最新情報をお届け

  1. エンタメ
  2. 224 view

ノーブルマン(NOBLEMAN)サラの彼氏は?本業は?タトゥーは?交通事故の原因はリーくんって本当?!

NOBLEMANの動画を見ていると時おり出てくる美人な女性サラさん。

愛らしい顔とおっとりした話し方、リーくんとの掛け合いなどなど見ていて気になる存在ですよね。

果たしてこの女性は一体何者なのでしょうか。

今回は、謎多き女性サラさんに迫っていきます

プロフィール

 

本名:李 サラ?

生年月日:1994711

出身地:韓国江南市

現住所:韓国ソウル市

職業:クラブDJ、歌手、Youtuber

NOBLEMANリーくんとの関係は?彼女なの?

2018124日の動画に初登場以来、NOBLEMANの動画に頻繁に顔を見せてはリーダーのリーくんと仲良さげな様子を見せているこの女性、ご存じの方も多いかと思いますがリーくんの実の妹さんです。

兄妹仲が良いので、見ていてほのぼのしますね。

また、さすがイケメンなリーくんの妹。

サラさんもモデル級に美人でスタイルも抜群です。

サラさんもご自身で「Gatti今日も」というYoutubeチャンネルを運営しています。

サラさんの気になる日常や、ダイエット方法など垣間見れるので気になる方は覗いてみてください。

気になる彼氏は韓国でもBIGネームのあの人!?

2018216日に投稿された動画でサラさんは彼氏の存在を明かしています

後に彼氏は韓国でも超有名なラッパー“EK”さんということが判明。

このEKさんという方、新進気鋭のラッパーとしてアジアでも注目されている人です。

2018年には同じくアジアで熱視線を集める中国人ラッパーXZTさん、ベトナム人ラッパー

Suboiさんと共に、日本の歌姫である宇多田ヒカルさんと「Too Proud」という曲でフィーチャリングしています。

韓国国内でもラッパー界の大型ルーキーとして注目の的である人が彼氏だなんてすごいですね。

余談ですが、リーくんはかなりのシスコンです。

妹に彼氏など認めん!と息巻いた動画も面白いので、ぜひNOBLEMANの動画をチェックしてみてください。

気になるサラさんの本業は何?

サラさんの本業はクラブDJと思って間違いないでしょう。

先ほど紹介した彼氏の影響ですかね。

2人ともHIPHOP界で活躍するなんてお似合いすぎます。

その他にも日本では兄のリーくんがいる事務所のKiiiにYoutuberとして所属しています。

気になるタトゥーの噂は?怪しい人なの?

動画を見ているとちらちら見えるタトゥー。

本物でしょうね。

韓国では日本よりもタトゥーに寛容なので、ファッション感覚で入れている人も多いようです。

またお仕事がお仕事だけに特に問題はないのでしょう。

交通事故の原因はリーくん?!詳細と容態について

サラさんは2019年9月に交通事故にあっています。

バイクで帰宅途中、後ろから自動車に追突されたそうです。

全身打撲、頭を三針を縫うケガを負い、その様子が動画にもあげられているのですが病院のベッドに座り、ガーゼだらけで笑顔で話す様子は見ていてとても痛々しく事故の悲惨さを物語っています。

現在は元気に活動されているので後遺症もなさそうです。

回復して本当に良かったですね。

事故の原因がリーくんではないかと噂されていた理由についてですが、事故の数日前にNOBLEMANが北朝鮮の総書記をいじるような内容の動画を上げています。

その動画を見た北朝鮮関係者の陰謀ではないかということ憶測みたいですね。

真実は分かりませんが、北朝鮮も一Youtuberに対してどうこうしている暇はないと思うので可能性としてはかなり低いと思います。

まとめ

NOBLEMANリーくんの妹、サラさんについて深堀してみましたがいかがでしたでしょうか?

兄であるリーくんも才能の塊であれば、彼氏もラッパーで名を馳せている大物。

自身もDJYoutuberとして活躍しているなんて周りの環境も含めて、凄すぎませんか?

今後もさらに活躍していくであろうサラさんから目が離せませんね。

エンタメの最近記事

  1. 道枝駿佑の姉はAKB?なにわ男子はいつデビューできるのか?ネットの反応は?

  2. スカッとポリスが面白い?悪い奴を成敗するYouTubeで気持ちをすっきりさせよう!

  3. 中島裕翔の弟、来弥の大学は?元ジャニーズだったって本当?Hey!Say!JUMPのMVがS…

  4. 小島よしおと嫁の小松愛唯との馴れ初めは?ハローキティとのポップコーンコラボ動画が話題!ネッ…

  5. 渡辺翔太に彼女はいる?佐野ひなこの匂わせは?「ゆな」に「みほ」って誰なの?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。