マンガ

ワンピース映画2019スタンピードのあらすじを公開!海賊万博とは?

大人気漫画「ONE PIECE」の映画「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」が2019年8月9日に公開されることがわかっています。

3月4日発売の習慣少年ジャンプ2019年14号にて、この「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」に登場する劇場版キャラクターのイラストと、あらすじが公開されました。

今回は、公開された映画「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」のあらすじとキャラクターイラストについてお伝えしていきたいと思います!

「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」のあらすじ/海賊万博とは?

上述しましたが、3月4日発売の週刊少年ジャンプにて、「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」のあらすじが公開されました。

 

海賊の海賊による海賊のための世界一の祭典”海賊万博”。万博の主催者”ブエナ・フェスタ”からに招待状を手にした麦わらに一味は、華やかなパビリオン(博覧会城の展示館)が所狭しと並ぶ会場に上陸する。万博の目玉はなんと「海賊王の残した宝探し」!!”最悪の世代”をはじめとする名だたる海賊たちが参戦し、お宝争奪戦はヒートアップ!そんな会場に突如、元ロジャー海賊だんで「”鬼”の跡目」と呼ばれた男”ダグラス・バレット”が乱入し、争奪戦時は大荒れ!!海賊たちを一網打尽にしようと集まった海軍まで巻き込んだ予想不可能の大混乱へと陥っていく!!

このあらすじから判断しますと、どうやら”海賊王の残した宝探し”というものが鍵を握るようですね。万博で宝探しというのもなかなか想像できませんよね。果たして内容はなんなのでしょうか。

というか、作品名の「ワンピース」も、海賊王ゴールド・ロジャーの残した宝探しなのではないでしょうか。

今回の”海賊王の残した宝探し”は果たして「一つなぎの大秘宝(ワンピース)」と関係するということですかね。

まあ、元ロジャー海賊団所属のダグラス・バレットが登場する時点で、ある程度関わってきそうな気はしますね。

しかし、なぜバレットはこの海賊万博に乱入するのでしょうか。

ゴールドロジャーは、団員にも情報をあまり公開していなかったということでしょうか。

それとも、今回の宝探しの標的は何か見つかったらまずいものなのでしょうか。

全く予想がつきませんね、、。気になって仕方がないです、、。

公開されたキャラクターイラスト

今回公開された劇場版キャラクターのイラクとをご紹介します。

ブエナ・フェスタ

劇場版の舞台となる”海賊万博”を主催した人物。アフロヘアーや、ひょうきんな表情が特徴的。彼は一体、何を目論んでいるのか?

ブエナ・フェスタという名前は、ブエナビスタをもじっているのでしょうか笑

「ブエナビスタ」は、スペイン語で「絶景」という意味です。また、競走馬の名前でもあります。

これらが何か関係するのでしょうか。

また、人物紹介のところにも書いてありますが、”海賊万博”で果たして何を目論んでいるのでしょうか。

もしかしたら、「海賊王の残した宝探し」と言って海賊たちの宝を探させ、最終的に自分のものにしようとしているのかもしれませんね。

 

ダグラス・バレット

元ロジャー海賊団所属で、「”鬼”の跡目」と呼ばれていた男。耳が引きちぎれており壮絶な過去が垣間見える。褒賞を数多く所持しており、服に身につけているようだ。

ダグラスについては全く予想がつきませんね。悪魔の実の能力者でしょうか。

腕にフランキーみたいに星の刺青が入っていますが、フランキーと同じように機械人間なんでしょうか。それは考えすぎですかね。

ダグラスの過去の話とかはあるのでしょうか。ロジャーとの話などあったら面白そうですね。

海賊万博に乗り込む理由も気になりますが、考えても拉致があかないのでやめておきます。

 

みなさんの反応

今年公開される「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」に対する反応をついッッターで見て行きましょう!

ワンピース20周年記念の映画ということでみなさんの期待は高いようですね。もう既に前売り券を購入している方も多いようです。

やはりワンピースは人気ですね。場所によては前売り券を買っておかないと公開早々に見ることはできないかもしれません。

特典として缶バッチも付いてくるのでオススメです。

ぜひご購入ください!

まとめ

今回は、「ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」のあらすじと、公開された劇場版キャラクターのイラストをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

海賊万博とは一体なんなのでしょうかね。

まだまだ公開されていないことばかりで予想ばかりになってしまいましたが、ご了承ください。

公開日が待ち遠しいですね。楽しみにしておきましょう!