お花見

八重洲さくら通りの桜2019の混雑と開花情報は?おすすめ居酒屋も!

寒い冬も終わりの時期に近づき、だんだんと春の訪れが感じられるようになってきました。

3月に入り春が本格的にスタートすると、お花見のシーズンになります。

早咲きの桜はもう咲き始めており、見頃の時期を迎えているものさえあります。

東京で有名なお花見スポットといえば、新宿御苑や代々木公園などの大きな公園が多いですが、都会のビル街の中にあるお花見スポットを皆さんは知っていますか?

それが、「八重洲さくら通り」です。

八重洲さくら通りは、日本橋さくら通りとも言われ、東京駅から茅場町の方面まで伸びている少し細めの通りです。150もの桜が植えられた咲く並木が広がっていて、中央区では最多本数を誇っています。

今回は、そんな「八重洲さくら通り」のお花見の混雑予想と桜の開花情報、周辺のおすすめの居酒屋の情報をお伝えしていきます!

八重洲さくら通りの桜2019の混雑予想

例年お花見のシーズンになりますと、かなりの混雑となります。大体3月下旬ごろから4月の上旬ごろです。特にさくら祭りが行われる期間は歩行者天国となり、みんなが路上にブルーシートを敷いてお花見をします。

また、さくら祭りの期間は色々な屋台があったり、イベントが開催されたりもするので来る人が多いです。特に会社員の方達が仕事終わりなどに大勢集まります。しかし、ブルーシートを敷いていい時間が決まっているので、その前なら比較的ゆっくり桜を見ることができるかもしれません。

歩行者天国の時間は、金曜日(1日目)が17時~23時、土曜日(2日目)が11時~22時、日曜日(3日目)が11時~15時までです。ブルーシートを敷かずに歩いたり店に入ったりしてお花見を楽しみたい方はこに時間以外を狙うのがいいでしょう。

また、さくら祭りが開催されていない期間は歩行者天国になっていないため普通の道です。シートを敷いてお花見する感じではないです。さくら祭り開催期間中よりは空いていると思うので、ここを狙って行くのもありでしょう。

しかし、それでも会社終わりの人が集まる夕方以降と土日祝は混む可能性が十分にあります。

歩行者天国ではないので道幅が狭く、さくら祭り開催期間中よりも少ない人数だとしても混雑してしまうのです。

絶対に混雑を避けたい方は、さくら祭りが行われていない平日の昼間に行けば確実かと思われます。

それでも心配という方は、ツイッターなどで実際に八重洲さくら通りに行った人のツイートをチェックしましょう。リアルタイムの状況がわかります。

八重洲さくら通りの桜2019の開花情報

例年、八重洲さくら通りの桜は3月の下旬頃からが見頃の時期です。3月末ごろに降る雨で桜がたくさん散ってしまうので、満開の桜を見たい方は3月中に行くことをお勧めします。

今年は平年よりも早い時期の開花が全国的に予想されています。八重洲さくら通りも例外ではないのではないでしょうか。もしかしたら3月の中旬ごろからお花見をすることができるかもしれませんね。

毎年4月の上旬に日八会さくら祭りが行われます。その時期には桜は満開の時期をすぎることが多いです。イベントが開催されたり歩行者天国になったり、また屋台が出たりなど見どころはたくさんありますが、純粋にお花見を楽しみたい方はもう少し早めの時期に行く方がいいかと思われます。

参考として、昨年の日八会さくら祭りの時の桜の様子です。

桜は咲いていてとても綺麗ですが、少し枝が多く見え満開ではないのがみて取れると思います。

八重洲さくら通りの桜2019周辺のおすすめ居酒屋

八重洲さくら通りの桜を楽しむために必須なのが居酒屋です。おさけを飲みながらみる夜桜はさぞ綺麗なことでしょう。

八重洲さくら通り桜通り周辺にはたくさんの居酒屋がありますが、ここでは八重洲さくら通り周辺のおすすめ居酒屋をご紹介したいと思います。

お多幸本店

老舗のおでんが有名な居酒屋です。ランチの「とう飯定食」も絶品で、開店前から行列ができます。

三六 八重洲店

もつ焼き、ホルモンのお店です。とろとろの豚もつがたまりません。

ふくべ

昔ながらの酒場で、海鮮系の逸品料理と幅広い種類のおさけが楽しめます。

他にもたくさんの居酒屋があります。もちろん事前に下調べをしておくのは重要ですが、歩いて探して見るのもまた楽しみの一つかもしれませんね。

まとめ

今回は、八重洲さくら通りのお花見の混雑情報と開花情報、周辺の居酒屋情報をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

都会のど真ん中にあるお花見スポットなので混雑間違いなしですが、事前に情報をゲットしておいて比較的空いていると思われる時間を狙って行けば失敗の確率は減ります。

ぜひみなさん素晴らしいお花見をしてみてください。