イベント

パンのフェス2019春の混雑と売れ切れ予想!優先入場券は買うべき?

3月の1日(金)、2日(土)、3日(日)に、「パンのフェス2019春」が開催されます!

「パンのフェス2019春」とは、パン好きのパン好きによるパン好きのための祭典で、日本最大級のパンイベントです。

2016年春に初開催してからこれまで約60万人もの方が来場し、大好評のイベントとなっております。会場は横浜の赤レンガ倉庫です。

神奈川の有名店はもちろん、全国から人気店が集まります。各店の看板商品に加え、パンのフェス2019春限定のメニューも数多く売りだされるので要チェックです!

しかし、人気のイベントで気になるのは、やはり混雑予想と売り切れ情報ですよね。せっかく行っても寒い中長時間待たされたらたまったものじゃありませんし、その上欲しい商品が売り切れていて買えなかったらいやだと思います。

なので今回は、「パンのフェス2019春」の混雑予想と売り切れ予想、また優先入場券は買うべきかどうかということをお伝えしていきます!

パンのフェス2019春の混雑予想!

パンのフェス2019春は、毎年多くのパン好きの人たちで賑わいます。かなりの混雑になると思いますので、覚悟をしておきましょう。

パンのフェス2019春の公式サイトには、当日の来場者数によっては希望のお客様全てにお買い上げいただけない可能性がありますと書いてあり、開催前から相当な混雑を想定しているようです。

去年のパンのフェス2018春の様子を見てみましょう。

人で溢れかえってます…。平日、雨、初日などに関係なく混んでいたそうです。人気店は1時間以上並ぶところもあったようですね。今年もそのくらいになるのではないでしょうか。スマホゲームや本などの暇つぶしグッズを持っていくといいかもしれません。

パンのフェス2019春の売り切れ予想!

パンのフェス2019春の公式サイトには、売り切れる可能性があるのでご了承くださいと書いてありました。

※在庫が無くなり次第、パン屋さんは閉店します。なるべくお早めにお越しください。場合によっては先行入場時間帯で売り切れてしまう可能性があります。予めご了承ください。

大人気のパンイベントなためかなりの在庫を用意しているとは思いますが、人気なものはすぐ売り切れてしまう場合もあるようです。

それにしても、先行入場時間帯に売り切れてしまう可能性があるというのはすごいですね。なおさら優先入場券を購入する必要性が高まります。

優先入場券は買うべき?

現在、パンのフェス2019春の優先入場券が販売されています。

優先入場券とは、優先入場時間帯(一般の方はこの時間には入れない)に会場に入ることができる券のことをいいます。

券は数量限定となっていて優先入場できる人の数は限られているため、あまり並ぶことなく、快適に自分の欲しいパンの購入をすることができます。

去年は500円で売られていたこの優先入場券ですが、今年は「限定パン食べ比べセット&優先入場券」という形で販売しているため、値段は3240円と、かなり高めとなっております。限定パン食べ比べセットがついているものの、昨年よりは優先入場券の人気は落ちるのではないでしょうか。

でははたして、この優先入場券は買うべきなのでしょうか?

結論から言いますと、優先入場券は買うべきだとおもいます。

特に欲しいパンがある方は絶対に買っておいた方がいいです。

一般入場の場合、入場の時点でかなり並ぶ可能性があります。実際去年のパンのフェス2018春では、入場するのに45分も待つ場合もあったようです。

行列の少ないところを狙えば一般入場でも色々と買えたそうですが、やはり欲しいのは人気のものですよね。

パンが好きで、妥協はしたくないという人は優先入場券は買うべきです。

まとめ

今回は、「パンのフェス2019春」の混雑予想と売り切れ予想、またそれを踏まえて優先入場券は買うべきかどうかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

誰でも楽しめるイベントですので、ぜひ来場してパンの世界を堪能しちゃってください!