スポーツ

東京オリンピック追加抽選の当選倍率予想は?穴場競技や販売枚数も!

 

東京オリンピック組織委員会は、東京オリンピックチケットの第1次抽選で一枚も当たらなかった人向けに、「追加抽選」を行う予定だということが分かりました。

東京オリンピックチケットといえば、今年の6月20日に第1次抽選の当選者が発表されて落選者が続出しました。

一枚も当たらない人もいれば、複数枚当選している人もいて不公平感がありネットなどでは抽選に対する不満を言っている方もいました。

そんな中での追加抽選ということで、1次抽選で当たらなかった方々は歓喜しているのでは無いでしょうか。

しかし、追加抽選もあくまで抽選ですので申し込んだからと言って全員が当たるわけではありません。

当選倍率について気になるところですね。

また、倍率の低い穴場競技や販売枚数についても知りたいですね。

今回は、東京オリンピック追加抽選の当選倍率予想は?穴場競技や販売枚数も!と題しまして、

東京オリンピックの追加抽選の当選倍率予想と、穴場競技や販売枚数についてお伝えさせていただきたいと思います!

東京オリンピックチケットの追加抽選の当選倍率予想!販売枚数も!

5月29日まで受付を行っていた東京オリンピックチケットの一時抽選では、上でもお伝えしまいたが倍率がとても高く、落選者が続出しました。

特に人気競技ばかりに申し込んだ方は一枚も当たらな胃というようなケースがとても多かったです。

それもそのはず。

東京オリンピック一時抽選の申し込み期間はほぼ毎日申し込みサイトが混雑していてサイトが繋がりにくく、つながったとしても30万人以上が待機しているというような事態もありました。

一時抽選の時点では東京オリンピックのIDの登録者は750万人ほどと言われており、発行された公式チケットは780万枚でした。

チケットは一人60枚まで申しこむことができたので、かなりの当選倍率だったと言われています。

Yahoo!ニュースさんのよりますと、今回行われることが発表された追加抽選はの販売枚数は60万枚程度だそうです。

一枚も当選していない方が対象だとしても、これはかなりの倍率になるのでは無いでしょうか。

一時抽選の時点で1%未満だと言われていますので、追加抽選の当選倍率はそれよりも低くなりそうです。

 

 

東京オリンピック追加抽選の穴場競技は?

しかし、諦めてはいけません。

競技によっては当選倍率はかなり差があると思われていますので、当選倍率が低い競技を狙えば当選確率は上がると考えられます。

まず第一次抽選の様子から人気で当選倍率が高そうな競技からご紹介します。

  • サッカー
  • 野球
  • テニス
  • バスケットボール
  • 開会式・閉会式

ここあたりはかなり人気がありそうですので、当選ん倍率はかなり高くなりそうです。

どうしてもこの競技が見たい!というようなかた以外は避けたほうがいいでしょう。

逆に、上の競技と比べて不人気で当選倍率が低い競技をご紹介します。

  • アーチェリー
  • ボート
  • セーリング
  • ハンドボール
  • カヌー
  • スケートボード

ここら辺の競技は競技人口も少ないということもあり、当選倍率は低くなるのでは無い穴場競技と言えるのでは無いでしょうか。

特に「これが見たい!」というような競技がない方は、これらの競技を申し込むといいと思います。

人気競技とは迫力などは違いますが、その競技にはその競技の良さがあり、何と言ってもオリンピックの競技を間近で見ることができるという臨場感を味わうことができます。

是非みなさん穴場競技を狙って当選しちゃってください!

まとめ

今回は、東京オリンピックの追加抽選の当選倍率予想と穴場競技、販売枚数についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の追加抽選に関してもかなりの高倍率が予想されますが、なるべく穴場の競技を狙って当選確率を上げれば、もしかしたら当たるかもしれません。

あとはもう神頼みなどをするしか無いかもしれませんね。

運気を司る神が祀らられている神社などを参拝してみてはいかがでしょうか。