最新情報をお届け

  1. Twitter
  2. 5 view

nmmnって何の意味?たぬきの夢絵炎上と関係は?ネットの反応は?

Twitterのトレンドに表れた「nmmn」って、何のことだかご存知ですか?
ナマモノと呼ばれるもので、同じくトレンドに出ている「たぬきの夢絵」と関連しています。
「たぬきの夢絵」炎上で急上昇した「nmmn」について解説します。

nmmnとは実在の人物を使った二次創作物のこと

同人誌の作品には、好きな俳優やアイドルを題材にしたものが多くあります。
二次創作の作者が憧れや妄想から作られるものです。

その中には、妄想の恋愛や性的なものを題材にしたものが含まれます。
もちろん想像上のものなので、実在の人物とは全く関係がありません。

実際に本人が発言していないことや行動していないことを、ネット上にアップして公にすることは憚られるため、取扱に注意しましょうというのが「nmmn」です。

炎上した「たぬきの夢絵」とは?

では何故nmmnがトレンドに入ったのでしょうか?
きっかけとなったのは、先に「たぬきの夢絵」がトレンドに上がったことでした。

先に説明しておくと、「夢絵」とは二次創作においてオリジナルのキャラクターと、オリジナルに登場しない創作のキャラ=夢主を描いたものをいいます。

またたぬきとは、人気歌い手グループ浦島坂田船のリーダー「うらたぬき」さんのこと。
「うらたぬき」さんのファンは「こたぬき」と呼ばれており、本来ならば「こたぬきの夢絵」となるところが、何故か「こ」が抜けてトレンドに入ってしまったようです。

浦島坂田船(うらしまさかたせん)
動画サイトでの活動を中心に2013年に結成した男性ボーカルユニット。
メンバーは、うらたぬき・志麻・となりの坂田・センラの4名。

こたぬきさんの1人が、うらたぬきさんとの性的な絡みの夢絵をTwitte上で公開。
これがかなり過激な夢絵だったようで炎上してしまい、公開した人は慌てて鍵垢にかえたようですが時すでに遅く、トレンドに上がってしまいました。

ここで「こたぬきの夢絵」というワードであればファンの方なら、すぐにうらたぬきさんのことね!と気が付くのですが、何故か「たぬきの夢絵」というワードになってしまったため、「たぬきの夢絵」って何?と更に検索する人が増えてしまいました。

今となっては、その「たぬきの夢絵」は見ることは出来ませんが、詳細を知った方々から「nmmnは公開しちゃダメでしょう」という声があがり、「nmmn」までがトレンドになってしまったというのが真相です。

それではネット上での反応をみていきましょう。

ネットの反応は?

https://twitter.com/runatanusama/status/1307899974554771456?s=20

今回の騒動の発端となったご本人から、お詫びのツイートが出てました。
ご本人も、まさかこんなに炎上してしまうとは思ってもみなかったでしょうね。

ご本人が画像を非公開にしましたが、画像をみた人はけっこういたようです。
18禁の性的なものだったようで、炎上するのは当然と思われる絵だったようです。

ネットは誰でも見ることができるので、お子さんたちの目にとまることもあるので注意しないといけませんね。

今回の騒動の何がいけないのか、具体的に説明しているツイートがありました。
二次創作の作品は多くありますが、ご本人からしたら嫌ですよね。

今は規制はありませんが、不快に思う人が増えることによって、規制が厳しくなる可能性もあります。
そうならないためにも、検索で見つからないように鍵垢にするなど創作者が気を付けなくてはいけないですね。

たぬきの夢絵から、「nmmnは投稿しないで」と多くの方々がツイートしたことにより、nmmnもトレンドになったようです。
みなさん、夢絵のこと心配されているんですね。

事情を知らない方たちは、本当にたぬきのことだと思いますよね。
これ以外にもTwitter上では、たぬきの絵が多く上がっています。

まとめ

nmmnとはナマモノと呼ぶ、実在の人物を使った二次創作品のことを指す言葉でした。
性的な絡みのある二次創作の夢絵をTwitter上に公開したことから始まった「たぬきの夢絵」大炎上。
みなさん、ルールを守って楽しんで下さいね。

Twitterの最近記事

  1. フォロー0?Twitterが凍結祭りで大混乱!対処法は?ネットの反応は?

  2. nmmnって何の意味?たぬきの夢絵炎上と関係は?ネットの反応は?

  3. 切迫流産ってなに?入院が必要?安静期間は仕事どうするの?

  4. 岸田文雄さんが出産費用無償化を提言、ネットの反応は?みんな否定的!?

  5. 同飛車大学の意味とは?将棋の王位戦で話題に!ネットの反応は?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。