サービス業

最低賃金引き上げ2019はいつから適用?全国の引き上げ額も!

 

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は31日、2019年度の最低賃金(時給)の目安を全国で27円引き上げ、901円にすると決めたことを発表しました。

全国平均が900円を突破するのは初めてのことであり、東京、神奈川に至っては最低賃金は1000円を超えとなりました。

以前から政府は「骨太の方針」で「より早期に1000円を目指す」ことを打ち出していました。

厚生労働省は、「骨太の方針に沿った審議をいただいた」との認識を示したそうです。

アルバイトなどをしている方々は、最低賃金の引き上げということで歓喜しているかもしれませんが、この最低賃金引き上げ2019はいつから適用されるのでしょうか。

また、全国の引き上げ額はどのくらいなのでしょうか。

今回は、

最低賃金引き上げ2019はいつから適用?全国の引き上げ額も!と題しまして、

最低賃金引き上げ2019はいつから適用されるのか、また全国の引き上げ額はいくらなのかということをお伝えしていきたいと思います!

 

最低賃金引き上げ2019はいつから適用?

最低賃金引き上げ2019はいつから適用されるんでしょうか。

最低賃金引き上げの発行よて年月は都道府県によって違いますが、ほとんどの都道府県が10月1日です。

それまでにこの審議が終了し、引き上げ金額が確定すれば、2019年10月1日から最低賃金の引き上げが適用されるでしょう。

10月1日ではない都道府県を挙げます。

山梨、静岡、沖縄が、10月3日

青森、佐賀、奈良、鳥取10月4日

高知、宮崎が、10月5日

群馬、長﨑が、10月6日

全ての都道府県が10月なんですね。

給料の締め日はアルバイトや職種によっても意外ますが、11月に振り込まれる給料から時時給がアップしている場合が多いのではないかなと思います。

 

 

最低賃金引き上げ2019の全国の引き上げ額も!

最低賃金引き上げ2019の全国の引き上げ金額を見ていきましょう。

最低賃金の全国平均は、27円引き上げということになっています。

しかし、都道府県によって引き上げ幅は異なります。

地方の最低賃金が低い理由や、全国統一がされず地域差があるのはなぜかは別の記事で取り上げましたので、ご確認ください!

地方の最低賃金が低い理由は?全国統一せず地域差があるのはなぜ?

全国の最低賃金はランクで別れており、Aランク〜Dランクまであります。

東京などのAランクの6都府県は28円、京都などBランクの11府県が27円、群馬などのCランクの14道県と福島など16件は26円の値上げとなるそうです。

それぞれのランクに分類される都道府県は以下の通りです。

Aランク

(28円引き上げ)

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知
Bランク

(27円引き上げ)

京都、広島、兵庫、滋賀、富山、長野、静岡、三重、山梨、栃木、茨城
Cランク

(26円引き上げ)

福岡、山口、徳島、香川、岡山、奈良、和歌山、北海道、石川、福井、岐阜、群馬、新潟、宮城
Dランク

(26円引き上げ)

沖縄、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、愛媛、高知、島根、鳥取、秋田、山形、青森、岩手、福島

 

最低賃金引き上げ後の各都道府県の最低賃金はいくらからいくらにあがる?

2019年の最低賃金の引き上げ後、各都道府県の最低賃金がいくらからいくらになるの知りたいですよね。

まず、引き上げ後の最低賃金は以下の通りです!

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019073100194&g=eco

 

変更前と変更後の最低賃金を知りたい方もいると思いますので、表にまとめてみました!

ご確認ください!

都道府県 変更前 変更後
北海道 835 861
青森 762 788
岩手 762 788
宮城 798 824
秋田 762 788
山形 763 789
福島 772 798
茨城 822 849
栃木 826 853
群馬 809 835
埼玉 898 926
千葉 895 923
東京 985 1013
神奈川 983 1011
新潟 803 829
富山 821 848
石川 806 832
福井 803 829
山梨 810 837
長野 821 848
岐阜 825 851
静岡 858 885
愛知 898 926
三重 846 873
滋賀 839 866
京都 882 909
大阪 936 964
兵庫 871 898
奈良 811 837
和歌山 803 829
鳥取 762 788
島根 764 790
岡山 807 833
広島 844 871
山口 802 828
徳島 766 792
香川 792 818
愛媛 794 790
高知 762 788
福岡 814 840
佐賀 762 788
長崎 762 788
熊本 762 788
大分 762 788
宮崎 762 788
鹿児島 761 787
沖縄 762 788
全国平均 762 901

 

政府は、「より早期に全国平均で1000円を目指す」という意向を表明しましたので、これからだんだんと最低賃金は上がっていくと思います。

最低でも全地域であと100円くらい上がるということになりますね。

いきなりバーン!と上がることはないと思いますが、じわじわと収入の方に影響が出てくると思います。

楽しみにしておきましょう!

ネットでの反応

 

最低賃金引き上げを嬉しく思っている方はいました。

フリーターに戻ろうかなと言っている人もいました。

しかし、今回の最低賃金引き上げに関してはポジティブな意見ばかりではありませんでした。

消費税が増税するのだから、最低賃金が上がっても結果的にはあまり変わらないという意見が多かったですね。

確かに、賃金が上がっても払う額も増えたらそれは実質意味ないですよね。

また、賃金が上がると雇う側は苦しくなるので、必然的に雇用が少なくなったり、アルバイトによってはシフトを減らされたりされてしまうので、嘆いている方もいました。

いくら時給が上がっても働けなくなったらむしろマイナスになりかねません、、。

 

最低賃金引き上げのメリット・デメリットに関しては別の記事で詳しく書きました!

最低賃金引き上げのデメリット・メリットは?国内への影響も!

これからどうなっていくか注目しておきたいですね。

 

まとめ

今回は、

最低賃金引き上げ2019はいつから適用?全国の引き上げ額も!

と題しまして、最低賃金の引き上げ2019はいつから適用されるのか、また全国の引き上げ額についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

初めての1000円越えということですので、今まで時給1000円でやってきたお店などは割と打撃を受けるでしょう。

アルバイトの方からすると、最低賃金があがるのはとても嬉しいことですが、それの伴い解雇のリスクも少し高まります。

気をつけましょう!

 

最低賃金に関連する他の記事はこちら!

最低賃金引き上げのデメリット・メリットは?国内への影響も!