日本

楽天銀行ログインできないのはいつまで?復旧の目処や原因は?

 

インターネット銀行大手の「楽天銀行」にログインできないという問題が発生しています。

 

本日5月7日の午後1時ごろから口座にログインできない不具合が生じており、振込や残高の正気ができなくなっているようです。

楽天銀行ユーザーの方は、このログインできない不具合はいつまで続くのか、またこのシステム障害の復旧の目処や原因について気になっていると思います。

今回は、楽天銀行のログインできない不具合はいつまで続くのか、また復旧の目処や現認についてお伝えしていきます!

楽天銀行ログインできないのはいつまで?復旧の目処は?

楽天銀行のログインできないのはいつまでなのでしょうか。

現在のところ、このシステム障害の復旧の目処は立っておらず、いつまでログインできない状態が続くかわかりません。

今回のシステム障害は、楽天銀行のスマホアプリやパソコンからのログインができなくなるというもので、ネットワーク経由のサービスが利用できなくなっています。

ATMは通常通り利用できるそうなので、お金を下ろしたり振込をすることに関して問題はなさそうですが、いつもはかからない手数料がかかるのは嫌ですよね。

その補償などはあるのでしょうか。

また、デビットカードも利用できるそうです。

これからの楽天銀行の対応に注目しておきましょう。

楽天銀行のシステム障害の原因は?

 

楽天銀行のログインできないシステム障害の原因はなんなのでしょうか。

今の所GW明けで預金者からのアクセスが集中したため、システムに負荷がかかったのではないかと予想されています。

ローンの引き落とし処理なども連休明けで集中しますので、それでさらに負荷がかかったからかもしれませんね。

楽天銀行は約700万の口座を保有しているので、今回システム障害の影響は多くの被害者が出ています。

原因究明を急いでくれているようなので、早く復旧されることを祈りましょう。

みなさんの反応

 

今回の楽天銀行のログインできないシステム障害に対するみなさんの反応を見ていきましょう。

みなさんの中にはもうアプリからログインできるようになった方がいるようです。

また、昼の時点でもログインできたという方もいましたので、もしかしたらサーバーなどによっても違うのかもしれません。

また、楽天銀行にログインできなかったおかげでボートレースの券がが買えず、損しなくて済んだと、感謝している方もいました。

そんな幸運なこともあるんですね。

かなり打撃を受けたという方もいました。システム障害のせいで海外送金が間に合わなかったらしいですね。

この人は人生詰んだとか言っていますが、人によっては人生を左右するシステム障害となる可能性はありますよね。

ボートレースの方も、もし買おうとしていた券が当たっていたら恨むでしょうし、

なんせよ、早く復旧してほしいですね。

まとめ

 

今回は、楽天銀行のログインできないシステム障害はいつまでか、また復旧の目処や

原因についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

ネット銀行はスマホやパソコンから簡単にアクセスでき、振込などの取引をいつでもどこでも行うことができるという利点はありますが、このようなシステム障害の被害は大きいです。

2003年にも三井住友銀行系のジャパンネット銀行で大きなシステム障害が発生した遠いう事例があります。

復旧には22時間もかかり、その間インターネットやATMでの取引が止まりました。

今回の楽天銀行のシステム障害はATMには影響はありませんでしたが、確実にユーザーに不便さを与えました。

銀行側が対策を練るのはもちろんですが、ユーザーの皆様も連休明けはこのような事態がおきやすいという認識を持ち、なるべく連休前に色々取引を終わらせてしまうようにしましょう!