最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 72 view

シャンプーハットが上方漫才大賞受賞!こいでが改名したのはなぜ?ネットの反応は?

シャンプーハットが上方漫才大賞受賞!

吉本興業所属のお笑いコンビ、シャンプーハット。

ボケ担当のこいでさんと、ツッコミ担当のてつじさんからなるコンビです。

お二人とも大阪出身で、関西を中心に活動しています。

同期は次長課長やブラックマヨネーズ、野性爆弾などがいます。

1994年結成ということで、かなりベテランのコンビですね。

関西ではかなりの人気ぶりなお二人。

テレビ、ラジオ合わせて10本以上のレギュラー番組を持っているんです。

また、どちらも吉本のアイドルグループである、吉本坂46のメンバー。

人気でありながら、東京進出をしないお二人。

その理由としては「東京に行くためにお笑いを始めたのではない」という理由から。

面白いことができれば場所がどこでも構わない」という強い気持ちから、人気が出た大阪で今でも活動を続けているんだそうです。

そんなお二人が、第55回上方漫才大賞を受賞

ツッコミがいない「Wボケ漫才」という新しい漫才の形で、頂点に立ちました。

上方漫才大賞といえば、ますだおかだやフットボールアワー、中川家や千鳥など今大活躍の芸人さんたちが受賞しています。

ジャンプーハットさんは、目標としていた大賞を受賞したということで、本当におめでたいですね。

こいでは改名した?

ボケ担当のこいでさん。

実は2014年の結成20周年ライブで「こいで」という名前に改名しているんです。

それより前は、「小出水 直樹(こいでみず なおき)」という本名で活動していました。

確かに少し読みづらいですし、珍しい名前ではありますよね。

こいでさんが改名した理由、それは「本人であることがバレて、子供達に迷惑がかかるから」。

珍しいお名前ですので、確かにお子様が特定される可能性は高いですよね。

しかし、こいでさんは改名発表後にTwitterでこんなことを述べています。

言われてみれば、あまり意味はないかもしれません。

本名を隠しているわけではないですもんね。

ですが、このような考えに至って改名をしたということで、こいでさんの優しさが伝わってくるのではないでしょうか。

性格が良い方なんだろうなと思いました。

それでは、上方漫才大賞を受賞し話題となったシャンプーハットさんについて、ネットの反応をご紹介したいと思います。

ネットの反応は?

https://twitter.com/08aiko11/status/1248933914279735297

おめでたいですよね!

念願の上方漫才大賞受賞ということで、お祝いの声がたくさん揚がっていました。

関西以外だとあまりネタを見ることができないんですよね。

できればもっと全国レベルでテレビ出演してほしいです。

これを機に少しずつメディア露出をさらに増やしてほしいですね。

https://twitter.com/kobakonoradio/status/1248912866041720832

シャンプーハットの漫才は新しい形ですもんね。

漫才の可能性をさらに広げたコンビだと思います。

https://twitter.com/tevask0144/status/1248913026889084928

こいでさん、優しすぎますね!

有言実行で、とてもかっこいいです。

小籔さんも認めるほどの実力!

ようやく上方漫才大賞受賞ということで、小藪さんも喜んでいると思います。

生で見るとより漫才楽しめるんですよね!

また劇場が開いて漫才が見られるようになってほしいです。

まとめ

今回は、第55回上方漫才大賞を受賞したシャンプーハットさんについてご紹介しました。

新しい形のネタの追求や、東京進出しない理由などを見てみると、お二人のお笑いへの想いを強く感じますよね。

こいでさんの改名理由も、優しさから行われたということで人柄の良さも感じました。

この大賞をきっかけに、いろんな番組で漫才をしてほしいですし、これからも面白いネタをたくさん披露してほしいなと思います!

エンタメの最近記事

  1. Snow Man岩本照はリーダー継続?不祥事で活動自粛から復帰へ!現在はどうしてる?

  2. 道枝駿佑の姉はAKB?なにわ男子はいつデビューできるのか?ネットの反応は?

  3. スカッとポリスが面白い?悪い奴を成敗するYouTubeで気持ちをすっきりさせよう!

  4. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  5. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。