Youtube

チャンネルガードマンのMYの挨拶はなんて言ってる?意味や訳も!

 

チャンネルガードマンが、今話題になっていますね。

メンバーのガードマンさんとMYさんはラッパとしても活躍していますが、今は本業はどっちなのかというくらいyoutubeで有名となりました。

チャンネルガードマンといえば過激なドッキリですが、MYさんがガードマンさんに対してドッキリそずる時、必ず最初に自己紹介しますね。

あれはなんと言っているかわからない方もいると思います。

僕も最初は全く分かりませんでした。

今回は、

チャンネルガードマンMYの挨拶はなんて言ってる?意味や訳も!

と題しまして、チャンネルガードマンのMYさんの挨拶はなんて言っているのか、意味や訳についてお伝えしていきます!

 

チャンネルガードマンMYの挨拶(オープニング)はなんて言ってる?

チャンネルガードマンのMYの挨拶はなんて言っているのでしょうか。

まずは実際の動画を確認してみましょう!

早口でなんと言っているか分からない部分がありますよね。

特に「ワッサー!」の後がなんと言っているわからないと思います。

しかし、毎日チャンネルガードマンの動画を見ているうちに、だんだんとわかるようになっていました。

僕の耳では、以下のように聞こえます。

「ワッサー!アンダーグラウンドレペゼン420(フォートゥーオー)からの発信。どうも MYです。」

違うように聞こえるという方はコメントなどで教えてくださると嬉しいです!

 

チャンネルガードマンMYの挨拶の意味や訳は?

では、チャンネルガードマンのMYさんの挨拶の意味はなんなのでしょうか。

細かく分けて解説していきます!

まず、「ワッサー!」は、英語の「What’s up?」をラッパーのような方々が言う時にそのような発音で言うので、そのことでしょう。

「What’s up?」は、「調子はどう?」などと言う意味があり、英語圏の国では挨拶として使われることも多いです。

「アンダーグラウンド」は、直訳すると「地下」、「地底」などと言う意味となりますが、音楽用語では「過激すぎてメジャーで活躍できない人々や、裏の世界」などと言う意味で使われることもあります。

次の「レペゼン」は、英語の「represent」と言う意味だと思います。

意味は「代表する」と言うような意味ですかね。

「レペゼン」といえば「レペゼン地球」のことを思い浮かべる方も多いと思いますが、実は「レペゼン地球」は「地球を代表する」と言う意味なんだと思います。

「地球を代表するDJ集団」と言う感じですかね。

話をMYさんに戻します。

「420(フォートゥーオー)」は、ガードマンさんとMYさんの出身地である岸和田の市内局番だそうです。

なので全てまとめますと、

「ワッサー!アンダーグラウンドレペゼン420(フォートゥーオー)からの発信。どうも MYです。」

の意味は

「アンダーグラウンドのみんな、調子はどうだい?岸和田を代表する俺から発信するぜ!どうもMYです。」

となりますね。

まあラッパーっぽい挨拶ですね。

すごく挨拶が簡潔なガードマンと対照的になっていて印象づけられていると思います。

「ワッサー!」の部分なんかは真似したくなる方もいるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、

チャンネルガードマンのMYの挨拶はなんて言ってる?意味や訳も!

と題しまして、チャンネルガードマンのMYさんの挨拶はなんて言っているのか、意味や訳について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最近のYoutuberは挨拶が特徴的な方が多いですね。

珍しい挨拶や、思わず口にしてしまうような挨拶は、人の記憶に残ります。

MYさんの挨拶も、「ワッサー!」のところはかなりみなさん言ったことあるのではないでしょうか。

次からは、今日解説したことを頭に思い浮かばながら聞いてみてください。

そのように聞こえるのではないかと思います!