展示

クマのプーさん展2019東京のグッズ列の待ち時間や売り切れ情報は?

プーさんといえば、2018年に映画「プーと大人になった僕」が公開されたことが記憶に新しいですね。

ご覧になった方も多いと思います。まんまるな目と少し出たお腹がとても可愛かったですよね。

さて、2019年の29日から、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて「クマのプーさん展2019東京」が開催されます!

貴重な原画や資料が展示され、子供から大人まで楽しむことのできるイベントとなっています!

今回は、そんな「クマのプーさん展2019東京」のグッズ列の待ち時間のと、グッズの売り切れ情報の予想をしていきます!

クマのプーさん展2019東京とは?

クマのプーさん展2019東京とは、「クマのプーさん」の作者の人であるE.H.シェパードがV&A(ヴィクトリア&アルバート博物館)に寄贈した270点以上にも及ぶ原画や資料を中心にして企画された初めての「クマのプーさん展」です。

「クマのプーさん展」の母国であるイギリス(ロンドン)とアメリカ(アトランタ、ボストン)を巡回し、今年ついに日本に上陸しまた。

日本では一般に、原作版を「クマのプーさん」、ディズニー版を「くまのプーさん」と表記仕分けられています。

今や世界中で愛されている「クマのプーさん」がどのように生まれたのかを、原画や制作資料、写真、手紙などの貴重な資料をもとに迫っていききます。

その他詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

グッズ列の待ち時間の予想は?

「クマのプーさん展」で注目したいのはグッズですね。まだどんな商品が販売されるかわかりませんが、公式サイトの予告を見る限り、ピンバッジ、缶バッジ、マグカッブ、トートバッグは販売されそうです。

気になるのは、グッズの列の待ち時間ですよね。せっかく「クマのプーさん展」に行ったとしても、グッズ列の待ち時間が長かったら欲しいグッズも買う気が失せます。

ロンドンで開催された時は、やはり土日祝の混雑はすごかったそうです。特に親子連れの来館者が多かったようなので、学校のない土日祝はグッズの列の待ち時間もかなり長いかと思われます。レジの数にもよりますが、長い時は20分ほど待つことになってもおかしくないでしょう。

逆に、学校のある平日などは比較的に購入しやすいのではないかと思われます。待ったとしても5分くらいでしょう。

しかし、侮れません。グッズについては詳細が出ていないですが、もしかしたらとてもレアなグッズが発売されるかもしれません。そうなった場合、海外からのファンの来館も考えられます。グッズ列の待ち時間も平日でも長くなる場合がございますので、ご注意ください。

グッズの売り切れ情報の予想は?

グッズの売り切れ情報も、皆さん気になることかと思います。欲しいグッズが売り切れていたらショックですよね。

人気のあるグッズに関しましては、すぐ売り切れてしまうことも考えられます。お求めやすい商品(キーホルダーやハンカチ、ピンバッジなど)やぬいぐるみには注意しておいた方がいいかもしれません。どうしても欲しいという方は、お早めの来館をお勧めします。

また、他の商品でも売り切れる可能性は十分にあります。今回、前売り券が発売されていたのですが、その前売り券に限定グッズがセットになったスペシャルチケットというものがありました。

そのスペシャルチケットの売り切れ情報を確認してみると、もうすでに売り切れてしまっていました。「クマのプーさん展」がどれほど注目を集めているかが見て取れます。色々な商品が売り切れる可能性があるので注意しておきましょう!

まとめ

今回は、渋谷Bunkamuraで開催される「クマのプーさん展2019東京」のグッズ列の待ち時間と、グッズの売り切れ情報の予想をしましたが、いかがでしたでしょうか。

今の段階ではまだ明らかになっていない部分が多いので、2月9日を楽しみにしておきましょう!