日本

北海道札幌市南区の停電復旧はいつ?目処は立ってる?他地域は?

本日6月22日、札幌市南区では雷が原因で停電が起こっています。

今のご時世、電気が使えないというのは一大事。

停電の復旧はいつなのか、そもそも復旧の目処は立っているのか気になりますよね。

また、北海道の他の地域では停電の可能性はあるのかというのも知りたいと思います。

今回は、北海道札幌市南区の停電の復旧はいつで目処は立っているのか、また北海道の他の地域では停電の可能性があるのかについてお伝えしていきます!

北海道札幌市南区の停電復旧はいつ?目処は立ってる?

北海道札幌市南区の停電復旧はいつで、そもそも目処は立っているのでしょうか。

北海道電力の公式ホームページに、停電に関する情報が書いてありました。

停電の発生日時は6/22の7時40分頃ですが、復旧見込日時についての記載はありませんでした。

復旧状況としては、「設備確認中」となっていました。

停電復旧の目処はまだ立っていないようです。

おそらく、今どこの電線が雷を受けて損傷したのか調査中なのだと思います。

関西電力さんなどでは、雷による停電が起こっても、停電の原因区間を自動的に検出する「配電自動化システム」を導入していたりするのですが、北海道電力さんは導入していない可能性があります。

この「配電自動化システム」を導入していない場合、通常停電の原因区間は通常、変電所から近いエリアから電気を流して絞り込んでいきます。

そのため、原因区間が変電所から遠い場合や、複数箇所ある場合は原因区間の特定が遅れてしまうそうです。

原因区間を特定した後は、電柱を一本一本調査して異常のある場所を特定します。

このため、復旧にはかなり時間かかる可能性があります。

北海道電力さんが原因を突き止めたら停電の復旧見込み日時が公開されると思うのでそれまで待ちましょう。

北海道の他の地域での停電の可能性は?

北海道の他の地域での停電の可能性はあるのでしょうか。

北海道では今でも雷が鳴っている場所あるそうです。

雷が鳴っている場所では、雷が電線などに落ちて損傷し停電になる可能性は十分にあります。

雷が自分のいる地域に近いかどうか、光と音の時間差をはかって確かめておきましょう。

雷が近いところでなっている場合は、これから停電になる可能性があります。

備えとして

・家電のコンセントを抜いておく

・スマートフォンなどの電子機器を充電しておく(コンセントにつないでいると、雷による電圧の変化によって故障する可能性がありますので、雷が近づいてきたら抜きましょう)

・懐中電灯を用意しておく

・調理の必要のない食べ物を用意しておく

などのことをしておくといいでしょう。

ネットでの反応

北海道札幌市南区の停電や、北海道の雷に対するみなさんの反応を見ていきましょう。

https://twitter.com/pceszegjs16dxq3/status/1142206918821154816?s=21

みなさん、かなり怖がっているようですね。

電子機器の破損を恐れてコンセントを抜いている方もいました。

外出時は気をつけようと声かけをしている方もいました。

幸いなことに、今日は土曜日です。

私立の学校などに通っている方は学校がある可能性もありますが、大半の方はないでしょう。

仕事もお休みの方が多いと思います。

今日は家の中でのんびり過ごすのがいいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、札幌市南区の停電復旧はいつなのか、そもそも目処は立っているのか、また北海道の他の地域で停電の可能性はあるかについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

停電している地域にお住いの方はとても不便で、怖いとも思いますが、復旧の目処が立つまで待ちましょう!