Rooomtech Matomethod
世界

オランダ親子7人が地下生活9年で待つ「終末」とは?意味を解説!

 

オランダ北部にて、人さと離れた農家の地下室に隠れて暮らしていた男性とその星人の子供6人が警察により発見されました。

メディアの報道によりますと、この親子は9年間にわたり「終末」を待ち続けていたと言います。

このニュースを見た時、もちろん9年間も外にでなかったのことに衝撃を受けたかと思いますが、それよりも「『終末』って何?」という疑問を持ちませんでしたか?

今回は、

オランダ親子7人が地下生活9年で待つ「終末」とは?意味を解説!

と題しまして、オランダ親子7人9年地下生活が待つ「終末」とは何なのか、意味を解説していきます!

オランダ親子7人が地下生活9年で待つ「終末」とは?意味を解説!

オランダの親子7人が9年の地下生活までした待っていた「終末」とは何のことなのでしょうか?

このニュースを取り上げているニュース記事で僕が見たものの中には「終末」の説明をしているものはありませんでした。

なので、この疑問を感じている人は多いかと思います。

実際にツイッターでつぶやいている人もいました。

 

これは、調べたところどうやら「終末思想」という考え方からきていそうです。

終末思想とは、

今あるべき世界はいずれ終わりを遂げるので、現実の世界に縛られる必要はない

というような宗教思想です。

この終末思想は多くの宗教に見出されますが、オランダはキリスト教信者が最も多いですので、キリスト教の終末思想をお伝えします。

旧約聖書によりますと、

世界の歴史は終末に向って進んでおり,この終末において人類の諸民族に究極的な神の審判が下り,試練によって清められたイスラエルの民には救済がもたらされるとともに,人類史が完成に到達する

とのことです。

「終末」が来るとイエス・キリストが再臨し、”最後の審判”が行われ、永遠の命を与えられるものと地獄に堕ちるものとに分けられるそうです。

9年もの間地下生活をしていた家族は、この「終末」が来るのを待っていたのだろうと思います。

地下で生活していたら最後の審判から逃れられるという考えだったのでしょうか?

本当にキリスト教を信仰しているのであればそんな行動も無駄だということがわかると思うのですが、どうなのでしょうかね。

オランダ親子7人9年地下生活に対するネットでの反応

 

やはりみなさん相当驚いているようですね。

9年間も外に出ず、中には「外に世界があることを知らない」という人もいたらしいので驚きですよね。

近くに街や鉄道があるそうなので、9年間も見つからなかったのが不思議という意見はかなり多かったです。

「虐待などでは?」というような予想もありました。

確かにその可能性もありますが、子供6人の中に怪我のある人がいるというような報道はありませんでした。

僕はこのニュースを見た時、「誘拐かな?」と思いました。

男はどうやらこの子供達の親じゃないようですし、「終末を待つ」というのはただ子供達を外に出さないための口実だったのではないでしょうか。

そのような洗脳を行なっておけば、子供達は外に出ようという気を起こさなくなる可能性がありますからね。

完全な僕の憶測ですので、参考程度に捉えてください!

まとめ

今回は、

オランダ親子7人9年地下生活が待つ「終末」とは?意味を解説!

と題しまして、オランダ親子7人9年地下生活が待つ「終末」とは何なのか意味を解説しましたがいかがでしたでしょうか。

本当に不思議なニュースですよね。

まあ確かに地下に暮らしていたのであれば見つけようもないですしね。

発見されたのも偶然子供のうちの一人が外に出て助けを求めたからであり、もっと長い期間地下生活が続いていた可能性もあります。

子供達がまだ若いうちに発見されたことが不幸中の幸いでしょう。

このニュースにはなんとなく裏があるように思えますが、真実が解明されることを祈りましょう!