季節イベント

札幌雪まつり2019スターウォーズはどの会場?アクセス方法は?

24日から開催されている「さっぽろ雪まつり」。巨大な雪の彫刻を見ようと全国各地から来場者が駆けつけ、初日から多くの人で賑わっていました。

さっぽろ雪まつりでは毎年たくさんのユニークな雪像が並び来場者を楽しませてくれます。昨年は「ファイナルファンタジーⅦ」の雪像が展示され、大きな話題を呼びました。


そして今年は、「スターウォーズ/エピソード9」の雪像が展示されました!過去に2回「スターウォーズ」の大雪像は展示されてるため、今回で3度目の登場です。

彫られているのは、お馴染みのR2-D2C-3PO、そして、新シリーズからは大人気キャラクターのBB-8、前作からはポーグも参戦しました。キャラクターたちの隣に、今回の大雪像の目玉である戦闘機Xウィングが彫られています。レジスタンスの若きリーダー、ポー・ダメロンが愛用するXウィングのBB-8乗車位置に乗船し、写真撮影をすることが可能です!長いさっぽろ雪まつりの歴史の中で、実際に体験できる雪像は今回が初めてなので、この機会にぜひ撮影してみてください!

混雑が予想される場合は整理券が配布されるようです。土日祝にご来場を予定している方は注意しましょう。

今回は、そんなさっぽろ雪まつりの大雪像「スターウォーズ/エピソード9」がどの会場にあるのか、またその会場にはどうやっていくのかをお伝えしていきます!

大雪像「スターウォーズ/エピソード9」はどの会場にある?

毎年多くの来場者で賑わうさっぽろ雪まつりですが、会場が3つあるので、「どの雪像がどの会場なるのかわからない!」という方がたまにいらっしゃいます。

では、大雪像「スターウォーズ/エピソード9」はどの会場にあるのでしょうか?

大雪像「スターウォーズ/エピソード9」があるのは、”大通会場の10丁目”です。

こう言われてもわからない人がいると思うので、説明します。 

大通会場は、さっぽろテレビ塔から始まり東から西に向けて一直線に1丁目から12丁目の12個のブースが並んでいます。各ブースには大雪像や中雪像、その他スケートリンクなど色々な企画が開催されています。

つまり大雪像「スターウォーズ/エピソード9」があるのは、大通会場の、さっぽろテレビ塔から数えて12番目の区画にあります。ちょっと遠いですね、、、。

しかし、道中には上で述べたスケートリンクや、スマホアプリで楽しむことのできる「雪ミクAR雪像」、ジャンプ台や大雪像「スターウォーズ/エピソード9」以外の大雪像が並んでいるので、退屈することはないと思います。ぜひ他の催しもチェックしてみてください!

さっぽろ雪まつり2019の会場へのアクセス方法は?

大通会場へのアクセス方法は、以下のとおりです。会場内に一般車両用の駐車場はないようなので、公共交通機関を使うようにしましょう。

地下鉄東西線、南北線、東豊線「大通駅」から徒歩すぐ

南北線、東西線をご利用の場合、3丁目と4丁目の間に出ます。東豊線をご利用の場合は1丁目と2丁目の間に出ます。あとは歩行用通路をまっすぐ西へ進んで10丁目を目指しましょう。手前の9丁目には中雪像の「百鬼夜行」と「たいせつなこと、みんな仲間」があります。

この二つの中雪像が見えれば、10丁目の大雪像「スターウォーズ/エピソード9」はもうすぐそばです!

しかし、「寒いからあんまり外を長く歩きたくない」、「スターウォーズだけみられればいいや」という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方達のために、裏道というか、直接10丁目に行けちゃう方法を教えちゃいます!

それは、地下鉄出東西線「西11丁目駅」で降りるという方法です。実は、地下鉄「西11丁目駅」の出入り口の一つが直接大雪像「スターウォーズ/エピソード9」のある10丁目に繋がっているんです。

ここから出れば、大雪像「スターウォーズ/エピソード9」のすぐそばに出ることができ、比較的寒い思いをせずに大雪像「スターウォーズ/エピソード9」にアクセス可能です。

Twitterでの反応

Twitterでの反応をまとめてみました。

まとめ

今回は、さっぽろ雪まつり2019の大雪像「スターウォーズ/エピソード9」がどの会場にあるのかということと、そこへのアクセス方法についてまとめました。いかがでしたでしょうか。

この期間に札幌を訪れる予定がある方はぜひ立ち寄ってみてください!