば比較的倍率は低いのではないかと思われます。

抽選の場合先着順ではないですので、今から購入しても遅くはありません。

少し値段は高いですが、このイベントはファンとして逃すわけにはいかないと思いますので、是非購入をご検討してみてください。





物語フェスのイベント内容!


 

みなさんの反応

物語フェスに対するみなさんの反応を見ていきましょう。

もう既にどちらの商品も購入し、優先販売申込券を入手している方が多そうです。

やはりこれから判断する限り一般チケットの当選倍率はかなり高くなるのではないでしょうか。

僕も購入しましたが、ドキドキが止まりません。早く申し込んで、抽選結果を待ちたいです。

まとめ

 

今回は、アニメ<物語>シリーズ10周年記念イベント「物語フェス」にライブビューイングはあるのか、また一般チケットの倍率はどうかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

優先販売申込券を購入した方は明日27日から申込ができるそうです。

みなさんもかなりドキドキしていると思いますが、そんなことしても結果は変わりませんので気長に待つ時ことにしましょう。

もし抽選ではずれてしまった場合も、一般チケットの購入がまだあるので絶望しないようにしましょう。

みなさんのご当選を祈っています!