Rooomtech Matomethod
ニュース

橋下徹が靖国参拝を批判!参拝肯定の高市早苗氏に宣戦布告か

靖国参拝肯定の高市早苗氏が保守層に人気

女性初の総理大臣候補高市早苗氏が靖国参拝への積極姿勢をあきらかに

総裁選の大きな論点の一つ、靖国神社参拝問題ですが、高市氏が、靖国参拝についてアメリカ側に、理解を求めることをフジテレビ系テレビ番組で明らかにした。

自民党総裁選への出馬を表明した高市早苗前総務相は12日のフジテレビ番組で、靖国神社への参拝に米国の理解を求める考えを示した。「米国や中国に互いの国の命を落とした方に敬意を表しあおうという働きかけを一生懸命する」と語った。

「外交問題にしようとするほうが問題だ」と指摘した。「信教の自由がある」と述べ、総裁選に勝利し首相に就任しても参拝を続ける意欲を改めて強調した。

高市氏は単に参拝したいという意向を示しただけではなく、アメリカに対して、参拝を理解せよというメッセージを送る用意があることを明言した。

そもそもなぜアメリカが口を出すのか

そもそも、靖国神社参拝という国内事項にアメリカが口を出すのか、外交的観点から解説すると、

日本の総理が靖国神社参拝することで、中国韓国がの反日世論が高まり、日本の防衛に対しての言論が活発になります。そうすると、日米同盟を組み、日本の防衛とは切っても切れない関係であるアメリカもある種の当事者なのです。

そして、アメリカは日本がアジア太平洋地域での安全保障で存在感を増してほしいとおもっています。

なので、下手な刺激をしないでくれよ、というのがアメリカの本音なのです。

安全保障という大義のために、靖国参拝なんて小さな事柄だろ、と思っているのです。

アメリカの要人が、靖国ではなくて千鳥ヶ淵で献花することがあるのは、

靖国にいかなくてもここでいいじゃないか、というメッセージとされます。

橋下徹はなぜ靖国参拝反対なのか

なぜ橋下徹が靖国参拝に反対なのか、元大阪府知事らしく、地方自治の観点から面白い理由を述べています。

「全国の知事とか、ターゲットにした首長に対して、そりゃ中国の領事とかが、連日プレッシャーをかけてくる」

という趣旨のことを述べいています。

なんと、総理大臣が靖国参拝すると、地方自治体のトップに中国が圧力をかけるという、すごい話です。

橋本氏は、中国が嫌がらせをしてくるから、参拝辞めろと言っていますが、

そもそも総理が参拝して、その時に地方自治体に嫌がらせをしようとする中国自体がおかしいわけで、

嫌がらせ面倒だから参拝やめようぜ と呼びかける橋下さんは単に嫌がらせに屈しているだけな気がしませんか

その理屈に従えば、どんな政策も

中国が反対しているのでといえば譲歩してしまうのでしょうか。

 

高市氏が靖国参拝に踏み込む発言をする狙いは

高市氏は保守層に人気なので、靖国神社参拝に肯定的なのは当然という感じですが、

アメリカに理解を求めると立ち入った形で明言したのはなぜなのでしょうか。

それは靖国神社参拝が外交カードとなっている現状を改めるためでしょう。

いちいち自民党内で、「靖国どうするか??」ということで大物政治家がもめるだけで、それは中国韓国からしたらおいしい話なのです。よし!ことしも靖国問題で日本を叩く世論形成をして、国内政治の不満をはらしてもらおう☆彡

くらいに彼らは思っています。

中国はそのため、地方自治体の長まで嫌がらせをするほどに外交カードとしての靖国を重要視しているのです。

なので、外交カード無力化のためには淡々と靖国参拝を続けていくという地道な努力をするのだという高市氏の考えなのでしょう。

当然参拝しますよ、という風にして、日本国内の分断をさけ、敵に塩を送らないのだということなのです。さすが、保守本流の高市氏です。

しかし、これだけ高市氏が保守姿勢を貫くと左翼メディアの嫌がらせが心配です。

左翼系メディアがどのように総裁選を報じていくのか今後も監視批判していく必要があります。

まとめ

靖国参拝を是とする高市早苗氏は、保守本流政治家として、中国に対して強くNOを言える政治家になりそうです。

それだけ、高市氏を右翼だと批判する人が増えそうですが、それが単にメディアの事象なのか、大多数の日本人はどう思っているのかを冷静に分析していく必要があります。

大下アナは、靖国参拝否定派のようですね。一時期保守路線を歩むかと思った、ワイドスクランブルですが、

やはり左傾化が著しいようです。見守っていきましょう。

膳場貴子アナが高市早苗氏に喧嘩腰?社会保障めぐりバトル勃発!ネットの反応は?女性のバトル勃発膳場貴子アナが高市氏挑発 女性総理候補の高市氏ついに出馬 憲政史上初の女性総理大臣候補の高市早苗氏がついに出馬会見を...

 

電波利権に挑む高市早苗!左派メディアは無視を決め込む!総裁選勝機はなぜ高市早苗は地上波で取り上げられないのか 保守層の心をつかむ高市早苗 高市早苗は、保守層の熱い支持を得ているのにもかかわらず、地上...