Rooomtech Matomethod
ニュース

高市早苗出馬会見でやじを飛ばした記者は誰?小池百合子の天敵がまた大暴れ

保守大本命の高市早苗にやじを飛ばした記者

高市氏の出馬会見でやじをとばした記者が判明!!

高市氏の出馬会見で、会見のラストでやじをとばした記者が判明しました。

「安倍氏の傀儡か」と怒鳴り声のやじをとばした男性記者がいました。

その記者は、挑発が得意な記者ですぐ身元が判明しました。

横田一記者また大暴れ

 

問題の人物は、東京工業大学を卒業後、フリーの記者および作家をしている横田一でした。

ジャーナリストというよりは、なにか活動家といった感じの風貌で、多くの政治家が手を焼いているようだです。

小池百合子を失脚させた横田氏

横田氏といえば、あの小池百合子旋風の潮目をかえたとわれる

「排除します」発言を引き出した記者。

2017年、希望の党で、女性初の総理大臣を狙い衆院選に打って出た小池百合子氏。

民主党議員の中で、安保改憲の政策で合意できる人間は希望の党公認を受けられますよと、

前原氏と秘密会談をしたとされる経緯がありました。

あまりにも希望の党旋風が凄くて、民主党が選挙で希望の党と合流するのかどうかが注目される状態。

当時の前原代表も、安倍政権打倒に向けてかなり小池氏と共闘を模索していたといいます。

その前原氏とのやりとりについて、

「前原代表を騙したのか、(それともリベラル派排除のために、前原氏と)共謀したのか」

と尋ね、小池氏から、

「排除します。」

の例の発言を引き出したのが横田氏です。

この排除します発言で、小池氏の独裁ぷりがメディアで恰好の標的となり、小池氏率いる希望の党は急速に失速し、小池氏は女性初の総理大臣を逃しました。

この排除します発言に至る経緯は、

横田氏が小池氏をネチネチ攻撃し、いらだった小池さんがつい「排除します」と言ってしまい、そこを切り取られて、拡大され、小池氏は支持を失いました。

ジャーナリストの横田氏としては、まさに大金星なわけです。

横田氏はどちらかというと、左翼系の主義主張を持っているので、保守系の小池氏のイメージダウンをもたらし、

政局の流れを変えてしまったのです。

この横田氏。ほかにもずいぶん特定の発言を引き出す強引な手法を使っているようです。

 

 

しつこく取材対象者にまとわりついて、なにか発言失言をするのを待っているのが横田氏の専売特許。

 

高市早苗氏の会見では、手を挙げてもさされなかったので、最後安倍の傀儡だ!と不規則発言をして注目を狙い、会見の終盤疲れた高市氏が激高するなどのシーンをねらったのでしょう。

 ネットの評価は?

得意の誘導粘着質問で、高市氏から失言を聞き出そうとした、横田氏でしたが、

逆に、高市氏がキレイにそのやじもさばいてみせたので、高市氏の器の大きさがきわだっただけで、横田氏の思惑通りにはならなかったようです。

スマートな会見さばきにむしろ感心したのが自民党保守層。

横田氏の強引なやり口が、よくないという意見がネットでも多くを占めています。

 

しかも横田氏は、自民党の保守系の議員の会見ばかりで、やじをとばすんですね。

明確に自己の主張に基づいて取材対象を決めているのです。

一昔前ならキリトリの発言はメディアが宣伝することで一人歩きしてしまう現象がありましたが、

今はネットですぐ前後の流れまでわかります。

横田氏のような、キリトリありきのやじ取材手法はもう通用しないのではないでしょうか。

 まとめ

高市氏は、出馬会見で、膳場アナによるネチネチとした質問もはねのけ、最後の横田氏のやじもきれいに振り払いました。

高市氏を攻撃したい左翼層ですが、高市氏は想定より一歩上の対応で、かわしています。

これからも高市氏ネガキャンは続くでしょうが、高市氏がどのようにはねのけるのか楽しみです。

膳場貴子アナが高市早苗氏に喧嘩腰?社会保障めぐりバトル勃発!ネットの反応は?女性のバトル勃発膳場貴子アナが高市氏挑発 女性総理候補の高市氏ついに出馬 憲政史上初の女性総理大臣候補の高市早苗氏がついに出馬会見を...

 

電波利権に挑む高市早苗!左派メディアは無視を決め込む!総裁選勝機はなぜ高市早苗は地上波で取り上げられないのか 保守層の心をつかむ高市早苗 高市早苗は、保守層の熱い支持を得ているのにもかかわらず、地上...