スポーツ

ラグビーW杯2019イングランド対フランスは台風19号で中止?

 

台風19号が発生し、日本に向かって北上するとの予想です。

昨日までは多さkに直撃するのではないかという予想でしたが、本日は東京直撃の予想に変わりました。

10月12日、13日には関東の方はんいで影響が出るのではないかと言われています。

この10月は、ラグビーW杯が開催されます。

10月12日のイングランド対フランスの試合は横浜で行われるため、中止してしまうのではないかということも言われています。

今回は、

ラグビーW杯2019イングランド対フランスは台風19号で中止?

と題しまして、ラグビーW杯2019イングランド対フランスは台風19号で中止になるのかということについてお伝えしていきます!

台風19号の進路予想!

これは2019年10月8日時点の予想ですが、もう横浜、東京直撃という予想がされています。

しかも今回の台風19号は今年の台風の中でもかなり勢力の強い方らしく、直撃ではなかったとしてもかなり影響はあるのではと言われています。

この調子ですと影響が出ないほどそれるということは考えにくいため、少なからずえ今日は出るのかなと思います。

まあでも、昨日までは大阪直撃と言われていましたし、予想はあくまで予想ですので進路がそれることは考えられます。

もしこれ以上東にそれるのであれば、影響が小さくなる場合も考えられますね。

今週は台風の進路から目が離せなさそうです。

注目しておきましょう!

ラグビーW杯2019イングランド対フランスは台風19号で中止?

それでは、ラグビー W杯2019イングランド対フランスは台風19号の影響で中止になってしまうのでしょうか。

今の所、特に中止になると異様なアナウンスはありませんが、この調子で台風が北上してきたら中止になる可能性は十分にあるのではないかなと思います。

今年のラグビー W杯では、台風で中止になったということは今の所ありません。

しかし、それは台風が会場に直撃しなかったからということもあります。

今回、もし台風が直撃するのであれば中止になる可能性は十分になります。

ラグビーの試合自他行うことができても、交通機関の乱れによりそもそも会場に行くことが危ないという状況もあり得ます。

その場合は公式サイトにて告知されると思いますので、情報を待ちましょう!

中止になった場合どうなるの?延期や払い戻しは?

台風19号の影響でラグビーW杯2019イングランド対フランスが中止になった場合、どうなってしまうのでしょうか?

まず、試合結果については、ラグビーW杯のルールで引き分けになります。

延期などは基本的にはないということになりますね。

これは、試合進行の観点からそのようになっているのかなと思います。

続いて、払い戻しについてですが、これは当該試合がキックオフしたかしていないかによって変わります。

キックオフの前に中止となった場合、チケットの払い戻しを受けることができます。

しかし、一瞬でもキックオフをした時点でチケットの払い戻しはできなくなってしまいます。

嵐の中無理やりキックオフして、すぐに中止になったとしても払い戻しはされないということですね。

まあとてもシンプルといえばシンプルですよね。

中止にならないことが一番のことだと思いますので、少しでもそれることを祈りましょう!

 

まとめ

今回は、

ラグビーW杯2019イングランド対フランスは台風19号で中止?

と題しまして、ラグビーW杯2019イングランド対フランスは台風19号で中止になるのかどうかということについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

台風19号は今現在猛威をふるいながら北上しています。

東京および関東周辺に直撃した場合、ラグビーW杯だけでなく、いろいろなところに影響が出るかもしれません。

関東付近にお住いの方は十分に注意しておきましょう!